会計事務所を辞めたい理由は?税理士補助の退職理由11個(例文あり)

2018年5月9日

会計事務所 辞めたい

(会計事務所を辞めたい人へ)

  • 会計事務所を辞めたい…。
  • 所長税理士への不満がたまりまくって爆発しそう。
  • 税理士試験と仕事の両立とかもう無理…。

↑こんなふうに苦痛を感じながら、

会計事務所で働いている方ってとても多いと思います。

>>あるあるな退職理由11個から見る人はこちらをクリック

ただ、今の事務所にどんなに不満があっても

こんな事務所いきなり今日で辞めてやる!とかは避けた方が良いです。

私も過去に何度か転職している身なので

えらそうには言えないんですが、

いまの事務所のどういう部分に不満を感じているのか?

を明確にしてから行動を起こした方が良いと思いますよ。

管理人

なぜかそういえるか?

↓理由はこの2つです。

  1. 転職先でも同じような状態になりがち
    どういう部分が不満なのか?を具体的にして「次の職場ではここだけはゆずれない」という状態にしてから転職しないと、転職先でも意外と同じような状況になってしまいがちです。
  2. 転職面接で不利になりがち
    転職面接では「なぜ、前の事務所を辞めたのですか?」という質問が必ずきます。
    この質問をされたときにいい感じの解答ができるようにしておかないといけません。

↑特に重要なのは1個目。

せっかく時間と労力をかけて転職活動をするのに、

転職先でもまた同じような不満をかかえながら働く…

みたいな状態になってしまっては意味がありませんよね。

(転職活動なんて、やらないでいいならやらないにこしたことはありません)

>>環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人が
知っておくべきたった1つのこと

「自分の気持ち」って、

意外に自分自身でもよくわかっていないものです。

管理人

現在の職場のどこが不満か?

↑少なくともここを他人に言葉で説明できるレベルにしてから

退職の決断をしないと、

いわゆるジョブホッパー(何度も転職を繰り返す人)

になってしまいがちなので注意してください。

私自身、10年間で3社の会計事務所を経験しています。

(つまり2回転職をくりかえしてしまっています)

1社目を辞めるときは明らかなブラック環境だったこともあり、

勢いで退職した部分がありました。

そのせいか、2社目の事務所は

決して悪い事務所ではなかったにもかかわらず、

短期間で退職して転職活動をやり直すことになってしまったんですね。

転職回数って人生で少ないに越したことはありません。

無意味に転職を繰り返し、そのたびに年収が下がる…

なんて悲惨なことにならないよう、

退職を決断する前に退職理由をしっかり落とし込んでおきましょう。

以下では、会計事務所で働く税理士補助にあるあるな退職理由をピックアップしてみました。

転職先に説明するための「模範解答的な退職理由の伝え方」も紹介しますので、

ご自身の退職理由を明確にするための参考にしてみてください。

この記事の目次

会計事務所を辞めたい…。税理士補助にあるあるな退職理由11個

会計事務所 辞めたい

(会計事務所を辞めたい…税理士補助にあるあるな退職理由11個)

退職理由1. 所長税理士がパワハラで辞めたい

会計事務所ってどこも「小さな組織」です。

事務所スタッフ数で30名を超える規模であれば

「大規模事務所」と言われるのが一般的でしょう。

こうした小さな組織では、

良くも悪くもその組織のリーダーが圧倒的に強い力を持つものです。

会計事務所のリーダーである所長税理士の人格によっては、

組織全体がブラックな雰囲気になってしまっていることも珍しくありません。

所長税理士自身やベテラン職員によるいじめ、

パワハラやセクハラ…みたいなことが

普通に黙認されている閉鎖的な事務所もあります。

管理人

世間ではブラック企業に対してかなり厳しい批判がされるようになりましたし、

働き方改革などもいわれるようになっています。

しかし、こうした風潮があるのは「不祥事があると世間から猛烈なバッシングを受ける大手企業だけ…」というのが現実でしょう。

パワハラやセクハラは明確な犯罪です。

どんなにお給料が高い事務所だろうと、

こういう環境に我慢しながら働くことは人生の損失といわざるを得ません。

所長税理士を人格的に尊敬できない…も致命的

パワハラ・セクハラとまではいかななくとも、

所長税理士が人格的に尊敬できる人ではない…

というのもかなり致命的です。

税理士業界で働く税理士補助の多くは、

将来的に税理士として独立し、

自分の事務所を持つことを目指していると思いますが、

職員としての修行時代に「どういう税理士と一緒に仕事をしてきたか?」はその後のキャリアに大きな影響を与えます。

尊敬できる上司のもとで働きたいというのは、税理士業界に限らず正当な退職理由と言えます。

さらにいえば、小さな組織である会計事務所では、

所長税理士と机を並べていっしょに働くのが一般的です。

所長税理士の人格や仕事ぶりを尊敬できるか?

