税理士事務所で働くには?

税理士事務所の転職活動ナビ

税理士事務所は「未経験30代」でも転職できる?

  • 30代になり、将来を考えてこれから税理士を目指したい。
  • 税理士事務所では別の業界での実務経験も評価してもらえる?
  • 20代の人たちと比べて採用ではやっぱり不利なのかも…。
  • 税理士事務所は30代未経験でも採用される?

↑これから税理士を目指そうと考えている方の中には、こうした不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

30代から未経験の業界に挑戦するのは勇気がいりますよね。

結論からいうと、税理士事務所は「30代・未経験・無資格」の人でも、正社員として転職することは十分可能です。

この記事では、30代未経験から税理士事務所への転職を目指す方向けに、転職活動の進め方や注意点を解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

税理士事務所は30代未経験でも転職できる

税理士事務所 未経験 30代

(税理士事務所は「未経験・30代」でも転職可能です)

そもそも税理士業界というのは「20代後半〜30代」で業界に入ってくる人がとても多い業界です。

その理由としては、「税理士試験の受験勉強をスタートするのが30代から」という人がとても多いからです。

税理士事務所側としても、すでに会計や税務の勉強をスタートしている税理士試験の受験生は採用ニーズに合致しやすいので、

30代未経験の人であっても採用される可能性は高いのです。

>>30代から税理士を目指す人が考えるべき2つのこと

税理士試験は30代以降の受験生が多い

税理士試験という試験は、ある程度の社会人経験がある人(30代以上など)が挑戦しやすいように設計されているといえます。

↓その根拠としては、以下の2つが挙げられます。

受験生に30代が多い理由

  • 科目合格制度がある
  • そもそも受験資格で大学卒業後の人に限定される

↓この記事をお読みの方には説明するまでもないかもしれませんが、念のために確認すると以下の通りです。

科目合格制度とは

  • 科目合格制度=1度合格した科目は「生涯有効」という制度です。
  • 税理士試験は最終的に5科目合格で資格取得できます。
  • 例えば「1年に1科目、5年かけて合格」という受験方法が可能ですので、社会人が働きながら挑戦しやすい試験と言えます。

実際、税理士事務所で働きながら税理士試験合格を目指して勉強している人は非常に多いです。

(というか、働いている人のうち、無資格者のほとんどがそうです)

税理士試験の受験資格については以下の通りです。

税理士試験の受験資格

  • ①日商簿記検定1級の合格者
  • 大卒者で、法律学または経済学の単位を1科目以上履修している人
  • ③62単位以上を取得している大学3年以上の人で、法律学または経済学の単位を1科目以上履修している人
  • ④経理財務や税理士補助の仕事を2年以上経験している人

実際には②の大卒資格で受験資格を取得する人が圧倒的に多いですね。

必然的に、大学を卒業してから税理士試験の勉強をスタートすることになりますから、開始時の年齢は20代後半〜30代になるケースが多くなります。

税理士試験合格者の多くは30代以降

TACや大原などの資格スクールに行くとよくわかりますが、税理士対策の講義を受けている人の大半は30代の人ですね。

↓また、税理士試験の合格者数についても、31歳以上の人が7割以上を占めています(もっとも多い年齢は「41歳以上」です)

税理士事務所 未経験 30代

(第69回=令和元年度の税理士試験結果)

税理士試験合格者の年齢構成

  • 31歳以上:574人(76.64%)
  • 30歳以下:175人(23.36%)
  • 合格者合計:749人

※国税庁ホームページ(第69回=令和元年度の税理士試験結果)

このように、税理士試験の受験生は30代以降の人が圧倒的に多いですから、税理士事務所に未経験で転職する人も30代以上の人が多いのが実情なのです。

30代から税理士を目指す人が対策を考えるべき2つのこと

税理士事務所 未経験 30代

(30代で未経験から税理士事務所を目指す人が対策しておくべき2つのこと)

↓30代から税理士を目指す場合、以下の2つについて対策を考える必要があります。

※この2つは別問題です

  • 30代から税理士試験に合格できるか?
  • 30代から税理士事務所に採用されて実務経験をつめるか?

