税理士を30代から目指す人へ!未経験OKの会計事務所で働きながら短期合格を狙おう

2019年8月1日

税理士 30代 未経験

(30代から税理士って目指せる?)

  • 30歳から税理士を目指すって遅い?
  • 働きながら税理士試験合格は可能?
  • 30代職歴なしでも会計事務所でキャリアスタートできる?
読者様

現在30歳の社会人です。

これから未経験で税理士を目指そうと考えているのですが、

年齢的にきびしいでしょうか?

ちなみに会計関係の職歴なしです。

30代から未経験業界に挑戦するのは勇気がいりますよね。

ただ、税理士業界に限っていえば、

30歳という年齢は決して遅くありません。

未経験・職歴なしから税理士を目指すのは十分可能ですよ。

管理人

私はこれまでに10年ほど税理士業界で働いています。

3社の会計事務所(税理士事務所)で働いた経験がありますが、

いずれの事務所でも30代未経験からキャリアスタートする人はいました。

働きながらでも税理士試験5科目に合格していく人は普通にいますよ。

この記事では、30代から税理士を目指す方向けに、

税理士のキャリアプランについて解説します。

参考にしてみてくださいね。

税理士事務所の求人探すならここ!おすすめ転職サイトランキング【厳選5社】

この記事では、税理士業界(会計事務所)への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介しています。税理士業界はかなり特殊な業界です。年収や福利厚生が良い会計事務所求人を見つけたい人は、税理士業界(会計事務所)専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

続きを見る

税理士事務所の求人を探している方は、

↓下記のような税理士業界専門の転職サイト

で求人を探すと条件の良い求人が見つかりますよ。

(無料アカウント登録で年収や残業時間など詳細を見られます)

管理人

ヒュープロ(税理士業界専門の無料転職サイト)

ホワイト事務所の求人多数あり!

ヒュープロは、税理士業界専門の無料転職サイトです。
↓以下のようなホワイト事務所求人がたくさん見つかりますよ。
未経験資格なしOK年収400万円の求人
経験2年以上で年収600万円の求人
BIG4など大手税理士法人の求人
税理士試験と両立しやすい残業なし求人

↓ヒュープロ掲載の事務所求人の例(画像クリックで拡大)

(実務経験者むけの求人)

(未経験者OKの求人)

30歳から税理士を目指すのは決して遅くない(ごく平均的)

税理士 30代 未経験

(30代・未経験から税理士になることは十分に可能です)

 

結論から先にいうと、30歳から税理士を目指すのは決して遅くありません。

そもそも税理士業界は平均年齢がとても高い業界です。

理由は簡単で、社会人になってから税理士を目指し始める人が多いからですね。

例えば、日本税理士連合会が公表している統計によると、

↓税理士有資格者の年齢構成は以下のようになっています。

税理士 未経験 30代

(税理士資格保有者の年齢別割合)

↓年齢で一覧にするとこういう感じです。

  • 20代:0.6%
  • 30代:10.3%
  • 40代:17.1%
  • 50代:17.8%
  • 60代:30.1%
  • 70代:13.3%
  • 80代:10.4%

20代〜30代で税理士有資格者になっている人は、たったの10.9%しかいません。

(20代0.6%+30代10.3%=10.9%)

逆にいえば、税理士の89.1%は40代以上の年齢ということですね。

ちまたでは35歳転職限界説とか言われてますが、

(未経験の職種に挑戦するなら34歳までという説)

税理士業界ではこれはまったく当てはまらないです。

30歳から職歴なし未経験で税理士を目指す人はたくさんいますよ。

管理人

>>ただし、労働環境劣悪な「ブラック事務所」に入社すると税理士合格はほぼ不可能になるので注意

税理士の平均年齢がとても高い理由は?