は、働く事務所を選ぶ際の重要な基準となるでしょう。

転職面接で退職理由を質問された場合の模範解答(例文)

この退職理由を転職先の面接等で伝える際には、

↓以下のような例文を参考にしてみてください。

私は将来、税理士として中小企業経営者の役に立てる職業会計人になることを目指しています。

前職の事務所でも経理や税務実務について貴重な実務経験を積ませていただくことができたのですが、

「中小企業経営者に貢献する」というスタンスについては、

もう一歩踏み込んだ方針で運営されている事務所で働いてみたい、

という気持ちをずっと抱えながら仕事をしていたのが正直な気持ちです。

御社では「税務会計についての情報提供を通してクライアント経営者さまに貢献する」という経営理念を明確に打ち出されており、とても共感しました。

この点が、私が御社の求人に応募させていただきました志望動機です。

>>環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人が知っておくべきたった1つのこと

退職理由2. 人間関係が悪い・所長税理士と性格が合わないので辞めたい

会計事務所 辞めたい

(人間関係が最悪な会計事務所で働くのはつらすぎます)

 

会計事務所はどこも「小さな組織」です。

転勤などはありませんし、部署の異動なども基本的にはないことが多いでしょう。

なので、人間関係が合わない職場に入ってしまった場合や、

所長税理士との性格的な相性が悪いと最悪なことになります。

  • ベテランの職員がいすわっていて雰囲気が悪い
  • 社風が合わない
  • 職場の体育会系な雰囲気が生理的に無理…

↑などなど、人間関係に悩んで退職に追い込まれる会計事務所スタッフは少なくありません。

転職面接で退職理由を質問された場合の模範解答(例文)

人間関係が合わないことが本音の退職理由である場合、

その本音をそのまま転職先に伝えるのはNGです。

うちで雇ってもすぐ辞めちゃうのでは…?

と思われてしまいます。

管理人

転職活動は「自分という商品を売り込むビジネスの場」です。

↓しっかりと本音とタテマエを使い分けましょう。

(ビジネスなんて、良くも悪くもそう言うものです)

前職の事務所では、どちらかというと個人プレーを重視した社風で、

自己完結でひとつひとつの業務をミスなく完結させることを学ぶことができたと考えています。

ただ、私自身はチームプレイでより力を発揮できる人間です。

というのも、これは個人的な体験談なのですが…

(ここで具体的なエピソードを語りましょう。仕事を通じてチームプレイで成果を出した話や、学生時代の話や、プライベートでの話など)

チームで取り組む仕事は大変なこともたくさんありますが、得られる成果はより大きくなると思っています。

担当の転職エージェントさんを通じて、御社ではチームでの目標達成を重要視されていることを知り、大変共感いたしました。

前職での経験を活かし、御社での業務に貢献したいと考えています。

※ 転職活動には転職エージェントを使いましょう。

税理士業界専門の転職エージェントを使えば、

面接前に事務所の社風その他いろいろ情報を仕入れることができます。

この事務所は、面接ではこういう質問がくると思います。

所長税理士さんはこういった価値観を大切にされているようなので、

こういう回答を用意しておきましょう。

↑など、実際に事務所をまわって情報を集めている担当エージェントと一緒に、

しっかりと事前準備ができるので、採用面接が圧倒的に有利になりますよ。

(↓転職エージェントは無料で使えます)

>>会計事務所の求人専門!税理士業界特化型の転職エージェント

退職理由3. 事務所内でのキャリアアップが望めないので辞めたい

一般企業では「営業マンからスタートして、花形部署である経営企画に異動して…」など、

「1つの会社の中でキャリアップ・ステップアップしていく仕組み」ができているケースが多いでしょう。

しかし、小さな組織である会計事務所でこうした仕組みがあるケースはほとんどありません。

(会計事務所の80%以上はスタッフ数20名以下の小規模な個人事務所です)

