Sponsored Links

経理で年収低いのが悩みな方へ。給料アップに必要なのは資格取得ではありませんよ

2020年5月6日

  • 経理として働いているけど、年収が低いのが悩み…
  • 給料が安いのは簿記持っていないから?1級はとらないとだめ?
  • 経理が年収を上げるためには何が必要?どういう働き方をしたらいい?
経理 年収低い

(経理で働いているけど年収が低いのが悩み…。どうすれば給料上がる?)

 

経理という職種は、営業マンのように「自分が成果を上げた分だけお給料が上がる」という仕事ではありません。

基本的には自分に割り当てられた仕事をきちんとこなし、期限までに決算や税務申告を完了するのが経理の役割です。

それでは経理が年収を上げるのは不可能なのか?

というとそんなことはまったくありません。

経理であっても年収700万円〜800万円以上

を稼いでいる高年収の人は普通にいますし、

中には年収1000万円プレーヤーもいます。

管理人

彼らは何が違うのでしょうか?

学歴?資格?いいえ、そうではありません。

結論から先にいってしまうと、

重要なのは「どのような企業に所属して、経理としてどのような仕事を担当しているか?」です。

市場で求められているスキルは何か?を知り、

それを身につけることができる職場を選んで実務経験を積んでいくことが重要になります。

この記事では、経理として働いている人が、

年収を上げるためには何をどうしたらいいのか?について具体的に解説します。

経理は正しい努力を重ねていけば、学歴や資格がなくてもきちんと高年収を狙える職業です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理の年収は低い?平均給料の実態

本当に経理の平均年収は低いのか?平均値を確認しておきましょう。

転職大手のパーソル(dodaを運営している会社)が発表している統計によると、

20代経理の平均年収は380万円、30代だと494万円です。

また、男性は553万円、女性は421万円となっています。

平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)

全体としての平均年収だけ見れば、人事・購買と同じくらいで、

総務・庶務よりは高いといったところでしょう。

ものすごく低いとまでは言えませんが、

営業企画などと比べると経理の年収は低いのが実情です。

経理の年収が上がりづらい2つの理由

経理の年収が低くなりがちなのには、以下の2つの理由が考えられます。

1. 利益を生み出す業務ではない

経理の年収が上がりづらい理由の1つに「利益を生み出す業務ではない」ことが挙げられます。

経理部門では、営業部門のように、会社の売上アップ、利益増大に貢献する業務を行うわけではありません。

そのため、勤続年数が長く、勤務態度に問題がなかったとしても、経理の年収は上がりづらいというのが現状です。

人事評価の基準となる物差しがないことも、経理の年収が上がりにくい要因の1つでしょう。

たとえば、営業部門であれば「新規顧客獲得数」や「売上の増加分」など、わかりやすい目標を立てられます。

立てた目標を達成できれば、人事評価においてプラスになり、昇格・昇給が決まるのです。

しかし、経理部門の場合、わかりやすい目標を立てるのは難しいでしょう。

目標を達成する、という前提が成り立ちにくいため、昇格・昇給も難しいといえます。

2. 自動化しやすいルーティン業務がほとんど

経理の仕事は、基本的には毎月・毎年同じことを期限通りかつ正確に行うのが求められる仕事です。

慣れないうちは大変かもしれませんが、経験を積むことで効率化を図るのは十分に可能でしょう。

しかし、これは「自動化しやすいルーティン業務がほとんど」という意味にもとらえられます。

自動化しやすいルーティン業務を行う従業員に多額の給料を支払うよりも、そのお金で早急に経理業務の自動化を図った方が人件費を削減できると考えている会社が多いのも現実です。

将来は給料が上がらないどころか、最低限の人員で回すのが当たり前になり、

経理職の職員を中心にした人員削減が行われても不思議ではありません。

経理で年収低い人がやってしまいがちな失敗3つ

「経理として働いているけど、なかなか思うように年収を上げられない人」

がやってしまいがちが失敗を知っておきましょう。

↓具体的には以下のようなことに注意が必要です。

この中でもっとも重要なのは、

3.経理として高く売れるスキルを理解することです。

いま現在は経理としての経験が少ない人も、

この「高く売れるスキル」を身につけられる職場

を選んで実務経験を積んでいくことが、

経理として年収を上げるためには必須ですよ。

管理人

>>経理の年収を上げる「高く売れるスキル」の具体例とは?