税理士の平均年齢がとても高くなっているのは、

税理士試験がそもそも社会人向けの試験になっているのが原因です。

↓具体的には、以下の2つの理由があります。

  1. 受験資格の制限がある
    日商簿記1級または大学卒業がないとそもそも試験が受けられません(その他実務要件を満たすことで受験資格を得るケースもありますが、超少数派です)
  2. 科目合格制度がある
    一度合格した科目は一生涯有効なので、社会人でも「1年に1科目ずつ、5年かけて合格」という現実的なプランを立てることができます。
    働きながら合格を目指すのに適した試験といえます。

このように、税理士試験そのものが社会人向けのルールになっていますので、

必然的に社会人(20代後半〜30代)になってから税理士を目指す人が多いのです。

30代職歴なしでも会計事務所(税理士補助)に転職できる?

これから初めて税理士業界を目指す人は、

会計事務所(税理士事務所)の税理士補助として働きながら試験勉強を進めていくのがおすすめです。

一般企業の経理で働く人もいますが、

税理士としての実務経験を積むという意味では、

会計事務所ほど恵まれた環境はありません。

働きながら税理士試験の科目合格を毎年重ねていき、

実務経験を積みながら5ぐらいかけて五科目合格を目指すのが現実的なプランになりますね。

なお、30歳になるまで別のことをしていたので、

社会人としての職歴がまだない…。

という方もおられるかもしれません。

やりたいことが見つからなくてずっとフリーターやってた。

でも30代になり、税理士という目標を見つけることができた。

これからゼロから勉強するつもりで頑張りたい。

↑税理士業界って、こういう人けっこうたくさんいます。

税理士は社会人向けの国家資格なので、

30代になってから勉強スタートする人がとても多いのです。

会計事務所で働く仲間は、

ほとんどが税理士試験受験生です。

30代職歴なしの人もすぐなじめると思いますよ。

管理人

基本的に平均年齢が高い業界ですので、

30歳以上の人も未経験で採用される可能性は十分あります。

実際の会計事務所の求人を見てみましょう。

年齢制限は特に設けられていないのが一般的です。

税理士 30歳から

(未経験OKの会計事務所求人例)

税理士 30歳から

(未経験OKの会計事務所求人例)

税理士 30歳から

(未経験OKの会計事務所求人例)

>>税理士受験生歓迎!会計事務所の求人を見てみる

税理士を30歳から目指すなら「20代受験生と同じこと」をやってはいけない

税理士 30歳から

(年齢30代から税理士を目指す場合のポイント)

 

税理士を30歳以上の年齢から目指すこと自体は何の問題もありません。

問題は「20代の人たちと同じような勉強のしかた」をしてしまうことです。

30代は仕事でもプライベートでも20代とまったく状況が違います。

20代の人たちと同じような考え方で勉強と仕事の両立を目指してしまうと、

勉強もキャリアもどっちつかずになる可能性が高いです。

30代の貴重な時期を、勉強だけに投入してしまうと、

もっとも重要な「仕事の経験値」がおろそかになり、

キャリア的には本末転倒なことになります。

税理士試験は「10年勉強して不合格…」な人がたくさんいる世界

税理士試験は、10年以上勉強したけど、結局受からなかった…。

みたいな人が普通にいる世界です。

もちろん、それもひとつの人生なので否定はしませんが、

少なくともこのブログを読んでくださっているあなたは、

そういう事態は絶対に避けたい…と考えているでしょう。

30代から税理士を目指すなら、自分でタイムリミットを決めましょう。

そして、そのタイムリミットに間に合わないなら撤退も決断すべきです。

(できれば3年以内に5科目合格。5年以内に合格できないならスパッとあきらめるなど)

きびしい言い方に感じるかもしれませんが、

勉強と仕事の両立はそのぐらいきびしいんです。

ずっと勉強していて、ずっと受からない…という状況ほどつらいものはありません。

世の中で仕事は税理士だけではありませんしね。

>>労働環境劣悪な「ブラック事務所」で働くとこんな悲惨なことになります…

いったん無職になって2年ぐらいは勉強に専念…はやめたほうがいい

税理士受験生でときどき見かけるのが、

「勉強と仕事の両立は難しいので、いったん離職して無職になり、勉強に専念する」というやり方です。

結論から言うと、これ絶対にやめたほうがいいです。

もちろん、中にはこれで5科目合格できる人もいるのでしょう。

しかし、30代で無職になるのは失敗した場合のリスクがでかすぎます。

無職で勉強に専念し、最終的に合格できない場合、本当になにも残りません。

履歴書上もまったく白紙の「ブランク状態」です。

もちろん、転職面接等では「この期間中は勉強に専念していました」という言い訳をすることになりますが、

  • 勉強と試験の両立で5科目合格している人は世の中にたくさんいる(なのに勉強専念しても合格できなかった)
  • 30代で無職とか、家族にはどう納得してもらってたの?自分のことしか考えないの?