より大きな組織で働いてみたい!となったときには、

大手事務所への転職を狙うとか、

一般企業の経理職への転職を狙うなどの選択肢しかないのが現実です。

また、税理士を目指す人はそもそも独立志向が強いので、

ひとつの組織の中でキャリアアップしていくよりは、

税理士資格を取得して、2年間の実務経験を職員として積んだら独立、

というキャリアを描いている人が多いのかもしれません。

>>環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人が知っておくべきたった1つのこと

退職理由4. 先輩が仕事を教えてくれないので辞めたい

これも会計事務所で働く税理士補助あるあるですが、

先輩の事務所スタッフが忙しすぎて仕事を教えてくれない、

そして教わっていない仕事内容でミスをしたらきびしく叱責される…。

というのもよくある不満ですね。

会計事務所はほとんどが小さな組織なので、

新人研修なんてない事務所がほとんどです。

(入社したらいきなり現場のOJTから始まる)

単純に先輩が仕事が忙しいだけならまだいいのですが、

「俺も苦労したんだからお前も苦労しろ」

「みんなそうやって仕事を覚えてきたんだ」的な、

古い考え方が蔓延している事務所も少なくありません。

退職理由5. 給料安すぎ…。労働条件・雇用条件が不満で辞めたい

会計事務所で働く税理士補助に一番多い退職理由がおそらくこれでしょう。

特に未経験入社の場合、

税理士補助の年収は300万円未満…みたいな状態も珍しくありません。

(月給手取りで20万円もない…みたいな感じ)

最初から実務経験者で入社した場合にはもう少し良い給料で働けると思いますが、

それでも年収400万円前後あれば良いほうです。

会計事務所のほとんどは中小零細企業で、

個人事業でやっている事務所も少なくありません。

長年勤めたとしても退職金などもなく、

福利厚生の面で強い不満をかかえている人はとても多いでしょう。

会計事務所から一般企業の経理などに

転職していく人が多いのは、

この福利厚生への不満の多さを反映しているものと思われます。

管理人

もちろん、すべての会計事務所職員が低年収…

というわけではありませんよ。

会計事務所でも職員に高い給料を支給して、

↓どんどん人員を増やしていっている勢いのある事務所もあったりします。

会計事務所 辞めたい

(年収高めな会計事務所求人の例:実務経験2年以上)

>>会計事務所の実務経験者むけ求人を見てみる

実務未経験者でも、

↓このぐらいの年収を提示してくれる事務所はあります。

管理人
会計事務所 辞めたい

(年収高めな会計事務所求人の例:未経験OK)

>>会計事務所の未経験者むけ求人を見てみる

この業界でずっとやっていくつもりなら、

どういう事務所を自分の勤務先として選んで働くか?はとても重要な問題です。

「どうせ数年後には独立するつもりだから…」

など、勤務先事務所選びをいい加減にやってしまうと、

数年後に後悔するケースが多いので注意しておいてください。

退職理由6. 仕事内容が激務すぎるので辞めたい

会計事務所で働く税理士補助の仕事は、はっきりいって激務です。

仕事内容は資格を持った税理士と全く同じなので、

一円単位でのミスが許されないし美雅な仕事でもありますね。

(最終的に申告書にハンコを押すのは有資格者というだけ)

特に確定申告時期である毎年2月〜3月や、

三月決算法人の税務申告業務を行う5月は、

会計事務所の繁忙期にあたります。

この時期は毎日深夜まで残業…なんてのはむしろ「普通」です。

忙しい時期に先輩や同僚が体調をくずしてしまい、

その分の仕事が無茶振りされてさらに激務に…。

みたいなことは日常茶飯事です。

管理人

そもそも申告時期って法律で決まっているルールなので、

税理士自身が「この働き方、なんとかしたい…」と思っていてもどうにもなりません。

体質の古い業界なので、いつまでもブラック企業的な働き方を強制されている

税理士補助は本当に多いですね。

ワークライフバランスを求めて別の業界へ転職していく人はとても多いです。

>>環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人が知っておくべきたった1つのこと

退職理由7. 税理士試験の勉強と両立できないので辞めたい

会計事務所で働く税理士補助の多くは、

働きながら税理士試験合格を目指す社会人受験生です。

この税理士試験の勉強とのかねあいが退職理由になることも少なくありません。

仕事が終わってから資格スクールに通う人が多いですが、

仕事が激務すぎて授業に参加できなかったり、

仕事と勉強の両立に苦しんで業界から去っていく人はすくなくありません。

もっとも、税理士補助を雇用する会計事務所側にとって、

職員が自主的に税理士目指して税法や会計を勉強して

レベルアップくれるのはありがたいことだったりします。

(合格して独立していってしまう…という問題はありますが)

なので、職員が勉強と仕事を両立しやすいよう、

↓ワークライフバランスを維持する努力をしている事務所もありますよ。

会計事務所 辞めたい

(ワークライフバランス重視な会計事務所の求人例:未経験OK)

会計事務所 辞めたい

(ワークライフバランス重視な会計事務所の求人例:実務経験3年以上)

最近では「勤務は基本的に在宅ワーク」という

↓働き方を進めている会計事務所も増えていますね。

管理人
会計事務所 辞めたい

(在宅ワークOKの会計事務所求人例)

会計事務所側にとって、

税理士試験の勉強を真面目に頑張っている優秀なスタッフは

「のどから手が欲しい人材」だったりします。

うちは勉強との両立がしやすいですよ!