1.大手に入ればなんとかなるはず…と考えてしまう

中小企業の経理よりも大手企業の経理の方が年収が高いはず…。

↑これはある程度は事実です。

ただし、現実には「それほど大きな年収差にはならない」ことに注意してください。

具体的にいうと、年収300万円〜350万円ぐらいのレンジで働いている人の場合には、

中小企業よりも大手企業で働く方が年収は高くなります。

その一方で、このレベルよりももっと上の年収を狙いたい場合には、

「大手企業だから高年収」とは必ずしも言えません。

つまり、一定の年収レベルまでは中小企業よりも大手企業の方が年収面で有利なのですが、

そのレベル以上での年収レベルとなると、

勤めるのが中小企業であるか、

大手企業であるかは重要ではなくなってくるというわけですね。

(それでは何が重要か?というと、それが経理として高く売れるスキルを身につけることです)

大手の方が資格手当が充実しているとか、

家賃補助があるとかいった差はあるでしょう。

しかし、これらでつく差はせいぜい年収100万円程度の違いです。

管理人

経理として長期にわたってもっと高い年収を得るなら、

年収にインパクトを与えるもっと重要なことがあるのです。

2.資格取得を頑張ってしまう

資格を持っていることは、経理の年収アップのためにまったく重要ではありません。

これは何度繰り返しても足りないぐらい、

経理の年収アップのために重要なポイントです。

例えば、簿記2級なら

商業高校を出たばかりの18歳の未成年の子でも持ってる人はいます。

彼らが経理職として就職するときに、

「あなたは簿記資格を持っているから他の子よりも年収100万円アップ…!」

みたいなことになるでしょうか?

(まずなりません)

管理人

たとえ資格を持っていたとしても、

それにまつわる実務経験がゼロなら転職市場での評価はほぼゼロです。

逆に言えば、簿記3級しか持っていなくても高年収の人はいます。

経理としてまじめにがんばっている人ほど、

年収を上げるために資格取得をがんばってしまいがちですが、

あなたの年収にインパクトを与えるのはそこではありません。

資格の勉強に使うエネルギーがあるなら、

もっと年収アップに直結するスキルを身につけることに力を使いましょう。

3.経理として「高く売れるスキル」があることを理解していない

経理のスキルと言えば、

簿記がわかることや給与計算ができることをイメージするかもしれません。

しかし、これらのスキルを持っている人はそれこそ世の中にくさるほどいます。

簿記検定2級の合格者は年間約3万人・3級合格者は約12万人です(2019年)

毎年、これだけの人数が市場に参入してくるわけですから、

こういうありふれたスキルを持っているだけでは、

経理として高年収になることはまずできません。

高年収になるためにはこういうスキルではなく、

もっと別の「企業の収益に直接つながるスキル」を身につけることが必須になります。

わかりやすい例で言えば、

営業マンがお客さんに商品を買ってもらえるスキルは、

企業の収益につながるスキルです。

経理にも、これと同じように「直接的に企業の収益につながるスキル」があります。

管理人

経理職に限らず、高い年収を得ている人というのは

すべてこの「企業の収益に直接つながるスキル」を持っている人といっても過言ではないでしょう。

それでは、経理として「企業の収益に直接つながるスキル」とは

具体的にどういうスキルをいうのか?

