税理士事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

30代から税理士事務所に転職する人が面接で自己PRすべき点とは?(自分の強み)

30代から税理士事務所への転職を目指す人が、面接の自己PRで積極的に伝えるべきことはどんなことでしょうか。

以下、10年間で3社の税理士事務所で働いた私自身の経験から、

面接や志望動機で「自分の強み」として伝えるべきポイントについて解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

税理士事務所 志望動機 未経験
税理士事務所(会計事務所)は「未経験30代」から転職できる?

この記事では、30代の未経験から税理士を目指すという方向けに、税理士事務所への転職活動のポイントについて解説します。
試験と勉強の両立を考えている人は、ブラックな税理士事務所に転職してしまわないように注意しなくてはなりません。
実務が忙しすぎて試験勉強ができない…なんて状態は本末転倒ですから、どの税理士事務所に入社するか?は慎重に判断する必要があります。

続きを見る

税理士事務所では「社会人としてのコミュニケーション能力」がとても重要視される

税理士事務所 未経験 30代

(30代は「社会人としてのコミュニケーション能力」を自分の強みとしましょう)

ただし、転職採用というのは他の人との競争であることに間違いはありません。

そのため、20代の人たちと、どういった点で差別化するか?について、しっかりと対策を考えておくことが大切になります。

30代から未経験で税理士事務所への転職を目指すなら、

「社会人経験が豊富」という20代の人にはないアピールポイントをしっかり採用担当者にアピールするようにしましょう。

このアピールポイントは強力です。

なぜなら、税理士事務所の仕事はそもそも「社会人経験が豊富な人」に有利な仕事内容だからです。

税理士事務所の仕事は「社会人経験者」に有利

意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

税理士事務所の仕事というのは、「社会人としてのコミュニケーションスキル」が重要な仕事です。

その理由としては、税理士事務所のお客さんが中小企業の経営者であることが挙げられます。

経営者の中には20代〜30代の人もいますが、基本的には40代後半〜60代の人が圧倒的に多いですね。

こうした方達を相手に仕事をするのは「ちょっと前まで学生でした」という20代の人よりも、

社会人経験が長く、世の中にも慣れている人」の方が、顧問先の担当者として好かれる傾向があるのです。

採用を行う税理士事務所側もこの点は百も承知なので、社会人経験が豊富な人は人材として魅力的なのです。

営業マンの経験がある人は税理士事務所の採用でも有利

なので、前職で営業マンの経験がある人などは税理士事務所では重宝されます。

採用面接では他業種での経験をしっかりとアピールするようにしましょう。

自分は社会人としてこれまでこういう仕事をしてきました。この経験は税理士事務所の職員としても生かすことができると考えています」と面接ではしっかりアピールするようにしてください。

社会人としてのコミュニケーション能力がしっかりしていることは、税理士事務所の採用では確実に評価アップになります。

30代という年齢や、税理士事務所の実務未経験という条件を弱点と考える必要は全くありませんよ。

税理士になりたい人におすすめの転職サイトは?

(税理士事務所で働きたい人におすすめの転職サイトは?)

税理士事務所で働きたい人におすすめの転職サイトは、MSジャパンです(無料で使えます)

MSジャパン(株式会社MS-Japan)は最大手の転職支援会社のひとつで、
東証一部に上場している大手企業です。
管理人

一般的な転職サイトと違って、経理財務や士業(税理士事務所)に特化した転職サイトですので、この業界の求人数が圧倒的に多いのが特徴ですね。

↓また、普通に転職活動しているとなかなか見つからない「レアなホワイト求人」が多いのも特徴です。

  • 未経験で年収400万円からスタートの事務所
  • 実務経験者なら年収600万円スタートの事務所
  • 資産税の実務経験が豊富に積める事務所
  • 繁忙期を含めて残業がほぼないので、税理士試験の勉強と両立しやすい事務所
  • BIG4税理士法人を含む大手税理士法人の求人