↑などなど、まったくいい評価を得られる要素がありません。

無職になって税理士の勉強に専念…なんてことが許されるのは、

どんなに遅くとも27〜28歳ぐらいまでです。

仕事における30代は、仕事でもっとも貴重な経験ができる年代です。

その期間を学生みたいなかたちで過ごしても周りからは評価されません。

社会人で税理士試験に合格している人のほとんどは会計事務所勤務です。

なので、30歳から税理士を目指す場合は、

働きながらが当たり前であることを認識しておきましょう。

なお、税理士試験に合格するためには、資格スクールに通うことが必須です。

独学で合格しようとせず、うまくいっている人をサクッとまねして短期間で合格するようにしましょう。

勉強との両立が可能な事務所を勤務先に選ぶ

働きながら税理士を目指すなら、「働く環境づくり」がもっとも重要です。

ほとんどの社会人税理士受験生が会計事務所(税理士事務所・税理士法人)で働くことを選ぶと思いますが、

どう言う事務所に入るか?には徹底的にこだわってください。

具体的には、ワークライフバランス重視で、

↓職員の試験勉強を応援していることを明示している事務所を選ぶことですね。

税理士 30歳から

(税理士受験生歓迎の求人例)

>>税理士受験生歓迎!会計事務所の求人を見てみる

スタッフ5〜10名程度の事務所の場合、基本的に仕事が最優先なケースが多いので、

ある程度の規模(スタッフ20名以上)の事務所を狙うのが良いでしょう。

規模が小さい事務所では、特に繁忙期はスタッフ全員で業務をこなす必要があります。

そのため、繁忙期であっても仕事量を調節してもらうことができません。

一方で、大手で両立を支援している会計事務所であれば、

繁忙期であっても勉強時間を確保できるように仕事を調節してもらえる可能性が高いです。

できれば毎年、税理士試験合格者・科目合格者を出しているような事務所を選びましょう。

(そういう事務所は「うちはこれぐらい働きやすい」ということで実績としてアピールしているはずです)

>>労働環境劣悪な「ブラック事務所」で働くとこんな悲惨なことになります…

大学院修了による科目免除も選択肢に入れよう

資金的に余裕がある人は、

大学院を卒業して科目免除を受けるという選択肢もあります。

働きながらでも、夜間開校の大学院を選べば修了することは可能です。

例えば「平日3日間、18:30~21:30で2コマ授業」みたいな感じで講義があり、

最終的に修士論文を作成できれば科目免除を受けられます。

会計学に関する大学院を修了すれば、会計科目1科目。

税法に関する大学院を修了すれば、税法科目2科目免除です。

修士論文は約1年かけて教授と打ち合わせや添削をしてもらいながら作成します。

授業料は、国公立か私立かで異なりますが、

2年間で約200~400万円程度のところが多いでしょう。

例えば、働きながら「簿記論・財務諸表論・税法1科目」の3科目に合格したら、

そこから税法系の大学院に進んで、2科目の税法免除を受ければ、

5科目合格と同じ扱いで税理士登録が可能になります。

お金はかかりますが、非常に現実的なプランということができるでしょう。

>>労働環境劣悪な「ブラック事務所」で働くとこんな悲惨なことになります…

30代社会人から税理士を目指すキャリアプラン

税理士 未経験 30代

(未経験の30代社会人が最短で税理士になるルートは?)