とアピールして人材募集をかけている事務所も少なくありません。

働きながら税理士試験の合格を目指しているけど、

仕事が忙しすぎて、勉強時間がとてもじゃないけど確保できない…

と悩んでいる人は、こういう事務所に転職することも選択肢にいれてみると良いかもしれません。

私も過去に3社の事務所で働いた経験がありますが、

事務所によって働く環境ってまったく違いました。

人間って環境に左右される生き物なんで、

どういう職場環境で働くか?はこだわったほうが良いですよ。

>>在宅ワークもOK!税理士試験と両立しやすい会計事務所求人を見てみる

退職理由8. 同僚が優秀で周囲への劣等感を感じるので辞めたい

会計事務所で働く人というのは、みんな税理士や公認会計士を目指す人です。

また、当然ですが有資格者もいます。

5科目合格はしていなくとも、科目合格が3科目〜4科目という人も多いでしょう。

つまり、とても優秀な人が多いんですね。

優秀な人たちの中で働いていて「自分ってなんてアホなんだ…」と自信を失ってしまう場面も少なくありません。

同僚や先輩への能力的な劣等感に押しつぶされてしまい、

この仕事を辞めたくなるケースは意外に多いんですね。

税理士は「勉強で優秀=仕事で優秀」が成立する珍しい仕事

営業マンなどの一般的な仕事と比較することで、

税理士(税理士補助)の仕事に向いてる人/向いてない人の特徴を考えてみましょう。

一般的な仕事では「勉強で優秀」と、

「仕事で優秀」は別物であることが多いですよね。

例えば営業マンとしてビジネス書を読んだり、

セミナーに出たりして勉強をたくさんしている人であっても、

ぜんぜん契約をとってこれない…では話になりません。

その一方で、税理士という仕事は「勉強で優秀であることが、仕事で優秀であることに直結する」めずらしい仕事だと思うんです。

その理由としては、税法や会計について勉強が進めば進むほど、

顧客クライアントである中小企業経営者に対して、

情報として提供できるものが多くなることが挙げられます。

税理士や税理士補助として優秀な人は、ほぼ例外なく勉強好きなタイプです。

逆にいうと、社会人になってまで勉強を続けるなんてやってられない…

というタイプの人は、この業界で生きていくのはとてもつらいかもしれませんね(つまり向いてない)

>>環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人が知っておくべきたった1つのこと

退職理由9. 顧問先のクライアント経営者とのやりとりが苦痛で辞めたい

会計事務所で働く税理士補助は、それぞれ自分の担当顧問先を持って仕事をします。

担当顧問先の多くは中小企業です。

町工場の社長さんや、商店街の八百屋さんみたいな人たちですね。

日常的にこういう社長さんたちとやりとりをしながら仕事をしていくわけですが、

彼らとやりとりをするのってある程度のコミュニケーション能力が求められます。

個人事業主など小規模企業の経営者って「組織で生きていくのが嫌だから自営業やってる」みたいなタイプの人も少なくありません。

はっきりいって独特な人が多いです。

中には独善的で自己中心的な人もいるのが現実ですね。

そのぐらいのしたたかさがないと生きていけないという面もあるでしょう。

こういうクライアント経営者たちとの人間関係が苦痛で、

税理士補助の仕事を辞めたくなる人も少なくありません。

退職理由10. やりがいを感じない・思っていた仕事と違ったので辞めたい

会計事務所で働く税理士補助という仕事に、

やりがいや興味を失って辞めていく人もいます。

ある程度の実務経験を積んだ税理士補助に多い退職理由が、

「税理士として、自分が経験したい実務内容が経験できなくて辞めたい」というものですね。

資産税や国際税務などの税務経験を積みたいけれど、

自分が所属している事務所ではそもそも相続税の申告は扱っていない…などです。

[/st-mybox]

前者に

資産税業務など「自分が実務経験を積みたい税務」の経験を積めない…

後者(税理士として、自分が経験したい実務内容が経験できなくて辞めたい)については同業種での転職を検討するのが賢明です。

特に、将来的に独立を目指す人は「自分の得意分野」を持つことはとても重要になります。

税理士も「うちはなんでもやります!」で食っていける時代では無くなっていますからね。

(この分野ではうちはナンバーワン、といえるぐらいの分野がないと生き残れません)

