税理士資格取得は何年かかる?短期合格のために知っておくべきポイント

2020年6月26日

  • 税理士資格を取得したい。取得にかかる期間は?
  • 税理士の試験の難易度ってどのくらい高いの?
  • 短期間で税理士資格を取得できるコツを知りたい。

この記事では、税理士資格取得にかかる期間や難易度などについて解説しています。

税理士資格の取得を目指す方にとって有益となる情報をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

税理士資格の平均合格年数は7年!

税理士になるスタンダードな方法は税理士試験に合格することですが、

税理士資格の取得には平均で7年程度はかかると言われています。

税理士資格の取得期間についての公的なデータが開示されているわけではありませんが、大手予備校や各税理士が公表しているデータでは、7年程度が合格必要な期間となっています。

では、なぜ税理士試験に合格するまでに年数がかかるのか、その理由を見ていきましょう。

税理士資格の取得に長い時間がかかる理由

税理士資格の取得に何年もかかってしまうのは、難易度の高い試験科目をパスしなければならならないからです。

ちなみに試験科目は11科目あり、そのうち5科目に合格しないと資格を取得できません

なお、5科目の合格率は、1科目あたり10%~15%程度しかありません。

参考までに、令和元年度に行われた税理士試験の合格率を挙げてみますと、以下のようになっています。

  • 簿記論:17.4%
  • 財務諸表論:18.9%
  • 法人税法:14.7%
  • 所得税法:12.8%
  • 消費税法:11.9%
  • 相続税法:11.7%

税理士試験における難易度の高さがわかりますよね。

試験は1年に1回行われ、11科目中5科目の試験にパスしなければ合格することはできません。

その他、税理士試験の取得に何年もかかってしまう理由としては次のようなものがあります。

  1. 暗記のボリュームが多い
  2. 受験生のほとんどが社会人
  3. ある程度の実務をこなさないと試験内容を理解しにくい

1.暗記のボリュームが多い

税理士試験の難易度が高い理由として真っ先に挙げられるのが、1科目あたりのボリュームの多さです。

ポイント

  • 必須科目である簿記論、財務諸表論だけでも500ページ以上のテキストを2〜3冊学習する
  • そのためひたすら問題を解くことを繰り返さなければモノにできない
  • 法律を扱う税法は、条文を一言一句間違えずに覚える必要がある

必須科目だけでも相当のボリュームがあるのに加え、法律が関係してくる税法はさらに暗記のボリュームが多くなるのです。

2.社会人の受験生が多い

税理士試験を受験する人の多くが、キャリアアップを目指す社会人であるということも、資格取得までに時間がかかる理由です。

税理士試験の合格には、1科目あたりの勉強時間が最低でも500時間、合格ラインに達するには1000時間は必要と言われていますから、社会人として働きながらそれだけの勉強時間を確保するのが難しいのです。

社会人の受験生は、せいぜい年間で1科目しか勉強することができないため、5つの試験科目をパスするまでにはどうしても年数が必要になってしまうわけですね。

3.実務を知らないと具体的なイメージを持ちにくい

税理士試験へ挑むにあたって、税理士という職業がどんな仕事なのかを把握できていないと、試験内容を把握しづらく合格率を下げる要因になります。

ポイント

  • 試験内容を把握するためには実務経験を積むのがもっとも早い
  • 実務経験を積めば試験内容をイメージしやすい
  • 税理士事務所や会計事務所、経理職などで働いていれば試験内容を理解しやすくなる

実際に、税金に疎い社会人も少なくないため、事前に実務経験を積んで試験問題の内容をイメージしやすくしておくことが、合格率アップに繋がりやすくなります。

5年以内に5科目合格を目指そう!短期合格のコツ

税理士試験の勉強には時間もコストもかかりますので、せっかく挑戦するならきるだけ早く合格したいものですよね。

税理士試験に短期合格するコツとしては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 会計事務所で実務経験を積む
  2. 無理のない受験計画を立てる
  3. 関連しあう試験科目は同時に受験する
  4. 受験する税法科目はキャリアを見すえて決める