 

現在30代社会人の方がゼロから税理士を目指す場合、

↓この3ステップが税理士を目指す最短ルートといえます。

  1. まずは会計事務所に入社して働き始める
  2. 実務経験を積みながら科目合格を増やしていき、税理士試験5科目合格を目指す
  3. 試験合格したら税理士として独立(または勤務税理士としてキャリアップ転職)

会計事務所で働くというのは、

すでに独立している別の税理士さんに雇用してもらうということですね。

税理士として登録するためには2年間の実務要件が必要です。

遅かれ早かれ税理士としての業務が経験できる職場で働く必要があります。

なお、試験合格するまでは働かず、試験に専念するってどうですか?

という人もときどきいるのですが、

すでに年齢的に30代になっている人にはおすすめしません。

そういう自由なことができるのは遅くとも20代後半までですね。

働き盛りである30代で無職のブランク期間を作ってしまうと、

あなたのキャリアは致命的に断絶してしまいます。

しかも、試験専念でスムーズに税理士試験に合格できればいいですが、

もし合格できない場合は悲惨なことになりますよ。

少しでも早くちゃんとお金を稼げる税理士になりたい人は、

会計事務所で税理士としての実務を学びつつ、

毎年1科目ずつでも科目合格を確実に積み重ねていくことを目指しましょう。

>>ただし、労働環境劣悪な「ブラック事務所」に入社してしまうと、こんな悲惨なことになります…

職員の試験勉強を応援している事務所を転職先に選ぼう

社会人として働きながら税理士を目指す方にとって、とても重要なことがあります。

それは、職員の試験勉強を応援してくれる環境の会計事務所を転職先に選ぶようにすることです。

会計事務所の中には、仕事が激務すぎて勉強どころではない…

みたいな環境のところもたくさんあります(私も経験しました)

こういうところを転職先に選んでしまうと、

いつまでたっても税理士試験に合格できず本末転倒なことになりかねません。

↓そんな中で、職員の試験勉強を応援してくれる会計事務所も数多くあるんです。

会計事務所 未経験 30代

(働きながら試験合格を目指せる会計事務所を選びましょう)

>>会計事務所の実際の求人を見てみる

勉強と仕事の両立が必須な人は、

あらかじめ職員の勉強OKを明言している事務所を選ばないといけません。

>>労働環境劣悪な「ブラック事務所」に入社してしまうと悲惨

30代が会計事務所に未経験で転職した場合の平均年収は?

税理士 未経験 30代

(会計事務所の平均年収は?)

読者様

ネットの口コミでは会計事務所は給料が安いというのが多いのですが、

これって本当ですか?

私は年齢が30代で家族もいるので、

できるだけ年収は下げたく無いのですが…。

未経験で会計事務所に入社する場合、

平均年収は300万円〜350万円程度と考えておきましょう。

実務経験者として転職できればもっと稼ぐことができますが、

未経験者として入社する場合はどうしても年収は低くなります。

管理人

もっとも、最近では税理士業界も人手不足ですから、

未経験でも給料の高いホワイトな事務所も増えてきていますよ。

↓未経験者OKの会計事務所求人の例

税理士 未経験 30代

(未経験・資格なしOKの会計事務所求人)

会計事務所 未経験 30代

(未経験者OKで年収480万円〜の会計事務所求人)

>>未経験OK!会計事務所の実際の求人で年収を見てみる

30代はブラック事務所に間違って応募しないように要注意

税理士 未経験 30代

(会計事務所の中には「ブラック事務所」もありますので注意しましょう)

 

ここまで見てきたように、

未経験・30代の人でも会計事務所に転職することは普通に可能です。

ただし、一点だけ気をつけて欲しいことがあります。

それは、雇用環境が劣悪なブラック事務所に、

まちがえて転職してしまわないようにすることです。

私自身、10年間で3社の会計事務所を経験していますが、

1社目に入社した事務所は

典型的なブラック事務所でした。

管理人

ブラック事務所の日常ははっきりいって悲惨です。

↓例えば以下のような感じですね(実体験…)

  • 繁忙期は毎日日付が変わるまで残業。残業代はなし。
  • 手取り月収はたったの16万円。生活費と資格スクール受講費ですべて消えていく…。
  • 激務すぎて勉強との両立なんて不可能。事務所内に合格者なんて1人もいない。
  • 人格破綻のパワハラ所長に毎日責められ、うつ状態の新人が続出する職場。
  • 先輩は「どうせ新人はすぐ辞めていくし」と仕事を教えてくれない…。