ひとくちに税理士事務所といっても、いろんな専門分野があります。

将来的にどういう税理士になりたいのか?を自分の中でイメージを持ちましょう。

いま働いている会計事務所での実務内容が、そのイメージに直結しているのが理想です。

もしそうでないならば、より理想の働き方に近い事務所に移籍して働くことも検討したほうが良いですね。

そのほうがモチベーション高く仕事ができますし、

お客さんからも喜んでもらえる仕事ができて給料も上がっていくものです。

退職理由11. 会計や税務に適性を感じないので辞めたい

税理士や会計士の仕事に興味があったけれど、

実際に会計事務所に入社して税理士実務を経験してみたら、

思っていた仕事内容とまったく違った。

この仕事内容をこの先何十年もずっとやるのは苦痛…。

↑このように「会計や税務の仕事そのものに適性を感じない」というのも意外に多い退職理由ですね。

税理士の仕事内容そのものについて、イメージと違ったので辞めたい。

会計や税務をデスクワークでひたすらやっていく仕事だと思っていたら、

意外に外回りが多くコミュニケーション能力が必要で、それが苦痛に感じている…などです。

現在、税理士や税理士補助は「単なる計算屋さん」ではなくなっています。

ひと昔前まではそういう働き方でもなんとかなったのかもしれませんが、

会計ソフトがほとんどの会計税務を自動でやるようになっている現在では、

コミュ力なしに税理士として生きいくのは非常に難しいと言えるでしょう。

税理士/税理士補助の仕事に自分がどうしても向いていない…と感じているなら、

年齢的に若いうちに別の仕事を探すのが賢明だと思います。

(未経験の職種に転職する場合、企業は年齢的に若い人をとりたがる傾向があります)

税理士という仕事が特別尊い仕事というわけではないですし、

もっとお金をたくさん稼げる仕事もたくさんあります。

また、まがりなりにも会計事務所で実務経験を積んできた人であれば、

会計を通して経営全体を考えるという視点も身についているはずです。

中小企業経営者を直接のお客さんとしてたくさんやりとりをしてきたという経験も、

転職活動では評価される可能士が高いでしょう。

こうした経験をうまく自己PRに落とし込めば、

会計事務所から転職して異業種で成功することは決して不可能ではないと思いますよ。

>>環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人が知っておくべきたった1つのこと

私が体験したブラック事務所の雇用環境…

私は10年間で3社の会計事務所で働いた経験があるのですが、

1社目に入社した会計事務所が完全ブラックで、

地獄のような目に会いました。

管理人

繁忙期は毎日終電ギリギリまで働いていましたが、

月給は手取りたったの16万円でした。

所長税理士は2代目のパワハラ気質。

事務所は毎日怒号がとびかうという過酷な状況…。

職員20名程度の事務所でしたが、私が働いていた3年間の間に退職者が10名以上出る(離職率50%…)という環境でした。

離職率50%とか一般企業ではありえないですよね…。

でも当時は「会計事務所なんてどこもこんな感じなのかな」とか思っていたんですよ。

(当時はここ辞めたらどこにも行くところがない…とか思いこんでた)

結局この事務所では3年ほどがんばってしまったのですが、最終的にうつ病寸前のところまでいって別の事務所に転職を決断しました。

今から思うと、ブラック事務所なんてさっさと見切りをつけて次行けばよかったです。

転職した2社目の事務所はワークライフバランス重視でしたが、実務経験者扱いで入社できたので、年収もかなりアップできました。

会計事務所ってどこも小さな組織なんで、所長税理士の考え方ひとつで職場環境がぜんぜん違うんですよ。

税理士ってはっきりいって人格的におかしい人も多いです。

そんな人の下で働くのってほんと苦しいですよね。

(ひょっとして自分が悪いのかも…?と洗脳されていく)

管理人

税理士として優秀であることと、事務所の経営者として優秀であることはまったく別問題であることを実感しました。

ブラック事務所でずるずると働き続けるリスク

会計事務所 辞めたい

(ブラック事務所で働き続けるのは地獄です)

 

↓今あなたは、ひょっとしたらまわりからこんなふうに言われてるかもしれません。

  • ひとつの職場で3年は働かないと職歴にならない。
  • うちの事務所でやっていけない能力なら、税理士なんて目指さない方がいい。
  • 給料が安いのは実力がないから。
  • 残業しないと終わらないのは仕事が遅いから…。

