経理は転職しやすいって本当?実務経験者が知っておくべき注意点

2021年7月4日

  • 経理は転職しやすい・つぶしがきくって本当?
  • 経理から異業種へ転職する場合におすすめの選択肢は?
  • 転職しても年収は下げたくない…。どうすればキャリアアップのかたちで転職できる?

経理という職業は「転職しやすい職種」と言われることが多いですね。

経理という部署がない企業は存在しませんし、どの会社でもある程度業務内容が共通しているので、つぶしのきく職種であることは間違いありません。

ただし、いくら転職しやすい職種とはいっても

今の職場が嫌だからなんとなく転職…

という感じで転職活動を始めてしまうと、

なかなかうまくいかないので注意してください。

管理人

どうせ転職するなら、年収アップして仕事内容もレベルアップしたいですよね。

この記事では、経理経験者が転職に成功するためのポイントを解説します。

経理から別の職種に転職する場合の選択肢についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理が「転職しやすい職種」と言われる理由3つ

経理 転職しやすい

(経理が「転職しやすい・つぶしがきく」と言われる理由は?)

 

そもそも、経理が「転職しやすい職種」といわれる理由としては、

↓以下のようなことが挙げられます。

  1. すべての会社で必要とされる職種であること
    経理は日本国内で活動するすべての会社が必要としている職種ですので、食いっぱぐれることがほぼあり得ません。
  2. 専門性が高い仕事のためライバルがしぼられること
    これは実務経験者限定の話ですが、「経理の仕事ができる人」の数はとても少ないです。
    必然的にライバルが少なくなりますので、転職先に困るケースが少ないです。
  3. 経理以外の職種でも「会計についての知識」は重要視されること
    経理以外の職種でも「会計の知識や素養」があることは重要視されます。
    営業職はもちろんのこと、マーケティングや人事といった管理部門系の職種でも「どうやって利益を出すか?」を考えられることは常に重要です。

ただし、いくら経理が転職しやすい職種とは言っても、

適当に転職活動してキャリアアップができるほど甘くはありません。

実務経験者が年収アップするにはいくつかポイントがあります。

↓次の項目でくわしく解説しますので、参考にしてみてください。

経理経験者が転職成功するためのポイント

経理 転職しやすい

(経理経験者が転職成功するにはいくつかポイントがあります)

 

経理の実務経験のある人が、これまでの経験を活かして転職活動を成功させるためには、

↓以下のようなポイントをおさえておくのが大切です。

  1. 年収アップにはとことんこだわる
    あなた自身が希望年収をなあなあにしているとほぼ確実に下がります。
    年収が下がるなら転職しない、ぐらいの強い気持ちが必要です(実現するのはそれほど難しいことではないですし)
  2. 求人は「将来の管理職候補」のものを狙う
    経理の求人には「スタッフ候補」のものと「管理職候補」のものがあります。キャリアアップを狙うなら管理職候補の経理求人を狙いましょう。
  3. 重要なのは保有資格ではなくて実務経験のアピール
    実務経験者の場合、転職で重要なのは簿記資格を持っていることではなく、なによりも実務経験のアピールのしかたです。
    極端な話、簿記3級を持っていなくても高年収で働いている経理職はたくさんいますよ。
  4. 経理以外の職種も選択肢に入れてみる
    経理の実務経験がある人は、経理以外の職種(財務や経営企画・IR広報や人事など)でもニーズが高いです。
    経理という職種にこだわらないのであれば、選択肢は広く持っていたほうがキャリアアップにつながりますよ。
  5. 会計職専門の転職エージェントを活用する(無料で使えます)
    2021年現在、転職活動は「ひとりで孤独にやるもの」ではなくなっています。
    転職エージェントは無料で使えて年収交渉や自己PRを代行してくれますので、必ず活用しましょう。

なお、経理経験者が求人を探すなら、

↓以下のような会計職専門の転職サイトを使うようにしましょう。

経理経験者歓迎の求人が多く登録されていますよ。

管理人

サイト内で年収や企業規模などの転職条件を入力しておくと、

マッチする求人が登録されるたびに自動通知してもらえて便利です。

↓いずれも無料で使えるサイトですので、情報収集に活用してください。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者もOKの税理士事務所求人探すならここ!

ヒュープロは税理士業界専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから税理士目指してキャリアスタート!という方はここを使いましょう。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

ブラック環境な経理としてぜったいに働きたくない人へ

ブラックで過酷な環境で働く経理になりたくない人は、

経理職専門の転職エージェントを使って情報収集しましょう。

↓こちらの転職サイトに無料登録して希望条件を入力しておくと、条件の良い経理求人の情報にアクセスできるようになります。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

転職エージェントは実際に事務所をまわって企業の採用担当者にヒアリングし、

その企業の社風や経理部の組織体制(男女比率や年齢構成など)、給料や雇用環境がどうなっているのか?を現場でリサーチしています。

転職エージェントは、こうして集めた求人情報の中から特に条件の良い企業の経理求人を「非公開求人」として紹介してくれます。

なので、ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の企業を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

何件求人を紹介してもらってもお金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

転職エージェントが持っている非公開求人には、

↓以下のような特に条件の良い求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・簿記資格なしでも年収400万円スタートの経理求人
  • 経理の実務経験者スタッフとして年収600万円稼げる求人
  • 繁忙期も残業が存在しないワークライフバランス型の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 最初から管理職候補として入社できる経理求人
  • SaaSやDX対応など話題の業種企業で働ける経理求人
  • IPO準備や国際会計などハイレベルな実務経験が積める経理求人

(経理の実務経験者向け求人:上場企業の将来の管理職候補)

(未経験者もOKの経理求人の例)

入社時の条件面でゆずれない条件がある人は、経理専門の転職サイトに登録して非公開求人の情報が入るようにしておくようにしましょう。

>>経理職専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

経理に転職する人は「経理専門の転職エージェント」を使わないとダメな理由

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

リクナビとかマイナビとかの方が学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…という方も多いかもしれません。

ただ、経理として働くことを目指している人は、経理職専門の転職サイトを使った方が良いです。

リクナビ・マイナビは求人の「数」が多いのが強みですが、

求人の「質」で見ると経理専門の転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいですよ。

また、経理職専門の転職エージェント会社の場合、

いざ本格的に転職活動を始める際に支援してくれるエージェントも経理職出身だったりします。

経理という職業の強みや弱みについてとてもよく理解してくれているので、志望動機や職歴書の作成から面接対策まで、良いアドバイスをしてくれますよ。

転職サイトに登録されている求人を検索しても、リクナビ・マイナビと経理職専門サイトとでは求人の質がまったく違うのに気づかれると思います。

ブラック企業で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる経理になりたい人は、経理職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

(※転職サイトに登録しておくと求人をいろいろみられるようになります。今は情報リサーチの段階の人も早めに登録しておきましょう)

>>経理職専門の転職サイトを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略