私は結局、うつ病になる寸前のところまでいってしまい、

この事務所は辞めて別の事務所に転職しました。

2社目の会計事務所では残業が非常に少なく、

勉強との両立を応援するスタンスの所長税理士だったので、

税理士試験の合格者も毎年ちらほら出るという恵まれた環境でした。

ひとくちに会計事務所といっても、

雇用環境は事務所によってまったく違うので注意してください。

ブラック事務所の激務に耐えながら税理士試験に挑戦するのはあまりにも無謀です。

ブラック事務所は少数派にはなっているが、まだ存在しているのも事実

税理士事務所 未経験 30代

(会計事務所に転職するなら、ブラック事務所に注意)

 

最近は、世の中でブラック企業への風当たりがとても強くなってますよね。

(私が社会人になりたての頃から考えるとずいぶん世の中変わった感じがします)

税理士業界もこれはある程度同じで、私が経験したようなブラック事務所は少数派になりつつあります。

しかし、たとえ少数ではあっても

ブラック事務所は現在も存在しているのがこの業界の実情です。

↓特に、以下のようなスタンスで転職活動を進めてしまうと、

ブラック事務所に間違えて応募してしまうリスク

が極めて高くなるので注意してください。

管理人
  • どうせ数年後には独立するつもり。だから、職員時代の年収なんてあんまり関係ない。
  • お給料をもらいながら実務を勉強させてもらえるならそれだけで十分
  • 自分は年齢的にも若い方ではないし、この業界は未経験…。採用してもらえるだけでも感謝すべきかも…。

↑こういう考え方で転職活動を進めていくのは間違いです。

(私自身もこういう考え方で転職活動していたので、

ブラック事務所にまんまと入社してしまいました)

多くの人が将来は税理士として独立することを目指していると思いますが、

独立開業するための資金は職員時代のお給料からコツコツ貯めていかないといけません。

また、税理士試験の勉強を同時進行で進めていくなら、

繁忙期にも残業が少ない事務所や、

終業後の資格スクール通いをこころよくOKしてくれる事務所環境の方が、

早期合格につながるに決まっています。

つまり、30代未経験から税理士としてのキャリアをスタートする人であっても、

働く事務所の雇用環境にはしっかりとこだわって転職活動を進めていかなくてはいけないということですね。

労働環境が劣悪なブラック事務所でぜったいに働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

いま働いている人も、これから働く人も、

ブラックで過酷な環境で働きたくないなら、

働く事務所をまちがえないことがたいせつです。

(求人探しの段階でブラック事務所を候補にいれないこと)

そのためには、転職活動の準備段階で

情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている最新の事務所求人をチェックするようにしましょう。

↓以下のような転職サイトを使うと、

会計事務所の求人情報にアクセスできるようになります。

無料アカウントを作っとくと、

いろいろ条件指定して求人検索できるようになるので便利ですよ。

管理人

ヒュープロ(税理士業界専門の無料転職サイト)

ホワイト事務所の求人多数あり!

ヒュープロは、税理士業界専門の無料転職サイトです。
↓以下のようなホワイト事務所求人がたくさん見つかりますよ。
未経験資格なしOK年収400万円の求人
経験2年以上で年収600万円の求人
BIG4など大手税理士法人の求人
税理士試験と両立しやすい残業なし求人

↓ヒュープロ掲載の事務所求人の例(画像クリックで拡大)

(実務経験者むけの求人)

(未経験者OKの求人)

↑こちらのサイトのように、

税理士事務所の求人だけ

専門であつかう転職サイトを使うのが、

転職成功のコツです。

税理士業界専門のサイトなら、

ハローワークや、一般向けの転職サイト(リクナビなど)よりも

登録されている求人の質が高いです。

管理人

正直、税理士業界に転職するなら

ハローワークは使わない方が良いと私は思ってます。

(実際、私が1社目に入社したブラック事務所はハローワーク経由で応募しました)

