会計事務所の仕事内容:決算業務・税務申告ではどんなことをする?

2018年4月23日

今回は、会計事務所の仕事内容のうち「決算業務」について解説します。

決算業務とは、顧問先企業の1年間の会計の数字を確定し、

税金額を計算して税務署に報告することを言います。

この決算業務で1つの顧問先の1年間の仕事内容ルーティンが1周することになります。

通常、会計事務所の職員は1人で20件~30件程度の顧問先を担当しますから、

年間で20件~30件の決算業務を行うことになります。

会計事務所の仕事内容:決算業務とは?

会計事務所 仕事内容 決算

(会計事務所の仕事内容:決算業務とは?)

 

日本で活動しているすべての企業は、

1年に1回は必ず決算をして税務署に申告し、税金を納めなくてはいけません。

企業には大きくわけて個人事業主と法人企業(株式会社や合同会社のこと)がありますが、

↓それぞれの企業が決算を行うタイミングは法律で以下のように決まっています。

決算を行うタイミング

  • 個人事業主
    2月16日~3月15日
  • 法人企業
    事業年度が終了する2か月後

なお、個人事業主の決算業務のことを確定申告と呼びます。

個人事業主は、毎年1月1日〜12月31日をひとくぎりとして、

翌年の2月16日〜3月15日の間に申告を行わないといけません。

例えば、令和3年1月1日〜12月31日までの分は、令和4年2月16日〜3月15日の間に申告します。

法人企業の決算業務

法人企業の場合、事業年度をいつにするか?は自由に決めることができます。

これは個人事業主とは異なる点ですね。

(個人事業主は、上で見たように必ず1月1日〜12月31日を事業年度としなくてはなりません)

例えば4月1日~3月31日を事業年度にした場合には3月決算法人

1月1日~12月31日にした場合には12月決算法人というように呼びます。

そして、法人企業の場合は、事業年度が終了してから2ヶ月が経過するまでに決算業務を行わないといけません。

例えば、3月決算法人の場合、

3月31日が事業年度が終了する日ですので、そこから2か月後の5月31日までに決算をして税務署に申告します。

同様に、12月決算法人の場合には2月末日、

1月決算法人の場合には3月末日というように、

決算を行うタイミングは各企業によって異なることになります。

日本には3月決算法人が多い

日本には、慣習的に3月末日を事業年度終了の日とする3月決算法人が多いです。

そのため、5月末までに決算を行う企業が多くなります。

会計事務所のお客さんである顧問先企業にも3月決算法人が多いので、

必然的に税理士事務所の5月は忙しい時期(繁忙期)になるわけですね。

こちらもおすすめ


↑会計事務所(税理士)の仕事がよくわかる本としてはこのあたりがおすすめ。

これから会計事務所で働きたい人や、

いま会計事務所で働いてるけど、正直に言って自分がなんの仕事をしているかよくわからない…。

という状態の人は読んでおくと仕事の理解度(成長速度)がまったく違ってくると思います。

>>Kindle Unlimited(アマゾンの電子書籍読み放題)ならスマホ・PCで今すぐ無料0円で読めますよ

管理人

決算業務の具体的な仕事内容(作業内容)

決算業務の具体的な仕事内容(実際に行う作業の内容)についてみていきましょう。

月次監査で毎月の経理作業はチェックを行っているので、

決算業務を行う事業根度末のタイミングで基本的には会計の数字はほぼ完成している状態のはずです。

月次監査(巡回監査)の仕事内容についてはこちらの記事を参考にしてください。

会計事務所 仕事内容 月次監査
会計事務所の仕事内容:月次監査(巡回監査)とは?