↑税理士事務所で「繁忙期の残業がほぼない」なんて「ほんとかよ?」という感じですよね。

でも、そもそも税理士事務所で確定申告時期の繁忙期が激務になるのって、個人事業主の顧客が多すぎるのが原因です。

最初からある程度の規模の法人企業だけを顧問先にしている優良事務所では、そもそも確定申告時期が忙しくありません。

そのため、「繁忙期も残業がない」は普通にあり得ることなのです。

↓一般向けの転職サイトで税理士事務所の求人を探して、

読者様
なんかちょっと違うんだよな…。
どの事務所も同じに見える。給料も安いし…。

という経験をしたことがある方は、ぜひMSジャパンで求人を探してみてください。

きっと良い求人が見つかりますよ。

地獄のような雇用環境…「ブラック事務所」にご用心

税理士事務所への転職を目指す人には、1つだけ注意して欲しいことがあります。

それは、雇用環境が劣悪な「ブラックな税理士事務所」にまちがって応募してしまわないようにすることです。

読者様
残業代が出ないのに毎日3時間以上残業している…。

読者様
仕事が忙しすぎて税理士試験の勉強なんてぜんぜんできない…。入社2年目までに簿財2科目に合格するつもりが、まだ1科目も合格できていない。

読者様
年齢は30代なのに月給手取りで20万円切っている…。

↑一般的な転職サイトでは、こんなブラック事務所が普通に求人を出していたりします。

MSジャパンなら、税理士業界専門のキャリアアドバイザーが、求人を1つ1つチェックしていますので、ブラック事務所に応募してしまうリスクを避けられますよ。

転職活動はとにかくめんどくさい

転職活動ってはっきりいってめんどくさいですよね。

仕事が終わった後に履歴書を書いたり、面接の準備をしたり…と負担はとても大きいです。

読者様
給料は多少は妥協しても、
ここなら採用してもらえそうだからもうこの求人でいいか…。
現状に不満はあるけど、転職活動はもう疲れた…。

モチベーションを保つのに苦労している人も多いでしょう。

ですが、せっかく時間と労力をかけて転職するなら、いい加減に求人を選んでしまうのはとてももったいないです。

MSジャパンを使えば、あなた専属のエージェントがあなたの代わりに求人を探してきてくれますよ。

MSジャパンは税理士業界に特化しているエージェント会社なので、求人を出している事務所の内部情報までリサーチしています。

↓たとえばこんな感じで「事務所の悪いところ」や「避けるべき事務所」についても教えてくれますよ。

ここの事務所は残業時間がかなり長いのがネックですね。
過去5年以内に税理士試験の合格者も出ておらず、激務が予想されます。
仕事と勉強の両立が必須条件ならおすすめはできません。
エージェント

年収アップが必須ならこの事務所がおすすめです。
医療法人等の大きな顧問先が中心ですから、
業績もとても安定していますね。
お給料を上げたいなら、業績が好調な事務所で働くのは必須ですよ。
エージェント

↑こういう情報を、「面接に行く前」に知ることができるのは大きいですよね。

採用されてから「こんなはずじゃなかった…」となるのを絶対に避けたい人は、税理士業界に精通したエージェントから内部情報を事前に得ておくようにしましょう。

ちなみに、MSジャパンはサイトへの登録〜エージェントとの面談、応募書類のアドバイスから面接対策まですべて無料です。

このあたりは大手企業(上場企業)だからこそできる太っ腹なサービスですね。

\ 優良事務所の求人多数!/

MSジャパンの公式サイトを見てみる

MSジャパンの登録方法

(MSジャパンは税理士事務所や経理財務職に特化した転職サイトです)

  • 公式サイトトップページの「まずは会員登録(無料)」をクリックして、メールアドレスや名前などの情報を入れていきます。
  • 現在の保有資格や年収などの条件と、希望する転職先の条件(年収や地域など)を入力すれば完了です。
  • 早い人であれば2分程度ですべて入力できますよ。

登録が完了したら、担当のエージェントからメールまたは電話で連絡が入ります。

ここで「どういう求人を紹介してもらいたいのか」を具体的に伝えておくようにしましょう。

(まだ明確に転職するかどうか決めていない人は、だいたいのイメージでも構いません)

エージェントは求職者さんの味方です。
まだ転職するかどうかわからない」という段階の方もご相談ください。
事務所側との年収交渉なども代行します。
エージェント

↓エージェントはあなたの立場で転職活動をサポートしてくれますので、遠慮せずに実現したいことを伝えてOKです。

エージェントに希望条件を伝える

  • 税理士資格を少なくとも5年以内に取得したいと考えているので、試験勉強との両立が可能な事務所を選びたい。
  • 年収は今よりも絶対に上げたい。年収600万円以上の事務所にしぼって求人を紹介してほしい。
  • 資産税分野の実務経験を積みたい。相続税申告を主要な業務分野として扱っている事務所の求人を探してほしい。
  • BIG4税理士法人を含む大手税理士法人の求人を出してほしい。

「こんな無茶な希望条件を出してもいいのかな…」と遠慮する必要はありません。

エージェントはあなたの転職を成功に導くために求人を徹底リサーチしてきてくれますよ。

MSジャパンを活用して、希望のキャリアを実現しましょう!

