税理士事務所で働くには?

会計職のキャリア戦略

経理の転職時期でベストタイミングはいつ?求人が多くなるのは何月?

ポイント

  • 経理に転職したいけど、いつ転職活動を始めたらいのかわからない…
  • 経理の求人が増える時期っていつ?
  • 繁忙に応募してしまうと迷惑?
  • 採用されやすいタイミングってあるの?

経理という仕事は、時期によって求人の数が大きく変動する仕事です。

この記事では、経理への転職を考えている方のために、転職時期のベストタイミングについて解説いたします。

経理志望者が転職活動を始めるベストのタイミングはいつなのか?について説明しますので、転職時期を検討する時の参考にしてみてください。

経理の求人が多くなるのはいつ?

経理の求人は、1年の中で増えたり減ったりする時期があります。

なぜかというと、経理は決算時期によって仕事量が大きく変動し、繁忙期と閑散期がハッキリとしているからです。

経理の仕事はスケジュールがタイト!

経理の仕事内容は、会社のお金を管理して、会計帳簿に記録していくことです。

最終的には一年分の売り上げや費用を集計して、財務諸表を作成します。

こうしたルールは法律で決まっていますので、

経理の仕事は法律で決まったスケジュールで動いていくことになります。

例えば、以下のような感じですね。

ポイント

  • 毎月5日までに1ヶ月毎の決算を完了する(月次決算)
  • 12月〜1月にかけては年末調整業務を行う
  • 事業年度末から2ヶ月以内に法人税の申告を行うなど

また、現場からの数字を集計して報告するまでの間がタイトなことが、経理の特徴といえます。

例えば5月中の数字を6月3日までに集計し、5日までに報告するというスケジュールです。

経理が月初めに忙しいと言われているのはこのためです。

繁忙期が近くなると求人が増える?