今回は、会計事務所の仕事内容の基本である「月次監査(巡回監査)」について説明します。月次監査をきちんとやっているかどうか?で会計事務所職員の仕事の質が決まると言っても過言ではありません。ぜひ具体的にイメージしながら読んでみてくださいね。

続きを見る

ごく簡単に言うと、この状態から決算処理の仕訳を入力していくのが決算業務です

くわしくは簿記で勉強する内容ですが、

事業年度末には以下のような決算整理仕訳を会計ソフトに入力することになります。

  • 売上原価の計算
  • 未払費用や前払費用(経過勘定)の振替
  • 引当金の計上
  • 固定資産や有価証券の評価処理
  • 仮払勘定の振替など

簿記で「仕入高/繰越商品」「繰越商品/仕入高」って売上原価の計算方法を勉強しますよね。

あれをここで作業としてやっているわけです。

決算整理仕訳を入力した段階で、その企業の当期の税引き前利益の金額が確定します。

次に税引き前利益の金額から、当期の法人税の金額を計算します。

税引き前利益の金額から法人税を計算

法人税の計算は、税引き前利益の金額を調整することで計算します。

くわしい内容は専門書などを読んでほしいですが、ざっくりというと、

税引き前の利益額+損金不算入+益金算入-損金算入-益金不参入」という形で課税される所得の金額を計算します。

課税される所得の金額に法人税率をかけると法人税の金額を計算できます。

この時点で正確な決算書と法人税申告書が作成できますので

、顧問先の経営者などに報告することが多いですね(納付書も渡します)

経営者への報告と承認をもらったら、税務署に申告します。

ここまでが税理士事務所の仕事内容としての決算業務です。

決算業務が完了すると、1つの顧問先の年間ルーティンが1周することになります。

環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラックで過酷な環境の会計事務所で働きたくないなら情報収集はしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている事務所の最新の求人情報をリサーチするようにしましょう。

管理人

↓転職サイトに無料登録すると、好条件な会計事務所求人の情報にアクセスできるようになります。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者もOKの税理士事務所求人探すならここ!

ヒュープロは税理士業界専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから税理士目指してキャリアスタート!という方はここを使いましょう。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

↑こうした「税理士業界専門の転職サイト」では、

転職エージェントが実際に事務所をまわって所長税理士や現役職員にヒアリングした事務所のナマの情報を知ることができます。

求人を出している事務所について、

  • 社風や所長税理士の人格
  • 給料やボーナスの具体的な実績値
  • 月間・年間の残業時間数
  • 税理士試験の科目合格者がどのぐらいるのか
  • 試験勉強を応援してくれる事務所か否か
  • 職員の男女比率や年齢構成

などの情報が細かくわかります。

管理人

会計事務所の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

ハローワークやリクナビ・マイナビといった一般向けの転職サイトとは情報の質がまったく違いますよ。

こうした求人情報の中から特に条件の良い事務所の求人を「非公開求人」として転職エージェントに紹介してもらうことも可能です。

ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の事務所を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

お金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

税理士業界専門サイトの非公開求人には、

↓以下のような求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • 税理士試験と両立できる環境(繁忙期も残業なしなど)の事務所求人
  • 資産税の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(転職サイトでは年収や科目合格の有無・勤務地などの条件を指定して求人検索できます)

(実際に登録されている求人例:未経験でも年収400万円〜500万円スタート)

 

まずはサイト内で無料アカウントを作り、求人検索をしていろんな事務所の情報を見てみてください。

(特に条件の良い非公開求人までチェックするにはアカウント作成が必要です)

入社時の条件面でゆずりたくない人は、情報収集を日頃からしっかりしておくようにしましょう。

>>税理士業界専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

会計事務所に転職する人は「税理士業界専門の転職エージェント」を使おう

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2021年現在で、なんと1万社以上あるそうです。

(コロナ禍で廃業になったところもあって、数はだいぶ減ったらしいですが)

リクナビやマイナビなどの転職エージェントの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったりキャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、普通の求職者とは異なる事情が多いです。

こういった「特殊事情」をきちんと理解してくれているエージェントに担当してもらいたいなら、税理士業界専門のエージェント会社を使うべきです。

エージェント自身が税理士業界出身者だったりするので、面談を受けるとこの業界でのキャリアアップについていろいろアドバイスもしてくれますよ。

(なお、エージェント面談の利用は任意です)

ブラックな会計事務所で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる税理士になりたい人は、税理士業界専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

転職エージェントって何よ?という方や、

いろいろ比較してみたい方は

↓これらの記事も参考にしてください。

管理人

© 2021 会計職のキャリア戦略