\ 税理士事務所の求人多数!/

MSジャパンの公式サイトを見てみる

税理士試験は30代以降の受験生が多い

税理士試験という試験は、ある程度の社会人経験がある人(30代以上など)が挑戦しやすいように設計されているといえます。

↓その根拠としては、以下の2つが挙げられます。

受験生に30代が多い理由

  • 科目合格制度がある
  • そもそも受験資格で大学卒業後の人に限定される

↓この記事をお読みの方には説明するまでもないかもしれませんが、念のために確認すると以下の通りです。

科目合格制度とは

  • 科目合格制度=1度合格した科目は「生涯有効」という制度です。
  • 税理士試験は最終的に5科目合格で資格取得できます。
  • 例えば「1年に1科目、5年かけて合格」という受験方法が可能ですので、社会人が働きながら挑戦しやすい試験と言えます。

実際、税理士事務所で働きながら税理士試験合格を目指して勉強している人は非常に多いです。

(というか、働いている人のうち、無資格者のほとんどがそうです)

税理士試験の受験資格については以下の通りです。

税理士試験の受験資格

  • ①日商簿記検定1級の合格者
  • 大卒者で、法律学または経済学の単位を1科目以上履修している人
  • ③62単位以上を取得している大学3年以上の人で、法律学または経済学の単位を1科目以上履修している人
  • ④経理財務や税理士補助の仕事を2年以上経験している人

実際には②の大卒資格で受験資格を取得する人が圧倒的に多いですね。

必然的に、大学を卒業してから税理士試験の勉強をスタートすることになりますから、開始時の年齢は20代後半〜30代になるケースが多くなります。

税理士試験 科目 組み合わせ
税理士試験5科目の組み合わせでおすすめは?難易度・特徴別の選択肢

「税理士試験に最短で合格するための科目選択の組み合わせは?働きながら税理士試験に挑戦する場合におすすめの科目の組み合わせを知りたい。」税理士試験の短期合格を目指す方にとって、科目選択の組み合わせはとても重要です。なぜなら、どの科目合格を持っているか?は税理士事務所の転職活動のときに採用可否の条件としてとても重要視されているからです。この記事では、おすすめの税理士試験科目の組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

続きを見る

税理士試験合格者の多くは30代以降

TACや大原などの資格スクールに行くとよくわかりますが、税理士対策の講義を受けている人の大半は30代の人ですね。

↓また、税理士試験の合格者数についても、31歳以上の人が7割以上を占めています(もっとも多い年齢は「41歳以上」です)

税理士事務所 未経験 30代

(第69回=令和元年度の税理士試験結果)

税理士試験合格者の年齢構成

  • 31歳以上:574人(76.64%)
  • 30歳以下:175人(23.36%)
  • 合格者合計:749人

※国税庁ホームページ(第69回=令和元年度の税理士試験結果)

このように、税理士試験の受験生は30代以降の人が圧倒的に多いですから、税理士事務所に未経験で転職する人も30代以上の人が多いのが実情なのです。

【厳選3社】税理士業界を目指す人におすすめの転職エージェント

(税理士業界を目指す人におすすめの転職エージェント3社を紹介します)

税理士業界というのは、かなり特殊な業界です。

税理士事務所は多くても従業員20人以内の小さな組織が中心ですし、必ずしも大きな事務所ほど待遇が良いというわけでもありません。

求人情報そのものがあまりオープンではない業界なので、

  • リクナビなどの転職サイトで求人を探してもなかなかいいのがない…。
  • ハローワークに相談してもブラック企業のような低年収の求人ばかり…。

↑このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

税理士業界で転職成功するためのポイントは、

税理士業界に特化した転職エージェントを使って求人を探すことです。

↓この業界に特化したエージェントなら、以下のような優良な税理士事務所の求人が登録されていますよ。

業界専門エージェントの求人例

  • 実務未経験でも年収400万円からスタートの税理士事務所
  • 実務経験3年で年収600万円からスタートの税理士事務所
  • BIG4税理士法人を含む大手税理士法人
  • 資産税の実務経験を多く積むことができる税理士事務所
  • 繁忙期も残業がなく、税理士試験との両立がしやすい税理士事務所

こうした優良求人は、以下の転職エージェントサイトで探せばたくさん見つけることができます。

↓サイト内で無料登録を完了すると一般には非公開になっている求人もみられるようになりますので、2社〜3社に登録しておくのがおすすめですよ。

MSジャパン

(MSジャパンは実務未経験者におすすめの転職サイトです)

未経験者OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、税理士事務所や企業経理の求人をメインで扱うエージェント会社です。
特徴は「実務未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることです(年収400万円〜など)
これから未経験で税理士業界を目指すという方は、MSジャパンをメインで使いましょう。

マイナビ税理士

マイナビ税理士 評判

(マイナビ税理士は税理士有資格者・科目合格者におすすめの転職サイト)

勉強しながら働ける求人が多数登録!

マイナビ税理士は、大手マイナビが運営する転職サイトです。
試験直前の長期休暇や、繁忙期でも残業少なめなど、税理士試験受験生が働きやすい求人が多数登録されています。
科目合格がすでに1科目以上ある方は有利な条件の求人もあります。勉強との両立重視で事務所を選びたい人におすすめです。

ジャスネットキャリア

税理士事務所 給料 安い

(ジャスネットキャリアは税理士事務所の実務経験が3年以上ある人におすすめの転職サイトです)

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、税理士事務所経験者向けの求人が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使えます。
なお、実務未経験者は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.