以上について、順にご説明していきましょう。

1.会計事務所で実務経験を積む

税理士事務所は税理士試験合格を目指す人が多く集まっており、また所長や事務所スタッフもそのことを分かっているため、仕事以外の時間を勉強に充てやすいです。

もちろん、仕事も税務に関することですから、勉強内容とすり合わせながら実務を行えるのもメリットです。

ただし、仕事が忙し過ぎて勉強との両立が難しい事務所もありますので、働きたい税理士事務所を選ぶ際には注意が必要です。

2.無理のない受験計画を立てる

税理士試験はとにかく時間がかかるので、一気に複数科目の合格を目指すのではなく、1年で1科目の合格を目指すのがおすすめです。

1年で1科目に合格したとすると最短で5年はかかりますが、実際には全受験生の中でも5年で5科目合格できる人は少数なのが現状なのです。

ただし、5年で5科目合格できなかったからといって悲観する必要はまったくありません。

その理由としては、次の2点があります。

  • 社会人として実務を経験しながら学習した方が勉強内容に対するイメージが持ちやすい
  • 実務経験が増せば増すほど勉強に対するモチベーションもアップする

1年で1科目というゆとりある受験計画を立てておけば、試験に対する気持ちの余裕も出てきます。

また、実務を重ねるごとに様々な知識を習得できるので、その後の受験に対する準備も自然にできていきます。

3.関連しあう試験科目は同時に受験する

また、税理士試験の短期合格をめざすのであれば、関連する試験科目を同時受験するという方法もあります。

ポイント

  1. 簿記論と財務諸表論(簿財2科目)は両科目で共通する内容が多い
  2. 試験はすべて税金に関わるため学習範囲が重なるケースもある

簿財2科目は別々に勉強するのではなく、一体で勉強すればより効率的に学習できます。

法人税法や消費税法も、法人決算においては非常に関連性が高く、ボリューム的にも無理のない範囲で同時に勉強することが可能です。

このように、関連性のある科目を選択していくことが税理士試験では重要です。

4.受験する税法科目はキャリアを見すえて決める

税理士の実務には、大きく分けると「個人向け」と「法人向け」があります。

税理士試験は全部で11科目ありますが、

どの税法を選ぶかによって将来目指す税理士像が変わってくるのです。

個人事業主の顧問や青色申告などに強くなりたいのであれば、所得税法を選ぶのがおすすめです。

また、資産税(相続税申告)についてのコンサルタントになりたいのであれば、相続税法を選択しておくのは必須になるでしょう。

企業向けの税理士になりたい場合や、大手税理士法人に入りたいなら、法人税法および消費税法を取得しておきましょう。

環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラックで過酷な環境の会計事務所で働きたくないなら情報収集はしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている事務所の最新の求人情報をリサーチするようにしましょう。

管理人

↓転職サイトに無料登録すると、好条件な会計事務所求人の情報にアクセスできるようになります。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者もOKの税理士事務所求人探すならここ!

ヒュープロは税理士業界専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから税理士目指してキャリアスタート!という方はここを使いましょう。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

↑こうした「税理士業界専門の転職サイト」では、

転職エージェントが実際に事務所をまわって所長税理士や現役職員にヒアリングした事務所のナマの情報を知ることができます。

求人を出している事務所について、

  • 社風や所長税理士の人格
  • 給料やボーナスの具体的な実績値
  • 月間・年間の残業時間数
  • 税理士試験の科目合格者がどのぐらいるのか
  • 試験勉強を応援してくれる事務所か否か
  • 職員の男女比率や年齢構成

などの情報が細かくわかります。

管理人

会計事務所の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

ハローワークやリクナビ・マイナビといった一般向けの転職サイトとは情報の質がまったく違いますよ。

こうした求人情報の中から特に条件の良い事務所の求人を「非公開求人」として転職エージェントに紹介してもらうことも可能です。

ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の事務所を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

お金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

税理士業界専門サイトの非公開求人には、

↓以下のような求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • 税理士試験と両立できる環境(繁忙期も残業なしなど)の事務所求人
  • 資産税の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(転職サイトでは年収や科目合格の有無・勤務地などの条件を指定して求人検索できます)

(実際に登録されている求人例:未経験でも年収400万円〜500万円スタート)

 

まずはサイト内で無料アカウントを作り、求人検索をしていろんな事務所の情報を見てみてください。

(特に条件の良い非公開求人までチェックするにはアカウント作成が必要です)

入社時の条件面でゆずりたくない人は、情報収集を日頃からしっかりしておくようにしましょう。

>>税理士業界専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

会計事務所に転職する人は「税理士業界専門の転職エージェント」を使おう

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2021年現在で、なんと1万社以上あるそうです。

(コロナ禍で廃業になったところもあって、数はだいぶ減ったらしいですが)

リクナビやマイナビなどの転職エージェントの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったりキャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、普通の求職者とは異なる事情が多いです。

こういった「特殊事情」をきちんと理解してくれているエージェントに担当してもらいたいなら、税理士業界専門のエージェント会社を使うべきです。

エージェント自身が税理士業界出身者だったりするので、面談を受けるとこの業界でのキャリアアップについていろいろアドバイスもしてくれますよ。

(なお、エージェント面談の利用は任意です)

ブラックな会計事務所で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる税理士になりたい人は、税理士業界専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

転職エージェントって何よ?という方や、

いろいろ比較してみたい方は

↓これらの記事も参考にしてください。

管理人

© 2021 会計職のキャリア戦略