前者の「試験に受かるか?」については、はっきりいってその人の努力次第ですので、ここでは触れません。

(なお、30代から勉強を初めて合格する人はたくさんいます)

30代の人にとってより切実な問題は、後者の「30代から税理士事務所に採用されて実務経験をつめるか?」です。

どんな業界であっても、30代という年齢から未経験でチャレンジするというのは、ハードルが高く感じてしまうのが普通ですよね。

以下では、30代の人が税理士事務所に採用されるための対策を見ていきましょう。

30代は「社会人としてのコミュニケーション能力」をしっかりとアピールしよう

税理士事務所 未経験 30代

(30代は「社会人としのコミュニケーション能力」を自分の強みとしましょう)

未経験職種への転職活動というのは、基本的には年齢が若い人の方が有利なのが現実です。

そのため、同じ「未経験・資格なし」で転職活動している20代の人たちと、どういった点で差別化するか?について、しっかりと対策を考えておくことが大切になります。

30代から未経験で税理士事務所への転職を目指すなら、「社会人経験が豊富」という20代の人にはないアピールポイントをしっかり採用担当者にアピールするようにしましょう。

税理士事務所の仕事は「社会人経験者」に有利

意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士事務所の仕事というのは、「営業的なセンス」が必要な仕事です。

(新規開拓はないので、いわゆる「ルート営業」のような雰囲気です)

税理士事務所のお客さんというのは中小企業の経営者です。

現場で顧問先経営者とコミュニケーションをしっかりとり、信頼を勝ち取ることが税理士事務所職員の仕事の基本になるのです。

経営者の相手をするのは「ちょっと前まで学生でした」という人よりも、「社会人経験が長く、世の中になれている人」の方が、顧問先の担当者として好かれる傾向があります。

営業マンや管理職の経験がある人は税理士事務所の採用でも有利

前職で営業マンの経験がある人や、小さなチームでも良いので管理職の経験がある人は、その経験を採用面接でしっかりとアピールするようにしましょう。

社会人としてのコミュニケーション能力がしっかりしていることは、税理士事務所の採用では確実に評価対象となります。

30代という年齢や、税理士事務所の実務未経験という条件を弱点と考える必要は全くありません。

自分は社会人としてこれまでこういう仕事をしてきました。この経験は税理士事務所の職員としても生かすことができると考えています」と面接ではしっかりアピールするようにしましょう。

30代未経験の人も、20代の転職者との競争で勝てる可能性は十分にありますよ。

↓※実務未経験・30代の方が税理士事務所の求人を探すならこちらのサイトがおすすめです。

MSジャパン

実務未経験者向けの求人が充実!

MSジャパンは、税理士事務所などの会計職求人が専門の転職エージェントです。
特徴は、未経験者でも好条件で働ける求人(年収400万円〜など)が多い点ですね。
実務未経験で税理士試験もこれからという方は、MSジャパンをメインで使いましょう。
企業経理の求人も多くあるので、「税理士事務所→経理」のキャリアを目指す人にもおすすめです。

転職活動の進め方

税理士事務所 未経験 資格なし

(転職活動の進め方は2種類あります)

↓転職活動の進め方には、大きく分けて以下の2つがあります。

転職活動の進め方は2種類

  1. すべて自力で転職活動する
  2. 転職エージェントを使って転職活動する

結論から先に言うと、転職活動には転職エージェントを使うのがおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントというのは、ごく簡単に言えば「転職に関するめんどうな手続きをすべて代行してくれる会社」のことです。

例えば、「採用担当者との面接アポイント取り・応募書類のチェック・面接対策・年収交渉・入社日程の調整」などを代わりにやってもらうことができます(いかにもめんどくさいですね)

