会計事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

経理の年収は低い?平均給与の実態と手取り額アップのポイント!

  • 経理は年収は低い?給料手取り額の実態は?
  • 稼げる人と、稼げない人の違いとは?
  • 経理としてキャリアアップしていくにはどうしたらいい?

経理という仕事は、営業職とは違って「売上を生み出す仕事」ではありません。

そのため「良い営業成績を出せば、その分だけ自分のお給料が上がる」ということは基本的にない仕事です。

その一方で、経理職として高い給料を得ている人がいるのも事実です。

↓大手企業の経理管理職の場合、年収1000万円を超えるケースも普通にありますね。

経理 年収 低い

(経理管理職の年収例:こちらはジャスネットキャリアに掲載されている求人です)

このように、「年収の高い経理」になれる人と、「年収の低い経理」になってしまう人の違いはどこにあるのでしょうか。

この記事では、実際の求人をもとに経理職の平均年収の実態について紹介するとともに、

経理としてキャリアアップをしていくためのポイントについて解説いたします。

経理財務分野で生きていくことを目指している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理の年収は低い?平均年収の実態

経理 年収 低い

(経理の年収は低い?)

これは経理に限ったことではありませんが、

ひとくちに経理と言っても、実際に担当している仕事のレベルによって年収はかなり差があります。

↓経理の仕事のレベルは、おおまかにいうと以下の2つに分けられます。

スタッフレベルの経理と、管理職レベルの経理(課長や部長、マネージャーなど)とでは、任せられる仕事の範囲がかなり違います。

そのため、平均年収も相当違うのです。

それぞれのレベルの経理の仕事内容と、平均年収について順番にみていきましょう。

1.スタッフレベル経理の平均年収

経理 年収 低い

(スタッフレベル経理の仕事内容と平均年収)

一般社団法人人材サービス産業協議会が刊行している「転職賃金相場2019年版」によると、役職の付いていない一般職またはスタッフレベルの経理では、平均年収は350万円ほどです。

年齢としては20代から30代前半が多く、スタッフレベルの仕事の内容としては基本的な仕訳作業や事務作業が中心となります。

また、未経験業界からの転職者も多いため、転職者はこのラインからスタートすることになるでしょう。

\ 未経験OKの求人多数!/

経理未経験者向けの求人を見てみる!

スタッフレベルの経理として年収を上げるには?

経理が年収を上げるためには、やはり専門的な職種なので、知識を身につけ実務の経験を積んでいくことが一番の近道です。

仕事そのものの専門性を上げることでステップアップができ、転職市場全体での希少価値も高まります。

具体的に言うと、スタッフレベルの経理では、最初はエクセルを活用した業務改善や社内業務の効率化などを自分から実行できれば、評価は上がって行くでしょう。

>>管理職レベルの経理の仕事内容と平均年収

企業規模が大きい会社ほど経理職の専門性は高くなる

また経理の仕事の専門性は、基本的に企業規模が大きくなるほど高くなります。

大企業は会計処理の基準やルールも厳しく、ファイリングなどの実作業でもやり方が決められていて、きちんとした処理が求められるからです。

厳格なルールのもとでの経理経験は、それだけで自分のレベルアップに繋がります。

経理は慎重さが当然求められる一方で、手を早く動かすことのできる迅速さも持ち合わせていなければなりません。

この業務はこのぐらいの時間で終わらせる、といった目標をしっかりと設定し、それを達成することで実力は確実に伸びていきます。

地道な作業ですが、これが年収アップの第一歩ですので、普段の業務を疎かにしないことが大切です。

MSジャパン

未経験OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計事務所や経理の求人をメインで扱っています。
特徴は「未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることですね(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたい人におすすめです。

まずは決算業務ができるレベルを目指そう

さらに具体的にどういう業務に対応できれば年収が上がるのかというと、やはり経理においては決算業務ができるかどうかでしょう。

決算は経理としてのステップアップの登竜門であり、かつ最も大事な仕事と言えます。

中小企業規模であれば、税理士から指示される決算仕訳をきちんと切れるかどうかがキーポイントになります。

大企業では税効果や退職給付など、複雑な処理がたくさん出てきますので、一つずつ処理方法を覚えていくことが大事です。

1年ですべてを覚えるのは難しいので、最低でも3年程度の経験は必要でしょう。

このように、経理は覚えることが非常に多いですが、それらをこなせるようになると年収は確実に上がっていきます。

2.管理職レベルの経理の平均年収

経理 年収 低い

(管理職レベルの経理の仕事内容と平均年収)

経理は、管理職になると年収はかなり上昇します。

「転職賃金相場2019年版」によると、経理管理職の平均年収は800万円ほどです。

もちろん、これは誰もが名前を知るような大企業の経理責任者も含めた数字なので、全ての会社でこの金額を稼げるか?というとそうではありません。

中小企業の場合には、

経理管理職の年収(中小企業)

  • 経理課長レベル:年収500万円〜700万円
  • 経理部長レベル:年収700万円〜800万円

ここからさらに進んで役員級(いわゆるCFO)になれば、年収1000万円を超える可能性はあります。

このように、管理職レベルになると、スタッフレベルの平均年収と比べるとその差は歴然としています。

経理で年収アップを目指すならば、管理職を狙うのは必然でしょう。

しかしながら、経理は一般的に人の異動が少なく、なかなか上の席が空かないという会社も多いものです。

そこで、転職することによって最初から管理職、または管理職候補としての採用を狙うという手があります。

経理で管理職として転職するためには、かなりレベルの高い業務もこなさなければなりません。

実際の求人においては、例えば部長募集として求人を出している会社は以下のような募集条件です。

経理管理職の求人条件例

  • ポジション:経理部長(CFO候補)
  • 仕事内容:連結決算、資金調達、監査法人対応など
  • 年収:800万円〜1,000万円

この求人においては、有価証券報告書の作成経験または連結決算の経験が求められています。

このクラスの求人に応募するのであれば、最低でも決算業務をこなし、さらにレベルの高い業務を経験している必要があります。

ジャスネットキャリア

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、会計職の「実務経験者向け求人」が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使えます。
なお、実務未経験者は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。

経理として年収アップしたいなら転職も選択肢に入れよう

このように、経理として年収を上げたいのであれば、やはり仕事のレベルを上げていく必要があります。

そうはいってもイメージがなかなか湧かないという人は、身近なところではまず社内での昇進を目指しましょう。

昇進するに従って自然とできる業務の幅も広がり、かつ年収も上がって行くからです。

ただし、ときには「実務経験者としての転職」が近道な場合もあります。

それが近道であるかどうかは、あなたの先輩を見てください。それがあなたの将来の姿です。

先輩が生き生きと仕事をし、収入も高いようであれば、あなたも将来的にはそうなれる可能性が高いです。

しかし現在の職場で年収アップの見込みがないのであれば、転職を検討するのも一つの選択肢です。




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.