銀行員の転職先に経理がおすすめな理由3つ。退職前に知っておくべき注意点も解説

  • 銀行員の転職先として経理ってどう?
  • 金融機関での実務経験は評価される?
  • 年収はやっぱり下がる?ワークライフバランスはどう?

銀行員として働いている人の中には、

激務やノルマ・社内政治や出世競争など、この先もずっと金融機関で働き続けていくことに限界を感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめの転職先が事業会社(一般企業)の経理です。

銀行など金融機関での実務経験は、企業経理としても生かすことが可能ですよ。

特に、融資担当の経験がある人は、企業の経理職として高いニーズがありますね。

私は、銀行・信用組合の融資担当

として勤めた後に経理へ転職しました。

金融機関の経験者は

企業経理としても重宝されますよ。

転職経験者

一方で、一般社会で「銀行出身者」について持たれているイメージ(いわゆる「つぶしがきかない」というイメージ)についても理解しておく必要があります。

ここをきちんと押さえておかないと、かんじんの転職活動がうまくいかない可能性が高いです。

銀行員が転職先として経理を選ぶ場合には、転職活動をやっていく上で絶対に理解しておくべきポイントがあるのです。

この記事では、銀行や信用組合など金融機関での実務経験がある方向けに、

転職先として経理を選択するメリット・デメリットを解説します。

私の実体験にもとづいて銀行員の転職成功のポイントについても書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

銀行員の転職先に経理がおすすめな理由3つ

銀行員 転職先 経理

(銀行員の転職先として経理がおすすめな理由3つ)

 

銀行員の経験がある人に、経理への転職をお勧めする理由としては、

↓以下の3つを挙げることができます。

↑青文字クリックでジャンプできますので、

興味のあるところから読んでみてください。

転職経験者

なお、金融機関出身者が優遇される経理の求人を探すなら、

↓以下のような会計職専門の転職サイトを使うのがおすすめですよ。

サイト内でこれまでの職歴や希望年収などを登録しておくと、

マッチする求人が出てくるたびに最速で自動通知してもらえて便利です。

無料で使えるサイトなので、情報収集に活用しましょう。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

1.いろんな会社の財務情報を見てきたという経験を活かせる

銀行員 転職先 経理

(銀行員としていろんな企業の財務情報を見てきた経験を生かしましょう)

 

一般的に、経理の担当者というのは「いろいろな会社の財務情報について見てきた」という経験を持った人が少ないです。

他社と比べて自社はどうなのか?という視点を持てる人が少ない)

この点、銀行員は融資業務で必ず決算書を企業からもらい、財務分析をして融資の可否を決定しています。

さまざまな業種の企業の決算書を審査・分析しているので、財務や資金繰り対策について明るい方が多いでしょう。

この経験は、採用面接等で経営者とのやりとりをするときにキーポイントになります。

経営者というのは常に孤独です。

それは社内に自分と同じように、経営者の視点でものを考えられる人が少ないからです。

つまり、資金繰りや同業他社との経営比較といった視点で

ものを考えられる人が社内にいないということですね。

転職経験者

経理という職種は、まさに自社のために資金繰りや節税対策など「経営者視点」が必要な仕事です。

銀行員が経理として転職すれば、仕事を通して経営者の右腕的な存在になることができるのです。

>>銀行員からのキャリアチェンジ優遇!実際の経理求人を見てみる

2.銀行員としての仕事の延長で働ける

経理は「会社の数字を扱う仕事」という点で銀行員の仕事と共通点があります。

日頃から決算書を読みなれている銀行員にとって、経理という仕事は非常になじみやすい職種と言えるでしょう。

また、業務検定(財務、法務、税務等)の勉強を通じて得た知識も経理でいかせます。

ただし、銀行員の決算書を「読む・評価する」という視点から、

経理の決算書を「作る」という視点への切り替えは必要です。

これは簿記の知識が現時点でどの程度あるか?によっても差がつくポイントですが、

今まで何気なくチェックしてきた決算書が、どういう工程を経て作られていくのかをよく理解しておく必要がありますね。

3.融資審査についての実務知識は非常に重宝される

経営者が最も気になる点として、資金繰りや融資対策があります。

この点においても銀行員はとても重宝されます。

というか、経営者が元銀行員を採用するにあたって

もっとも期待するのはこの点でしょう。

転職経験者

具体的には、銀行側が融資可否の判断をする上で、

決算書のどういうところを見ているのか?についての情報が求められています。

転職後には経理担当者として、どうすれば融資の通りやすい決算書になるか?を具体的な提案をしていくようにしましょう。

また、現在返済中の融資についても、キャッシュフローを見通しつつ、リスケジュールを含めてどのような対策が必要なのか?などの提案が期待されます。

(さらにいうと、銀行員時代の人脈について期待されることもあるでしょう)