転職サイトで希望条件を入力しておけばエージェントから連絡が入り、面談という流れになります。

面談の場ではあなたのキャリアプランについて一緒に考え、「あなたにはこの税理士事務所がおすすめです」というところまでしぼりこんでくれますので、ピンポイントで優良求人にしぼって転職活動を行うことが可能になります。

(当然ながら採用確率も高くなります)

転職エージェントは無料で使うことができる

なお、転職エージェントは無料で使うことができます。

エージェントにお金を払っているのは採用活動を行う税理士事務所側だけですので、求職者(あなた)は完全無料です。

私自身、転職エージェントを使って3回転職を経験していますが、お金を請求されたことなんて一度もありません。

エージェントには求職者の採用が決まったときに、企業から転職エージェントに対して人材紹介手数料という形で費用が支払われる仕組みになっています。

なので、私たち求職者は安心して無料でエージェントを使うことが可能です。

エージェントを使った場合だけ応募できる「非公開求人」とは?

転職エージェントは特に条件の良い「非公開求人」の情報をたくさん持っています。

非公開求人とは、ハローワークや転職サイトには出回っていない求人のことですね。

これは簡単に言えば「年収が高くて、働く環境も良いおいしい求人」のことです。

↓例えば、こういう求人が普通にあります(未経験者で年収400万円〜

税理士事務所 未経験 資格なし

(転職エージェントに登録されている求人の例:未経験者でも年収400万円スタート)

ハローワークや転職サイトにこうした優良求人を掲載すると、応募が殺到して採用担当者の業務がパンクしてしまうでしょう。

なので、採用担当者の手間をはぶくために、エージェント経由で求人が出されるのです。

逆にいうと、「転職エージェントを使わない」という選択をした時点で、

これらの非公開求人をすべてあなたの応募の選択肢から外すことになりますので注意してください。

自力で転職活動する場合

エージェントを使って転職活動するメリットについてお話ししましたが、エージェントを使わずに自力で転職活動をすることも可能です。

私も1社目の税理士事務所に転職するときには、「ハローワークに行って自力で求人を探し、手書きの応募書類を書いて…」という感じで、自力で転職活動をしました。

(結果的にはそれでブラック事務所に入社してしまったわけですが…)

転職エージェントを使わず、自力で転職活動する場合には、以下のような方法で税理士事務所の求人を見つけることができますよ。

  求人の数 求人の質 採用確率 合計点
ハローワーク × × 5
企業HPで応募 × 5
個人的な紹介 × 6
SNSなど × × 4

=3点 △=2点 ×=1点)

自力で転職活動する場合には、「いかに求人を出している事務所の情報を入社前にリサーチするか?」がポイントになります。

ブラックな求人に間違って応募してしまわないようにするためにも、応募前に可能な限り実際に働いている人たちの職場環境をリサーチするようにしましょう。

(私はこの点で失敗しました)

先輩や過去の同僚など、人伝いで紹介される求人も含めて、ありとあらゆるコネクションを使って情報収集してください。

すでに事務所で働いている先輩がいる場合など、紹介(コネ)で入社できるようなケースでは採用可能性は高くなるでしょう。

転職エージェントを使う場合

一方で、こうした手段(コネによる情報収集)が使えない人は、転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントは、実際に事務所側に出向いて人事採用担当者とも事前にやりとりをしています。

なので、その事務所がどういう社風で、どんな人たちが働いているのか?といったことも事前に教えてくれます。

事務所側の採用ニーズについても把握しているエージェントに面接対策をしてもらったり、面接に同席してもらったりすることができますから、採用確率も非常に高くなりますよ。

エージェント経由で転職活動すれば、ブラックな事務所の求人はそもそも最初から排除してくれますから、リスクなく転職活動を進めることができます。

転職エージェントにも2種類ある

税理士事務所に未経験で転職するなら、転職エージェントを使って転職活動するのがおすすめですが、

「転職エージェントであればどこでもいい」なんてことはありません。

転職エージェントには、大きく分けて「業界専門のエージェント会社」と、「一般向けのエージェント会社」の2種類があります。

↓それぞれの特徴をまとめると、以下のようになります。

  求人の数 求人の質 採用確率 合計点
業界専門エージェント 8
一般向けエージェント × 6

=3点 △=2点 ×=1点)

「業界専門の転職エージェント」とは?