情報リサーチには税理士業界専門の転職サイトを使うようにしましょう。

税理士業界専門サイトなら、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • リモート勤務OKな税理士事務所求人
  • 税理士試験と両立できるワークライフバランス重視の求人
  • 一般企業の経理で会計事務所経験者を積極採用している求人
  • 相続税申告の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(在宅ワークOKな会計事務所求人)

(実務経験者向けの資産税事務所求人)

(未経験・資格なしでも年収400万円〜の求人)

(科目合格者は待遇面で優遇してもらえる事務所求人)

>>現在募集中!税理士事務所求人を見てみる

(ライバルに負ける?)今すぐは転職しない人も転職サイトへの無料登録はやっとくべき理由

(今すぐは転職する気はない人も、転職サイトへの無料登録だけは早めにやっときましょう)

今すぐは転職する気はないけど、

今の環境にはなんとなく不満と不安がある…。

(なのでいろいろ調べてる)

↑私のブログを読んでくださっている方の多くは、

おそらくこういう段階だと思います。

転職活動って正直ハードルが高いですよね。

転職って人生でそう何度もあることではありませんから。

管理人

ただ、こういう段階の人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておいた方が良いです。

(転職サイトは完全匿名で使えます)

転職って運もあって、

たまたま良いタイミングで、良い求人に出会えるか?

で決まっちゃうことも多いんです。

なので、転職サイトに登録だけはやっておいて、

常に最新の求人情報がスマホに入ってくるようにしておくのが重要ですよ。

転職サイトで無料アカウントを作って、

自分が求める年収条件などを登録しておきましょう。

これだけやっておくと、

条件にマッチする求人が出るたびに自動通知してもらえて便利です。

好条件な求人を見逃すリスクがなくなりますよ。

税理士事務所の求人探すならここ!おすすめ転職サイトランキング【厳選5社】

この記事では、税理士業界(会計事務所)への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介しています。税理士業界はかなり特殊な業界です。年収や福利厚生が良い会計事務所求人を見つけたい人は、税理士業界(会計事務所)専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

続きを見る

現状への不満とストレスが限界を迎えると、行動する気力がなくなる

(いまの環境への不満とストレスが限界を迎える前に手を打っておきましょう)

 

いま現在の環境への不満とストレスが蓄積されると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

(そうなると、さらに現状への依存度が高まって

抜けられなくなる…という無限ループにはまりがち)

転職サイトで気になった求人をブックマークしておくだけでも、

今の場所で精神的に限界が来たら転職もある。

自分には別の選択肢もある。

↑と気づけます。

ストレスでどうしようもなくなる前に転職という手を打つことができますよ。

これって、今の職場で働く上でも

精神的な安定につながります。

いい意味での逃げ道を常に準備しておくのが大事ですね。

管理人

転職サイトは無料で使えます。

今すぐは転職できない人も、

無料アカウント登録だけはやっておきましょう。

優良求人が集まっている

↓おすすめの転職サイトはこちらです。

(完全無料で使えるサイト)

\ 未経験・資格なしOK!年収400万円〜/

無料登録して求人を見る

税理士事務所の求人探すならここ!おすすめ転職サイトランキング【厳選5社】

この記事では、税理士業界(会計事務所)への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介しています。税理士業界はかなり特殊な業界です。年収や福利厚生が良い会計事務所求人を見つけたい人は、税理士業界(会計事務所)専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

続きを見る

なぜ「最大手のリクナビ」をおすすめしないのか?

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職サイトっていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2023年現在で、

なんと1万社以上あるそうです。

最大手のリクナビの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったり、

キャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、

普通の求職者とは異なる事情が多いんです。

こういった「特殊事情」をふまえて転職活動していくなら、

税理士業界専門の転職サイトを使うべきです。

登録されている求人の質がまったく違います。

  • ブラックな会計事務所で絶対に働きたくない人
  • 将来は独立を見すえ、ちゃんと年収を稼げる税理士になりたい人
  • 税理士試験との両立ができる事務所で働きたい人
  • 会計事務所での経験を生かして経理に転職したい人

↑これらに該当する人は、

税理士業界専門の転職サイトを活用しましょう。

まとめ

今回は、30代から税理士を目指す人向けに転職活動のポイントを解説しました。

税理士を目指して勉強しながら会計事務所で働く場合、

どの事務所で働くか?が決定的に重要です。

雇用環境が劣悪なブラック事務所を選んでしまうと、

税理士試験に合格できず、年収も低く、キャリアも築けない…

という最悪の状況になってしまうので注意してください。

今すぐは転職活動を始められない人も、

いまどういう事務所が求人を出しているのか?