私も当時こういうことを日常的に言われながら働いていました。

(いま思い出して胃が痛くなってきた…)

確かに、税理士ってまわりから「先生」といわれる存在ですし、仕事がきついのはある程度当然です。

  • 税理士を目指す人間が、ちょっとやそっとのことで弱音を吐いてはいけない。
  • 自分は将来独立を目指している人間だし、若いうちの苦労は勝手でもしないと…。

↑こんなふうに思いこんでいたんですよね。

ですが、こういう働き方をずるずると続けていたら本当に体と心を壊されてしまいますよ。

私はうつ病寸前までいってしまい、通勤電車を待つホームで

「このまま前に倒れてしまえば出社しないでいい。怒鳴られることもない…」

と思った瞬間もありました(本当にあぶなかった)

管理人

理不尽な「税理士業界の常識」をう飲みにしてはいけない

会計事務所 辞めたい

(まじで取り返しのつかないことをするところでした…)

会計事務所が専門家集団だろうが、税理士が偉大な職業だろうが、

職場としてこういう状況を作り出してしまう組織は終わっています。

もちろん、人それぞれ能力に差はあって、仕事覚えるのが早い・遅いはあるでしょう。

しかし、上司や経営者であっても、他人に暴言を吐いたり嫌がらせをしたりしていい権利なんてありません。

繁忙期だろうがなんだろうが、残業が慢性的に発生しているのにそれをいつまでも放置しているのもおかしいんです。

業務量に見合った必要な人員を採用して確保するのは経営者の責任ですからね。

繁忙期の残業は税理士業界の宿命…とかなんとか言ってるダメな税理士も多いです。残業ゼロを達成している会計事務所なんていくらでもあるのに)

残業をしたら割増賃金が1分単位で支給されるのが労働基準法のルールですし、最低賃金を下回る賃金しか支給しないのは犯罪です(最低賃金法という法律があります)

↑今でこそこれらはおかしいと思えますが、働いていた当時は「これがこの業界のスタンダード」と洗脳されていました。

(ひょっとしてあなたも「常識」として受け入れてしまっていませんか?)

ブラックな事務所で働き続けていると、言い方は悪いですが思考まで社畜に落とされてしまいます。

ブラック事務所で働き続け、

うつ病を発症したら税理士になるどころではありません。

社会復帰することすらかなりの努力が必要になります。

管理人

この記事を読んでくださるあなたは、私と同じような状況まで行かないよう注意してください。

別の事務所への転職も選択肢に入れよう

会計事務所 辞めたい

(いまの事務所で働くのがどうしても辛いなら、別の事務所への転職も検討しましょう)

 

いまの事務所で働くのが精神的につらいなら、別の事務所に転職することも検討しましょう。

  • ネガティブな理由で退職したら税理士業界ではもう働けない。
  • 1年以内に退職なんかしたら、どこも雇ってくれないかも…。
  • 転職したら今よりさらに給料下がってしまうかも…。

↑こんなふうにあきらめないでください。

会計事務所ってどこも人手不足で悩んでいるので、1年前後の実務経験があれば「実務経験者」として喜んで採用してくれますよ。

私自身、最初の転職で年収を100万円以上あげることができました。

逆に、最初の事務所でどんだけ買い叩かれていたのか…と思います。

管理人

あなたを評価してくれる会計事務所は必ずあります。

人間関係なんてはっきりいって運で決まる部分も大きいです。

今の事務所で評価されていなかったとしても、それはあなたの責任ではありません。

労働環境が劣悪なブラック事務所でぜったいに働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

いま働いている人も、これから働く人も、

ブラックで過酷な環境で働きたくないなら、

働く事務所をまちがえないことがたいせつです。

(求人探しの段階でブラック事務所を候補にいれないこと)

そのためには、転職活動の準備段階で

情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている最新の事務所求人をチェックするようにしましょう。

↓以下のような転職サイトを使うと、

会計事務所の求人情報にアクセスできるようになります。

無料アカウントを作っとくと、

いろいろ条件指定して求人検索できるようになるので便利ですよ。

管理人

ヒュープロ(税理士業界専門の転職サイト)

働きながら税理士を目指す人へ!ホワイト環境で働ける事務所を探すならここ!