税理士事務所 未経験 資格なし

(税理士事務所専門の転職サイト:MS-Japan)

業界専門の転職エージェント」というのは、「薬剤師専門・建築士専門・看護師専門…」というように、

特定の業種や業界の求人だけを専門で扱っているエージェント会社のことです。

税理士業界には、「税理士事務所の求人を専門とする転職エージェント会社」があるというわけですね。

業界専門の転職エージェントを使うメリット

こうしたエージェントは、1つの業界だけに特化して仕事をしていますので、必然的にその業界でトップクラスに好条件の求人を持っています。

上でも実際の求人を紹介しましたが、同じ未経験者向け求人なのに、

年収ベースで100万円以上の差があるケースもあります(未経験入社で年収400万円スタートなど)

また、担当してくれるエージェントさんも「業界のプロ」ですので、安心してアドバイスを受けることができますよ。

(税理士事務所で実際に働いた経験のあるエージェントさんも多いです)

税理士事務所に転職するなら、税理士事務所専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

会計職専門ではない「一般向け転職エージェント」とは?

税理士事務所 未経験 資格なし

(一般向け転職エージェントの大手:リクルートエージェント)

上では税理士事務所の求人だけに特化している専門エージェントを紹介しましたが、

特定の業界に特化していない「一般向けのエージェント会社」も存在しています。

例えば、リクルートエージェントやDoda(ドゥーダ)などの「テレビCMでよく見るエージェント会社」が該当します。

これらの「一般向けエージェント会社」は、営業職・人事職・法務職…というように、業種や業界を問わずいろんな種類の求人を扱っていることが特徴です。

(言い方は悪いですが「なんでも屋さん」です)

求人数がとても多いので、税理士事務所以外の求人も選択肢に入れたいときに、選択肢を見てみるのにはいいのですが、

それぞれの求人の質やエージェントのスキルは、業界専門のところよりかなり劣るのが難点になります。

中には「税理士試験って1年ですべて合格しないでいいんですか…?」なんて聞いてくる一般向けエージェントもいたので注意しましょう(実話)

一般向け転職エージェントを使うメリットはある?

いろいろ問題がある一般向け転職エージェントですが、「求人の数と種類が圧倒的に多いこと」はメリットです。

なので、「まだ税理士を志望するかどうか、はっきりとは決めていない」という段階の人が、いろんな選択肢を検討するのに使うのは適しています。

エージェントとの面談ではおおまかに希望年収を伝えて、「可能性のあるところは全部見させてください」と伝えると良いでしょう。

一方で、すでに税理士業界で働くことを決めている人は、税理士事務所専門の転職エージェントだけを使えば問題ありません。

一般向け転職エージェントの例

↓一般向けの転職エージェント会社で、大手のところとしては、以下のような会社が有名ですね。

↓一方で、もう少し規模の小さい中小規模の転職エージェント会社として、以下のようなところもありますね。

中小規模の転職エージェント会社

「大手のエージェント会社の方が名前が通っていて信頼感がある」という方も多いかもしれません。

しかし、実際にはメリットとデメリットがあります。

大手の転職エージェントは圧倒的にたくさんの求人があるのがメリットなのですが、

求職者(あなた)との面談を担当するエージェントとしてまだ経験の浅い「新人」が配置されることが多いのです。

一方で、中小規模の転職エージェント会社のエージェントは「少数精鋭」で、採用担当者との交渉もしっかりやってくれる人が多いですね。

ただし、扱っている求人の数では大手エージェントに圧倒的に軍配が上がりますので、

中小エージェントでは、そもそも応募したいと思える求人を出してもらえない…」というケースが少なくありません。

一般向け転職エージェントの使い方

このように、一般向け転職エージェントには、会社規模によって一長一短があります。

なので、税理士業界専門ではない一般向けエージェントを使う場合には、

用途に合わせて複数社を使いこなす」のがポイントです。

(大手エージェントで職種や業界の選択肢をしぼり込んで、中小エージェントでがっつり交渉してもらうなど)