の情報収集は今すぐ始めておきましょう。

管理人

(未経験OKの会計事務所求人)

(経験者向けの会計事務所求人)

↑こういう働きやすい環境のホワイトな事務所の求人って、

本当にあっというまに募集が締め切られます。

日常的に情報リサーチして目星をつけておき、

行動するタイミングになった時に迷わないようにしておくことが必須です。

劣悪な環境で働きたくないのはみんな同じです。

他人より良い環境に行きたいなら、頭ひとつ抜けでた行動は必要ですよ。

ハードルを上げ過ぎる必要はありませんが、

上を目指すならなんとなく今の延長で日常を過ごしているだけ…

ではやはりダメです。

管理人

情報が意識しなくても自動的に入ってくるように環境を整えておくのがポイントですね。

具体的には転職サイトで無料アカウントを作り、

希望する転職条件をサイト内でしっかりめに入力しておきましょう。

↓これをやっとくだけで、あなたにマッチする事務所求人が出た瞬間にメール等で自動通知してもらえます。

ヒュープロ 評判

会計事務所求人専門の転職サイトで無料アカウントを作り、最新の情報が自動的に入ってくるようにしておきましょう)

(未経験者向けの会計事務所求人)

(実務経験者むけの会計事務所求人)

\ 優良事務所の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

↑気になった事務所の求人をこまめにチェックしておくと、

税理士業界の年収相場や、求められるスキルについても自然と頭に入ってきます。

今すぐには転職できない人も、

いざ就活スタートとなったときに

ロケットスタートでライバルに差をつけることができますよ。

>>税理士業界専門の転職サイトで求人を見られるようにしておく

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

↓成功するために大事なのって、結局はこれなんですよね。

(日本は資本主義社会なので、就活も仕事も競争はあります)

(個人的に衝撃を受けた本です。こちらからスマホでも今すぐ読めます

 

転職活動を成功させるためにもっとも重要なのは情報収集です。

そして、税理士業界での情報収集は「税理士業界専門の転職サイト」を活用することが必須になります。

転職サイトへの登録って、3分でできる作業です。

お金もかかりませんし、

いつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

管理人

↓ですが、こういうかんたんな作業ですら以下の2種類の人に分かれます。

  • とりあえず今すぐやっておく人
  • いつまでたっても理由をつけてやらない人

これは就活も普段の仕事も同じです(あなたのまわりにもいませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

稼げるようになる人といつまでたっても稼げない人とで違いが生じるのはこういうところなんです。

↓今から5年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、税理士試験もいつまでたっても科目合格ゼロ…。貯金もゼロ…。
  • 働きながらスピーディに5科目合格達成。年収高めなので独立資金のめどもある程度ついている。あとは税理士としての実務能力を高めていくだけ…!

もちろん後者を目指しましょう。それは誰でも可能です。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

税理士事務所なんてどこもブラックばかり…という方へ。

おそらく「求人を探す場所」でミスをしている可能性が高いです。

(まちがえてもハロワとかリクナビで探さないでください)

年収などの条件が良いホワイト事務所の求人は、

税理士業界専門の転職サイトで探しましょう。

管理人

↓下記サイトは税理士事務所の求人だけを専門で扱う無料転職サイトです。

  • 在宅対応で繁忙期も残業ゼロの事務所、
  • 税理士試験と両立できる環境の事務所
  • 未経験資格なしでも年収400万円〜

↓などなど、好条件なホワイト事務所の求人が多数ありますので、

無料登録して求人検索してみてください。

(無料アカウントを作ると年収や残業時間などの詳細をチェックできます)

(ヒュープロは税理士事務所の求人専門の無料転職サイトです)

\ ホワイト事務所の求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

© 2023 会計職のキャリア戦略