ヒュープロは税理士業界(会計事務所)専門の転職サイトです。
未経験資格なしOKで年収400万円〜
実務経験2年以上で年収600万円〜
税理士試験と両立しやすい残業なし求人など、ホワイト事務所の求人がたくさん見つかりますよ。

(実務経験者むけの求人:クリックで拡大)

(未経験者OKの会計事務所求人:クリックで拡大)

マイナビ税理士

科目合格3科目以上の人へ!有資格者ための転職サイト

マイナビ税理士は、転職大手マイナビが運営する税理士専門転職サイトです。
BIG4税理士法人国内大手税理士法人など大手事務所の求人が豊富にあるのが特徴ですね。
ただし、登録時に科目合格をチェックされ3科目以上合格の人が目安となるので注意しておきましょう。

マイナビ税理士 評判

(BIG4税理士法人の求人)

マイナビ税理士 評判

(国内大手税理士法人の求人)

いろんな転職サイトを比較してみたい人は

↓こちらの記事で選び方を解説してますのでどうぞ。

管理人

↑これらのサイトのように、

税理士事務所の求人だけ

専門であつかう転職サイトを使うのが、

この業界での転職成功のコツです。

税理士業界専門のサイトなら、

ハローワークや、一般向けの転職サイト(リクナビなど)よりも

登録されている求人の質が高いんです。

管理人

正直、税理士業界に転職するなら

ハローワークは使わない方が良いと私は思ってます。

(実際、私が1社目に入社したブラック事務所はハローワーク経由で応募しました)

情報リサーチには税理士業界専門の転職サイトを使うようにしましょう。

税理士業界専門サイトなら、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • リモート勤務OKな税理士事務所求人
  • 税理士試験と両立できるワークライフバランス重視の求人
  • 一般企業の経理で会計事務所経験者を積極採用している求人
  • 相続税申告の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(在宅ワークOKな会計事務所求人)

(実務経験者向けの資産税事務所求人)

(未経験・資格なしでも年収400万円〜の求人)

(科目合格者は待遇面で優遇してもらえる事務所求人)

>>現在募集中!税理士事務所求人を見てみる

(ライバルに負ける?)今すぐは転職しない人も転職サイトへの無料登録はやっとくべき理由

(今すぐは転職する気はない人も、転職サイトへの無料登録だけは早めにやっときましょう)

今すぐは転職する気はないけど、

今の環境にはなんとなく不満と不安がある…。

(なのでいろいろ調べてる)

↑私のブログを読んでくださっている方の多くは、

おそらくこういう段階だと思います。

転職活動って正直ハードルが高いですよね。

転職なんて、

人生でそう何度もあることではありませんから。

管理人

ただ、こういう段階の人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておいた方が良いです。

(転職サイトは完全匿名で使えます)

転職って運もあって、

たまたま良いタイミングで、良い求人に出会えるか?

で決まっちゃうことも多いんです。

なので、転職サイトに登録だけはやっておいて、

常に最新の求人情報がスマホに入ってくるようにしておくのが重要ですよ。

転職サイトで無料アカウントを作って、

自分が求める年収条件などを登録しておきましょう。

これだけやっておくと、

条件にマッチする求人が出るたびに自動通知してもらえて便利です。

好条件な求人を見逃すリスクがなくなりますよ。

>>「なんで無料?電話勧誘がしつこい?」など、
転職サイトについてのよくある質問はこちら

現状への不満とストレスが限界を迎えると、行動する気力がなくなる

(いまの環境への不満とストレスが限界を迎える前に手を打っておきましょう)

 

いま現在の環境への不満とストレスが蓄積されると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

(そうなると、さらに現状への依存度が高まって

抜けられなくなる…という無限ループにはまりがち)

転職サイトで気になった求人をブックマークしておくだけでも、

今の場所で精神的に限界が来たら転職もある。

自分には別の選択肢もある。

↑と気づけます。

ストレスでどうしようもなくなる前に転職という手を打つことができますよ。

これって、今の職場で働く上でも

精神的な安定につながります。

いい意味での逃げ道を常に準備しておくのが大事ですね。

(英語では「プランBを持っておく」的な言い方をします)

管理人

転職サイトは無料で使えて、

合わないと感じたらいつでも解除できます。

(変な連絡がくるようなこともありません)

今すぐは転職できない人も、

無料アカウント登録だけはやっておきましょう。

優良求人が集まっている

↓おすすめの転職サイトはこちらです。

(完全無料・完全匿名で使えるサイトです)

\ 未経験・資格なしOK!年収400万円〜/

無料登録して求人を見る

>>「なんで無料?電話勧誘がしつこい?」など、
転職サイトについてのよくある質問はこちら

なぜ「最大手のリクナビ」をおすすめしないのか?