なお、繰り返しになりますが、一般向け転職エージェントは、大手・中小によらず「まだ希望職種や希望業界が決まっていない人」が使うのに適したエージェントといえます。

志望先を税理士事務所や経理職にすでに定めている方は、会計職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

「会計職専門の転職エージェント」がおすすめな3つの理由

税理士事務所 未経験 資格なし

(税理士事務所専門の転職サイトの例:ジャスネットキャリア)

税理士事務所に未経験・無資格で転職したい人向けに、具体的な転職活動の進め方を紹介してきました。

求人を探す場所はたくさんありますし、転職活動の進め方は人それぞれですね。

しかし、個人的におすすめなのはやはり「業界専門の転職エージェントを使うこと」です。

税理士事務所への転職を目指すなら、税理士事務所専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

おすすめの理由について再度確認すると、以下の3つの理由があります。

①業界専門のエージェントには「優良な非公開求人」がたくさんある

税理士事務所 未経験 資格なし

(税理士事務所専門の転職エージェントに登録されている求人の例:未経験者でも年収400万円スタート)

税理士事務所専門の転職エージェントは、一般的な転職エージェントが持っていない「超優良求人案件」を多数持っています。

未経験・資格なしで税理士事務所に転職する場合、下手をすると年収250万円〜…ということもよくあります。

(実際、私が1社目に働いていた税理士事務所での年収はそのぐらいでした)

しかし、比較的規模の大きい事務所で、人材教育に力を入れているところであれば、

未経験資格なしの初年度から年収400万円」というところも普通にあります(上の画像参照)

年収が150万円違ったら、5年後には貯金額で大きな差が出る

「未経験資格なし=最初は年収は低くてもしょうがないかも…」とあきらめるのはものすごくもったいないです。

年収250万円でスタートするのと、400万円でスタートするのとでは、例えば5年後に税理士資格を取ったとして、いくら貯金額が違うでしょうか?

もし独立開業というキャリアを考えているのなら、資金はたくさんあるにこしたことはありませんし、資格スクールに通うのもお金が必要です。

入社時の年収を少しでも高くするためにも、税理士事務所専門の転職エージェントが持っている非公開求人を活用するようにしましょう。

②エージェントも会計職経験者が多いので、安心してキャリア相談ができる

税理士業界専門ではない、一般向けの転職エージェントの場合、そもそも税理士業界のことをよく理解していないエージェントも少なくありません。

私も一般向けエージェントに登録して面談を受けたことがあるのですが、ほぼ全ての人が税理士業界というものについて全くよくわかっていませんでした。

税理士業界というのは非常に特殊な業界です。正社員として働いている人の多くは税理士試験の受験生ですし、多くは将来的に独立を目指して仕事をしています。

こういう「税理士業界の独自事情」をよく理解しているエージェントに担当してもらうなら、税理士事務所専門のエージェントを使う必要があります。

税理士事務所専門のエージェントの場合、エージェント自身が税理士事務所での実務経験者であることも多いですから、面談でもかなり深いアドバイスをしてもらえます。

③業界通のエージェントに採用対策をしてもらえるので採用確率が圧倒的に高い

税理士事務所専門の転職エージェントは、彼ら自身が税理士業界出身であるケースが多いこともあって、

税理士事務所の所長税理士が、どういう基準で人材を採用しているか」をよく把握しています。

また、この業界は広いようで狭いので、エージェントが持っている個人的なコネクションは大きな力を発揮するのも重要ですね。

税理士事務所専門の転職エージェントを使えば、業界事情に精通したエージェントに応募書類の添削をしてもらったり、面接対策をしてもらったり、さらには面接に同席してもらうことも可能です。