↓次の項目で見ていきましょう。

経理の年収を上げる「高く売れるスキル」の具体例

それでは、経理の年収アップにつながる「高く売れるスキル=企業の収益に直接つながるスキル」とは、

↓具体的には、以下のようなスキルをいいます。

すでにこれらのスキルを身につけている方は、

それらをアピール材料にして転職を視野に入れていきましょう。

一方で、まだこれらのスキルを持っていない方は、

こうしたスキルを身につけることができる職場を選んで実務経験を積むようにしてください。

ちなみに、上の4つのスキルの中でもっともハードルが低いのは、

1.経理管理職「候補」として募集されている求人に応募することでしょう。

経理は職場によって経験できる実務内容がまったく違ってきます。

逆に言えば、これらのスキルを身につけたくても、

それを扱っていない職場に入ってしまうと、

これらを経験することはいつまでたってもできないので注意が必要です。

管理人

それぞれのスキルの具体的な内容について、順番に見ていきましょう。

>>(※こちらも参考)スキルのある経理は「自己PR」なんて自分でやるな

1.経理の管理職としてのスキル

第一に年収アップにつながるスキルが「経理の管理職として働くことができるスキル」です。

↓実際、経理の管理職として働くことができる人は、非常に高い年収で求人に応募できます。

経理 年収 低い

(経理管理職候補の求人)

>>経理管理職の求人を探してみる

なぜ、管理職が高年収になるのか?というと、

複数のスタッフを動かして、

一つの仕事にまとめる役割をになっているからです。

ある程度以上の規模の企業になると、経理の仕事を1人でこなすことはとてもできなくなります。

大手企業の場合は、数十人以上の経理スタッフがひとつのフロアで働いていることもあるでしょう。

たくさんの人の手がかかっている作業を、

最終的に1つの作業(決算と税務申告)にまとめるのは至難のわざです。

こうした業務に対応できる人材はごく限られていますので、

必然的に管理職として働ける人の年収はとても高くなるというわけです。

最初から管理職として入社する必要はない

それでは、経理の管理職になるためにはどうしたらいいのか?

ですが、あなたがすでに豊富な経理経験がある人でない限りは

「将来の管理職候補」として募集されている求人を狙うようにしましょう。

↓上で見た求人例もそうですが、他にも例えばこういう求人があります。

経理 年収 低い

(経理管理職候補の求人)

>>経理管理職「候補」の求人を探してみる

こうした求人では、いま現在は管理職として働くことができないとしても、

近い将来(数年〜10年以内)に管理職へと昇進する見込みがある人が求められています。

場合によっては、経理未経験者であってもこの枠を狙って応募することは可能ですよ。

逆にいうと、末端のスタッフとしてしか働いてもらうことを予定していない求人(管理職になっれる可能性がゼロである求人)は避けるようにしましょう。

2.海外企業とのやりとりに関するスキル(ただし英会話ではない)

経理の年収アップの方法として2番目に挙げられるのが、

海外企業とのやり取りできるスキルです。

経理 年収 低い

(外資系企業の経理求人例)

>>外資系企業の経理求人(海外業務未経験者もOK)を見てみる

もっとも、ここで重要なのは英会話の能力ではありません。

(必須要件としては英語はメールの読み書きレベルでOKとなっている場合がほとんどです。もちろん英会話能力はあるに越したことはありませんが、必須ではありません)

これはよく考えてみれば当然で、英語がペラペラの人材が欲しいのであれば、

海外で採用して日本に派遣してくるはずですよね。

あえてそうしないのは、日本人として日本の経理実務に習熟している人を採用したいからです。

海外に子会社を持つ日本企業や、

逆に外資系企業の日本法人で経理職として実務経験を積んでいけば、

こうしたスキルを身につけることが可能になりますよ。

国際業務が未経験であっても、

国内の経理業務の実務経験があれば応募できる求人がたくさんあります。

3.IPO準備に関するスキル

↓IPO準備に関わる業務に対応できる経理担当者は、非常に高年収で働くことができます。

経理 年収 低い

(IPO準備企業の経理求人例)