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職サイトっていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2022年現在で、

なんと1万社以上あるそうです。

最大手のリクナビの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったり、

キャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、

普通の求職者とは異なる事情が多いんです。

こういった「特殊事情」をふまえて転職活動していくなら、

税理士業界専門の転職サイトを使うべきです。

見られる求人の質がまったく違いますし、

担当してくれるエージェントも

会計事務所経験者だったりするので、

税理士業界の裏事情にものすごく詳しいんですね。

  • ブラックな会計事務所で絶対に働きたくない人
  • 将来は独立を見すえ、ちゃんと年収を稼げる税理士になりたい人
  • 税理士試験との両立ができる事務所で働きたい人
  • 会計事務所での経験を生かして経理に転職したい人

↑これらに該当する人は、

税理士業界専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイト・転職エージェントについてのよくある質問(と回答)

転職サイトや転職エージェントについての

↓よくある質問と回答はこちらでまとめています。

管理人

まとめ

会計事務所 辞めたい

(ブラックな事務所は今すぐ辞めましょう。社畜のような働き方なんてする必要はないです)

 

今回は、会計事務所を辞めたいと感じている方向けに記事を書きました。

今の事務所がつらいなら、転職も選択肢に入れましょう。あなたを評価してくれる事務所は必ずありますよ。

ブラックな事務所で搾取されるのは本当に1秒でも早くやめた方が良いです。

ここでがんばればもっと強くなれるはず…とか考えないでください。

相手はこっちのことを組織を回す部品としか見てませんから、まじで壊れるまで働かされますよ。

税理士を目指す人ってまじめすぎるぐらいにまじめな人が多くて、

自分を追い詰めてしまいがちなのでくれぐれも注意してくださいね。

今すぐは転職活動を始められない人も、

いまどういう事務所が求人を出しているのか?

の情報収集は今すぐ始めておきましょう。

管理人

(未経験OKの会計事務所求人)

(経験者向けの会計事務所求人)

↑こういう働きやすい環境のホワイトな事務所の求人って、

本当にあっというまに募集が締め切られます。

日常的に情報リサーチして目星をつけておき、

行動するタイミングになった時に迷わないようにしておくことが必須です。

劣悪な環境で働きたくないのはみんな同じです。

他人より良い環境に行きたいなら、頭ひとつ抜けでた行動は必要ですよ。

ハードルを上げ過ぎる必要はありませんが、

上を目指すならなんとなく今の延長で日常を過ごしているだけ…

ではやはりダメです。

管理人

情報が意識しなくても自動的に入ってくるように環境を整えておくのがポイントですね。

具体的には転職サイトで無料アカウントを作り、

希望する転職条件をサイト内でしっかりめに入力しておきましょう。

↓これをやっとくだけで、あなたにマッチする事務所求人が出た瞬間にメール等で自動通知してもらえます。

ヒュープロ 評判

会計事務所求人専門の転職サイトで無料アカウントを作り、最新の情報が自動的に入ってくるようにしておきましょう)

(未経験者向けの会計事務所求人)

(実務経験者むけの会計事務所求人)

\ 優良事務所の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

↑気になった事務所の求人をこまめにチェックしておくと、

税理士業界の年収相場や、求められるスキルについても自然と頭に入ってきます。

今すぐには転職できない人も、

いざ就活スタートとなったときに

ロケットスタートでライバルに差をつけることができますよ。

>>税理士業界専門の転職サイトで求人を見られるようにしておく

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

↓成功するために大事なのって、結局はこれなんですよね。

(日本は資本主義社会なので、就活も仕事も競争はあります)

(個人的に衝撃を受けた本です。こちらからスマホでも今すぐ読めます

 

転職活動を成功させるためにもっとも重要なのは情報収集です。

そして、税理士業界での情報収集は「税理士業界専門の転職サイト」を活用することが必須になります。

転職サイトへの登録って、3分でできる作業です。

お金もかかりませんし、

いつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

管理人

↓ですが、こういうかんたんな作業ですら以下の2種類の人に分かれます。

  • とりあえず今すぐやっておく人
  • いつまでたっても理由をつけてやらない人

これは就活も普段の仕事も同じです(あなたのまわりにもいませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

稼げるようになる人といつまでたっても稼げない人とで違いが生じるのはこういうところなんです。

↓今から5年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、税理士試験もいつまでたっても科目合格ゼロ…。貯金もゼロ…。
  • 働きながらスピーディに5科目合格達成。年収高めなので独立資金のめどもある程度ついている。あとは税理士としての実務能力を高めていくだけ…!

もちろん後者を目指しましょう。それは誰でも可能です。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

© 2022 会計職のキャリア戦略