(お互いに顔見知り同士の人が面接にいると、緊張する面接も非常になごやかに進みます)

優良な求人は同時に人気求人でもありますから、採用確率を高めるためにも転職エージェントの活用は必須といえます。

会計職専門の転職エージェントランキング

(会計職専門の転職エージェントランキングを紹介)

税理士事務所や経理職への転職を目指す人は、以下のような基準で転職エージェントを選ぶようにしましょう。

エージェントを評価する基準

  • 求人の数
  • 求人の質
  • エージェントの質
  • 実際に使ってみた感触

↓上の基準をもとに会計職専門のエージェントをランキング評価すると、以下のようになります(点数が高いほど良い)

会社名 求人の数 求人の質 エージェントの質 合計点
MSジャパン 5 4 5 14

会計職専門エージェント会社の中では最大手(東証一部上場企業)未経験者OKの税理士事務所求人に優良求人が多い(初年度年収400万円〜など)「税理士事務所→経理」の求人も多数あり。エージェントの質にも安定がある。

>>公式サイトはこちら

会社名 求人の数 求人の質 エージェントの質 合計点
ジャスネットキャリア 3 5 4 12

会計実務の経験者(3年以上)向けの求人の内容が圧倒的に良い。BIG4含む大手税理士法人や、資産税特化型の老舗税理士事務所(京都府内でNo.1の事務所など)、パナソニックグループなど有名企業の経理求人が多数あり。

>>公式サイトはこちら

会社名 求人の数 求人の質 エージェントの質 合計点
マイナビ税理士 1 3 3 7

税理士試験の科目合格以上の人の転職支援に強み(資格スクール受講支援・試験前の長期休暇ありの事務所など)ただし、求人数は少なめ。税理士試験との両立が最重要な方は使う価値あり。

>>公式サイトはこちら

会社名 求人の数 求人の質 エージェントの質 合計点
レックスアドバイザーズ 4 2 1 7
税理士事務所,仕事,きつい

2002年設立の比較的新しい会社で、未経験者OKの求人が豊富。ただし、実際に面談を受けてみたところ、残念ながらエージェントの質にはかなり疑問を感じました。

>>公式サイトはこちら

会社名 求人の数 求人の質 エージェントの質 合計点
人材ドラフト 2 1 2 5

「企業からオファーメールが届く」というドラフトシステムが売りのエージェント会社。ただし、オファーが来ても必ずしも採用率が高いわけではないので要注意。

>>公式サイトはこちら

公開求人数の比較

↓上の各エージェント会社の公開求人数を一覧にすると以下のようになります(2020年2月現在)

  求人数合計 税理士事務所の求人数 未経験OKの税理士事務所 経理財務の求人数
MSジャパン 5,293 1,009 207 1,696
レックスアドバイザーズ 3,307 1,470 179 691
ジャスネットキャリア 2,719 805 86 1,224
人材ドラフト 1,262 1,080 349 60
マイナビ税理士 858 336 20 62

(2020年2月現在の公開求人数)

特におすすめなのはこの3社

↓上で見た会計職専門の転職エージェント一覧の中から、特におすすめのところをピックアップすると以下の3社になります。

MSジャパン

実務未経験者向けの求人が充実!

MSジャパンは、税理士事務所などの会計職求人が専門の転職エージェントです。
特徴は、未経験者でも好条件で働ける求人(年収400万円〜など)が多い点ですね。
実務未経験で税理士試験もこれからという方は、MSジャパンをメインで使いましょう。
企業経理の求人も多くあるので、「税理士事務所→経理」のキャリアを目指す人にもおすすめです。

ジャスネットキャリア

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、税理士事務所経験者向けの求人が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使えます。
なお、実務未経験者は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。

マイナビ税理士

マイナビ税理士

勉強しながら働ける求人が多数登録!