経理は、繁忙期の直前に求人が出されることが多いです。

その理由としては、繁忙期に即戦力として働いてくれる人を求めているからです。

なんらかの理由でスタッフに欠員が出たとか、作業量が例年にくらべて多すぎるという場合に、スタッフの補充を行うことが多いのです。

経理のスケジュールと求人

経理の年間スケジュールと求人の関係を、具体的に解説します。

経理の転職時期としては、3つの時期に分けて考えられます。

ポイント

  • 確実に求人が多いのは1月~2月!
  • 7~8月は落ち着いて採用活動できる時期
  • 意外と未経験者の求人が多い10月~11月

それぞれ具体的に説明していきましょう。

求人が多くなるのは1月~2月

経理は、1月~2月に求人が多くなります

多くの会社では4月~翌年3月までの1年間が会計期間であり、3月が期末決算です。

会社は3月の期末決算に合わせて、採用を決めておきたいのです。

ポイント

  • 3月の月次決算を終わらせる
  • 1年間の会社の損益を明らかにするために集計する
  • 報告用の資料を作成する

経理の作業量が1年間の中で一番多くなるのが3月末~4月なのです。

この時期に採用されれば、2月か3月の月次をこなすことができます。

そして、ある程度会社の仕組みや特徴が見えてきます。

経理の経験者なら4月の繁忙期に即戦力として活躍できることでしょう。

7月~8月は落ち着いて採用活動できる時期

経理の仕事が一段落するのが、7月~8月なのです。

経理が決算以外で意外と忙しくなるのが6月の株主総会です。

株主総会に必要な経理の仕事は、報告資料や公開資料の準備です。

ポイント

  • どのように社外の人向けに会社の状況を報告するか
  • 利益や損失の要因などを細かく調べる
  • 会社の上層部と相談しながら資料を作成していく

作業量というよりは分析に時間がかかるイメージです。

株主総会が終わって初めて、前年度の報告を終えることができ、経理の仕事は一段落します。

ここでようやく、これまで手が回らなかった採用活動を本格的に行うことも少なくありません。

この時期に採用が決まれば、9月末の中間決算を経験することができるので、

効率的に仕事を覚えることができるのが大きな利点です。

未経験者の求人が増えるのは10月~11月

翌年1月入社を狙って、10月~11月に求人が出てくることもあります。

1月に入社する利点は1月~3月までの3か月間、1四半期分を経験できることです。

他の転職時期と比べて繁忙期までに時間が多く取れるので、人材育成に時間をかけることができます。

この期間に採用されれば、

未経験者でも経理の仕事を身に着けることができるのです。

また、転職するタイミングとしてボーナスをもらってから…という人も多いでしょう。

そのため、12月で退職して1月から入社したいという転職者に、狙いを定めて求人を出すこともあるようです。

転職活動には時間がかかる

転職を決断して活動し始めてから実際に採用が決まるまで、ある程度の時間が必要です。

転職活動のスケジュールと、経理職の場合に考えること、2つの点から具体的に解説しましょう。

転職活動のスケジュール

転職活動には3ヶ月~6ヶ月はかかります。

(例)中規模企業へ2月入社の場合

ポイント

  • 10月 転職準備(スキルの確認や書類の準備)と求人企業探し→2週間程度
  • 11月 応募、筆記試験&1回目面接
  • 12月 2回目面接(社長・役員)、内定
  • 1月   退職準備→退職(退職する1ヶ月前までに現職場へ申告が必要)
  • 2月   入社

このスケジュールはあくまで転職準備からすぐに候補の求人企業が見つかった場合です。

経理に転職するならいつ転職活動をスタートすればいい?

経理への転職を目指す方は、「求人を出している会社側の繁忙期はいつか?」を見極めて、その直前の時期に転職活動を始めるのが良いでしょう。

ただし、自分が転職したいと思いたった時に、最適な求人が出てくるとは限りません。

なので、会計職専門の転職サイトにあらかじめ登録しておき、狙い目の求人が出てきたときにすぐアクションを起こせるようにしておくのがおすすめです。

転職エージェントへの登録

転職エージェントとは転職希望者の要望に合った会社の紹介や採用までのサポートをしてくれるマッチングサービスです。

要望のヒアリングから求人企業の選定、提出書類の添削、面接指導等も行ってくれます。

登録は早めに!

転職活動のスケジュールを考えると

少なくとも転職したい時期の4~6ヶ月前、出来るだけ早い時期に転職エージェントに登録しておく必要があります。

転職エージェントに登録したからといっても、最低限の期間は必要です。

転職エージェントは使うべき?どんなメリットがある?

転職エージェントを使うメリットは、

「転職活動やっていく上でめんどうなことを、すべて丸投げできること」です。

転職活動は重要ですが、すべての作業を自分でやる必要はありません。

例えば、企業側の採用担当者との面接日程の調整などは、エージェントに任せた方が良いです。

あらかじめ「こういう求人が出たらメールで連絡してください」と伝えておけば、転職エージェントは、こまめに最新の求人情報を教えてくれます。

自分で毎日転職サイトをチェックするのは大変なので、これも時間短縮になりますね。

また、応募書類はエージェントにチェックしてもらう方が良いです。

志望動機や自己PRは自分一人で書くとどうしてもひとりよがりなものになりがちです。

プロの第三者の目でチェックしてもらえば、書類審査に通る確率をぐっと高めることができますよ。

経理の求人をチェックするときの2つのポイント

なお、経理への転職を考える場合、求人を見るときには以下の2つのことに注意が必要です

ポイント

  • 求人が出ている会社がどういう人材を求めているか
  • 会社の規模が自分のスキルに見合っているか

自分で転職活動をする場合は、これを自分で見極める必要があります。

また、せっかくいい条件の経理の求人が出ているのに見逃してしまうこともあります。

その点、転職エージェントは転職者の要望に対してそれに見合う会社をピックアップしてくれます。

最初から転職者の要望と会社が求める求人像のギャップを埋めてくれるのです。

経理の求人が出てくる時期を逃さない為にも早めにエージェントに登録しておきましょう。




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.