>>IPO準備企業の経理求人を見てみる

IPO準備というのは、ざっくりといえば「証券取引所に上場するために、社内の体制を整えていく業務」のことををいいます。

企業は、証券取引所に上場することができれば、莫大な金額の資金を調達することが可能となります。

(上場が決まったときには数十億〜数百億円規模のお金が動きます)

その一方で、証券取引所に上場する企業は、

決算のたびに公認会計士(監査法人)による会計監査を受けなくてはいけません。

当然ながら中小企業の決算書よりもきびしい基準でチェックが入ることになりますが、

こうした厳しいチェックにも耐えうる会計業務を行うためには、

優秀な経理担当者が必要になるのです。

当然ながら、こうした業務に対応できる経理担当者は高年収で迎えられることになるでしょう。

(なお、基本的に大手企業での経理経験者が採用のメインになります)

これから証券取引所への上場を目指す企業(IPO準備中の企業)というのは、

成長途上にあるベンチャー企業であることがほとんどです。

ベンチャー企業は、急成長の途上になることの裏返しとして、

社内のバックオフィス業務(経理や人事など)が非常に弱いという特徴があります。

経理スタッフとしてこれからさらなる成長段階に入る企業を支えることができる人材は、

高く評価される(つまり高年収で迎えられる)可能性があるのです。

IPOの準備は最低でも3年かかるといわれており、

社内管理体制の構築〜開示書類の作成など、

対応する範囲は多岐にわたります。

管理人

こうしたIPO準備業務は個人ではなくプロジェクトとして進められることが多いので、

経理として採用される求人数も多くなる傾向がありますよ。

4.資金繰り・融資対策に関するスキル

企業にとって、資金繰りは常に頭の痛い問題です。

ほとんどの企業は銀行などの金融機関からお金を借りて事業を行っていますので、

そのお金の返済ができなくなると「倒産」という状態になってしまいます。

こうした事態を避けるために、企業は事業から利益がきちんと出るように頑張っているわけですが、

金融機関の融資担当者と交渉し、

借りているお金につく利息などについて有利な条件を勝ち取ることも重要です。

例えば、100億円の借入金を年利1%で借りている企業は、

毎年1億円のお金を利息として負担することになります。

交渉によってその利率を0.1%下げることができれば、

毎年支払う利息は9000万円で済みますので、企業の利益を1000万円増やすことになります。

これは「企業の利益に直結するスキル」ということができます。

こうした交渉を成功させるためには、

経理や財務に関しての深い実務経験が必要になりますから、

↓そうした経験を持った経理実務経験者は、高い年収で採用される可能性があります。

経理 年収 低い

(資金繰りや融資対策がメインの経理求人)

>>資金繰り・融資対策担当メインの経理求人を見てみる

また、融資を行う金融機関側の考えていることに精通していることも、このポジションで働くための条件となることが多いです。

例えば、銀行や信用金庫などの金融機関で働いた経験がある人は、

経理財務の担当者として高い年収を得られる可能性が高いでしょう。

【悲報】ブラック企業でいじめられてる経理多すぎ…。

(経理はブラックな職場も多いので注意やで)

まったく同じ年齢職歴スキルの経理経験者でも、

  • ホワイト企業で楽しく働いてる人と、
  • ブラック企業で搾取されている人…

↑の2種類いるのが現実です。

(あなたは心当たりがないでしょうか…?)