マイナビ税理士は、大手マイナビが運営する転職サイトです。
試験直前の長期休暇や、繁忙期でも残業少なめなど、税理士試験受験生が働きやすい求人が多数登録されています。
科目合格がすでに1科目以上ある方は有利な条件の求人もあります。勉強との両立重視で事務所を選びたい人におすすめです。

会計職専門の転職エージェントで特におすすめのところを3社厳選して紹介いたしました。

それぞれのエージェントで紹介してくれる求人に特徴がありますので、2社〜3社を同時進行で使っていくと、もらさず求人をチェックしていくことができるでしょう。

また、実際に面談してもらうエージェントとはどうしても相性というものがありますから、2〜3人のエージェントと面談して、信頼できそうな人にメインでお願いするというかたちで転職活動をすすめていくのがおすすめです。

(どのエージェント会社も無料で使えます。登録は3分程度で可能です)

1社だけ使うならここ!MSジャパン

税理士事務所で働くには

(税理士事務所専門の転職サイト:MS-Japan)

上記の3社の中から、1社だけを選ぶとしたらMSジャパンがおすすめです。

MSジャパンは会計職専門エージェント会社の中では最大手の規模の会社です(東証一部に上場している企業です)

↓求人数がもっとも多く、以下のいずれについても、非常に条件の良い求人が多数あります。

  • 未経験・資格なしの人向けの求人(年収400万円〜
  • すでに税理士事務所での実務経験がある人向けの求人(年収600万円〜
  • 税理士事務所から一般企業経理に転職したい人向けの求人(上場準備中の優良ベンチャーから有名大手企業まで

また、エージェントの質についても「非常に税理士業界のことをよくわかっている人たち」ばかりです。

税理士業界を目指す人は、単純に年収が高ければOKというわけではありませんよね。

税理士試験にまだ合格していない方は試験勉強との両立が可能であることが必須ですし、資産税特化事務所など、得意分野を持った事務所で実務経験を積みたいと考えている人も多いでしょう。

MSジャパンなら、業界事情に非常にくわしいエージェントが転職支援をしてくれますので、あなたの希望のキャリアをかなえられる可能性が高くなりますよ。

私自身、2社目の税理士事務所への転職、3社目の税理士法人への転職、さらに税理士事務所から大手企業経理への転職も、すべてこのMSジャパン経由で転職しました。

いずれの転職でも、求人のしぼりこみから年収交渉、入社直前の手続きまで、非常に手厚くサポートをしてくれました。自信を持っておすすめできます。

転職エージェントを使う場合の転職活動の流れ

転職エージェントを使う場合、以下のような流れで転職活動が進んでいきます。

エージェントを使う場合の流れ

  • 公式サイトで登録(無料)
  • エージェントから電話やメールで連絡が入ります
  • エージェントと面談
  • 履歴書・職務経歴書の作成送付
  • 書類選考
  • 面接日程の調整
  • 採用面接
  • 年収や入社日の交渉
  • 内定受諾または辞退
  • 現職の退職と入社手続

※エージェントにお金を払うのは企業側だけですので、求職者(あなた)は最初から最後まで完全無料で利用することができます。

転職エージェントを使って転職活動する場合のポイント

エージェントを使う場合は、面談で希望条件をしっかり伝えておくのがポイントです。

希望年収や希望の事務所規模・事務所の専門領域をしっかり伝えましょう。

(「従業員20名以上の大規模事務所でしぼりこんでください」「資産税特化の事務所を探しています」など)

これをしっかりやっておくかどうかが、転職成功の分かれ目です。

エージェントはあなたと事務所の間に入っていろいろ交渉してくれますので、遠慮なく希望を伝えて問題ありません。

もちろん、税理士事務所専門のエージェントはいわば「業界通」の人たちですので、ブラックな事務所の求人はこの時点で排除してもらうことができます。

転職エージェントに求人応募を断られることもある?