この辺りは転職という決断をする時点での個人の能力差があると思いますが、

アピール材料になるものは総動員して転職活動していってください。

>>金融機関出身者向けの経理求人で年収を見てみる

Sponsored Links

退職前に要チェック!銀行員が転職活動を成功させるために知っておくべきこと

銀行員 転職先 経理

(一般の人が銀行員という人種に対して持っているイメージを認識しておくことが大切)

 

銀行員が転職先として経理を選択するなら、

世間一般が持っている「銀行員のイメージ」を認識して対策を講じておく必要があります。

↓具体的には、以下のようなイメージですね。

  • かたい・考え方に柔軟性がない
  • 高学歴(学歴のない人からのコンプレックス含め)
  • 数字に強い
  • 上から目線
  • 晴れの日に傘を貸し、雨の日には…というイメージ(特に経営者はこういう経験をしている人が多いです)

転職活動って、ちょっとした言葉のはしばしや言い回しで結果が大きく変わってくることが普通にあります。

特に、新卒でメガバンク入社したような人は注意してください。

あなた自身に自覚があるかどうかはわかりませんが、

一般社会からみて、あなたは明らかに「高学歴エリートコース」です。

そして、高学歴エリートというだけで拒否反応を持つ人は普通にいるのです。

まったく不合理な話だとは思いますが、

人間の感情の話なのでこれはもうしかたがないです。

転職経験者

重要なことは、そうしたイメージがあることを認識した上で、

それらを強みに変えられるように自己PRしていくことですね。

私たち自身が銀行員としてつちかってきた知識、

経験を新しい分野においても対応できる柔軟性を持つように気を付けておくことが大切です。

ブラック環境な経理としてぜったいに働きたくない人へ

ブラックで過酷な環境で働く経理になりたくない人は、

経理職専門の転職エージェントを使って情報収集しましょう。

↓こちらの転職サイトに無料登録して希望条件を入力しておくと、条件の良い経理求人の情報にアクセスできるようになります。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

転職エージェントは実際に事務所をまわって企業の採用担当者にヒアリングし、

その企業の社風や経理部の組織体制(男女比率や年齢構成など)、給料や雇用環境がどうなっているのか?を現場でリサーチしています。

転職エージェントは、こうして集めた求人情報の中から特に条件の良い企業の経理求人を「非公開求人」として紹介してくれます。

なので、ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の企業を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

何件求人を紹介してもらってもお金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

転職エージェントが持っている非公開求人には、

↓以下のような特に条件の良い求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・簿記資格なしでも年収400万円スタートの経理求人
  • 経理の実務経験者スタッフとして年収600万円稼げる求人
  • 繁忙期も残業が存在しないワークライフバランス型の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 最初から管理職候補として入社できる経理求人
  • SaaSやDX対応など話題の業種企業で働ける経理求人
  • IPO準備や国際会計などハイレベルな実務経験が積める経理求人

(経理の実務経験者向け求人:上場企業の将来の管理職候補)

(未経験者もOKの経理求人の例)

入社時の条件面でゆずれない条件がある人は、経理専門の転職サイトに登録して非公開求人の情報が入るようにしておくようにしましょう。

>>経理職専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

経理に転職する人は「経理専門の転職エージェント」を使わないとダメな理由

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

リクナビとかマイナビとかの方が学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…という方も多いかもしれません。

ただ、経理として働くことを目指している人は、経理職専門の転職サイトを使った方が良いです。

リクナビ・マイナビは求人の「数」が多いのが強みですが、

求人の「質」で見ると経理専門の転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいですよ。

また、経理職専門の転職エージェント会社の場合、

いざ本格的に転職活動を始める際に支援してくれるエージェントも経理職出身だったりします。

経理という職業の強みや弱みについてとてもよく理解してくれているので、志望動機や職歴書の作成から面接対策まで、良いアドバイスをしてくれますよ。

転職サイトに登録されている求人を検索しても、リクナビ・マイナビと経理職専門サイトとでは求人の質がまったく違うのに気づかれると思います。

ブラック企業で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる経理になりたい人は、経理職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

(※転職サイトに登録しておくと求人をいろいろみられるようになります。今は情報リサーチの段階の人も早めに登録しておきましょう)

>>経理職専門の転職サイトを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略