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

「なんとなくこの会社いいかも…」で勤務先を選ぶと、

ブラック企業に入社してしまうリスクがあるで注意して下さい。

どんなに年収高い経理になれても、

仕事が激務すぎてとても続けられる環境じゃない…

では意味がありません(下手したら命落とします)

ブラック企業を最初から候補に入れないことが大切です。

管理人

経理経験者として転職成功したい人は、

情報リサーチをしっかり行うようにしましょう。

経理で転職するなら、経理専門の転職サイトで求人を探すのが良いですよ。

経理の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

↓年収や福利厚生などの条件が良いホワイト求人を

たくさん見つけることができます。

(経理経験者向けのホワイト求人例)

(経理経験者向けのホワイト求人例)

>>経理経験者むけの求人一覧(2000件以上あり)

今すぐ転職するかどうかわからない人も、

転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

↓最新の求人が出るたびに情報がアップデートされるので、

ホワイト企業の経理求人を見落とすことがなくなります。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使おう

(経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使いましょう)

 

現在、ほとんどの人が転職サイトを使って求人探しをすると思います。

(さすがに今どきハローワーク使う人は少ない)

ただこの転職サイトには大きく分けて

↓以下の2種類があることを知っておいて下さい。

管理人

  1. 専門職向けの転職サイト
    経理・人事・法務など専門性の高い求人のみをあつかう転職サイト。
    求人数そのものは一般向けサイトより少ないが、
    求人の質が圧倒的に高い。
  2. 一般向けの転職サイト
    営業マンや総務など、いわば「万人向け」の転職サイト。
    求人の数は多い一方で、年収などの質では劣る。
    テレビCMとかでよく見かけるのはこちら(リクナビが代表例)

↑どちらも無料で使えるものですが、

経理の実務経験者は必ず1. 専門職向けの転職サイトを使うようにしましょう。

転職活動で一番大切なのはどうやって質の高い求人を探すか?です。

ここをまちがえてしまうと、

どんなに優秀な人でも転職失敗の可能性が高くなります。

ほとんどの人が

  • なんとなく名前を聞いたことあるから…
  • 学生時代の就活にも使ったし…

↑という感じで適当にリクナビなどで仕事を探してしまいます。

管理人

営業マン向けの求人とかならそれでもまあいいんですが、

専門職である経理はこういう探し方をしない方が良いです。

経理って、専門職向けの転職サイトで探さないと良い求人がなかなか見つかりません。

なぜかというと、求人を出す企業側もこういう専門職向けサイトを活用して

実務経験者限定の採用を行っているからです。

逆にいえば、経理専門の転職サイトをメインで使うだけで、

情報リサーチでライバルに大きな差をつけることができるわけですね。

経理専門の転職サイトでは、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

管理人

  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>経理経験者は優遇!現在募集中の求人を見てみる

経理の求人が専門の転職サイトなので、

ホワイトな経理経験者むけ求人が大量にありますよ。

一般向けの転職サイトしか使ったことがない人は

驚かれるかもしれません。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

転職サイトで無料アカウントを作るときには、

希望する年収や、企業規模・職務範囲などを

しっかり目に入力しておくのがコツです。

条件にマッチする求人が出てくるたびにメール通知してもらえます。

↑この希望条件入力をきちんとやらない人が結構多いんです。

転職で成功する人と、失敗する人で差がつくのって

こういうところなのかもしれません。

管理人

仕事のストレスや疲労が限界にまで達すると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

あらかじめ転職サイトに希望条件をしっかり入力しておき、

日常的に最新求人をチェックするくせをつけましょう。

転職サイトを使って普段から求人リサーチをやっておくと、

どうしても今の職場がきつくなったら転職もある

という選択肢を持てて、

過労で倒れたりする前に転職という対策を打てます。

転職サイトは無料で使えていつでも利用を止めることができます。

変な電話連絡とかもないのでリスクはゼロですよ。

(今すぐは転職する気がない人も情報リサーチに使えます)

このブログを読んでくださったあなたは、

ぜひ転職を成功させて下さい。

経理職専門の転職サイトをフル活用して、

ライバルに情報戦で勝ちましょう。

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

経理・会計事務所の経験者におすすめ!

© 2022 会計職のキャリア戦略