もちろん、あなたの希望が高すぎるというケースもあるでしょう。

実務経験者限定の求人というのもありますから、こうした求人に未経験資格なしの人が応募してもまず書類選考で落とされてしまいます。

そうした場合にも、「残念ですがここは採用可能性はありません。こちらの求人は可能性がありますが、いかがですか?」とエージェントは別の選択肢を提示してくれます。

(転職エージェントは非常に物腰やわらかな人が多いです)

可能性のない求人のためにわざわざ応募書類を作って結果をじっと待っている…なんていうのははっきりいって時間の無駄です。

しかし、この見極めを自分でやるのははなかなか難しいのが実際のところなのです。

特に在職中の方は転職活動に使える時間は限られていると思うので注意してくださいね。

エージェントに応募書類を添削してもらえる

希望条件に合う求人が見つかったら、書類選考に進みます。

書類選考とは、具体的には履歴書と職歴書の送付のことですが、これらの書類はエージェントが添削してくれます。

エージェントは実際に企業の人事担当者と面談してあらかじめ採用ニーズを探っていますから、担当者の心にひびく書類に仕上げてくれますよ。

転職活動では、書類選考に通らない限りスタートラインにも立つことができません(面接が本番です)

エージェントは書類選考に通る可能性を上げるためにいろいろなアドバイスをしてくれますので、活用しましょう。

エージェントによる面接対策と面接同席

税理士事務所 未経験 資格なし

(税理士事務所専門の転職エージェントなら、業界に精通したエージェントがあなたの面接に同行してくれます)

書類選考に通ったらいよいよ採用面接です。

ここでもあらかじめ税理士事務所側の採用ニーズを知っているエージェントが面接対策をしっかりしてくれます。

例えば、「この事務所は〜を重要な評価基準にしていますから、こういう質問が出たらこう回答するといいです。また、過去の面接ではこういう質問が出ましたので、準備しておきましょう」といったような具合です。

あらかじめ事務所側の採用ニーズを確認しているエージェントを使えば、

面接は「カンニング状態」でのぞむことができますよ。

また、面接にはエージェントに同席してもらうことも可能です。

エージェントは人事担当者とすでに面識がありますので、なごやかな雰囲気で面接を受けることができるでしょう。

年収交渉の代行もOK

面接後、エージェント経由で希望する年収額の交渉などを行います。

年収交渉はもちろん自力でされてもいいですが、「これだけのお給料が欲しいです」とはなかなか面と向かって伝えにくいですよね。

この点、エージェント経由で伝える場合は遠慮する必要はありません。あまりにも相場を外れた金額を提示して引かれてしまうリスクも避けることが可能です。

また、エージェントが交渉のクッションになってくれますので、採用側も希望の年収条件を通しやすくなります。

めんどうな手続きはエージェントが代行

エージェントを使った場合には、採用担当者との面接日程の調整や、入社日の相談その他のめんどうな手続きはすべてエージェントが代行してくれます。

この点については、「現職の仕事が忙しくてなかなか転職活動をする時間が取れない」という人もいるでしょう。

そうした方にとっては非常にメリットが大きいと思いますので、活用しましょう。

よほど特殊な理由がない限り、転職活動は転職エージェントを使うのが正解

エージェントを使う具体的なメリットとしてどんなことがあるのか?を細かく見てきましたが、どうでしょうか。

特に、税理士事務所のように専門性の高い職種の業界では、業界専門のエージェントを使って転職活動をするのが普通になっています。

繰り返しになりますが、エージェントは無料で使うことができますので、

「個人的につきあいのある先輩の紹介で転職する」とか、「人生経験として自分で転職の手続きをすべてやってみたい」というような特殊なケースを除いて、

エージェントを利用しない理由は特にないといえるでしょう。

Copyright© 税理士事務所の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.