【税理士の転職】残業なしで働きたい!ブラック会計事務所に人生ささげたくない人へ

Sponsored Links
  • 税理士が「残業なし」の職場で働くには?
  • 会計事務所で「繁忙期も残業なし」ってあり得る?
  • ホワイトな求人の特徴って?見分けるポイントは?
読者様

会計事務所で働いてます。

今年も確定申告の時期が近づいてきて、

毎日残業の激務が始まるかと思うと憂鬱です…。

この仕事で残業なしで働くって無理なんでしょうか?

会計事務所(税理士事務所)で働く人にとって、

「繁忙期の残業」は宿命みたいに言われてますよね。

でも、これって実は思い込みです。

必ずしもすべての事務所が残業必須というわけではありませんよ。

管理人

私も、1社目に働いた会計事務所が非常にブラックな環境で、

繁忙期は毎日深夜まで(時計の日付が変わるまで…)残業するという働き方が当たり前でした。

結局、うつ病の寸前まで行ってしまって別の事務所に転職したのですが、

この転職がきっかけで「繁忙期を含めて残業ほぼなし」を実現できました。

すでに会計事務所での実務経験がある方は、

別の事務所への転職も選択肢に入れてみるといいですよ。

これからキャリアスタートする未経験の方は、

雇用環境が劣悪な「ブラック事務所」に応募しないよう注意してください。

管理人

もちろん、「残業はないけど給料も低い…」では意味がありませんよね。

せっかく転職活動するなら、

今よりも良い条件で働くことを目指しましょう。

この記事では、会計事務所(税理士事務所)で働いている人/これから働く人向けに、

残業なし・高年収で働ける事務所の見つけ方を解説いたします。

具体的な求人を見ながらチェックすべきポイントを説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

税理士の転職で「残業なし」ってありえる?

税理士 転職 残業なし

(税理士が「残業なし」の会計事務所に転職するには?)

読者様

会計事務所で「繁忙期も残業なし」とか本当にあり得るんですか?

税理士業界のしくみ的に難しいように思うんですが…。

個人事業主の顧客がメインの事務所だときびしいですね。

「その事務所がどういう顧客層をメインにしているか?」

をチェックするのが求人を見るときのポイントです。

管理人

↓※残業が少ない会計事務所求人の例(実務経験者向け)

税理士 転職 残業なし

(実務経験者むけの会計事務所求人)

>>実務経験者むけの会計事務所求人を見てみる

未経験者むけの求人でも、

↓残業なしの会計事務所求人はありますよ。

管理人
税理士 転職 残業なし

(未経験者むけの会計事務所求人)

>>未経験者むけの会計事務所求人を見てみる

実務経験者の方にはいうまでもないと思いますが、

法人企業は決算時期を自由に決められます。

また、日本では大手企業を中心に3月決算(5月申告)を選択している会社が多いですが、

税理士が顧客にする企業は基本的に中小企業だけなので、顧問先企業の決算時期はバラバラです。

「顧問先はほぼ法人のみ」という事務所の場合、

そもそも繁忙期というものが存在しない事務所もありますよ。

(年末調整の時期ぐらいでしょうか)

管理人

最近は会計ソフトがものすごく優秀になってきていることもあり、

確定申告ぐらいは自力でやれる個人事業主が増えています。

税理士の顧問先は、今後は業績をのばしている法人企業の奪い合いになっていくでしょう。

事務所の収益を個人顧客の確定申告でまかなわないといけない会計事務所は、

事務所の収益的にも、従業員である職員の働き方的にも、

今後どんどんきびしくなっていくことは理解しておいてください。

>>【ストップ奴隷労働】無能な所長税理士に人生をささげるのはもうやめよう

なぜ、ホワイト事務所は「残業少ないのに高年収」なのか?

税理士 転職 残業なし

(ホワイト事務所とブラック事務所の違いは?)

読者様

何度も聞いてすみませんが、

「残業が少ないのに給料も高い事務所」

なんて本当にあるんでしょうか?

結論からいうと普通にあります。

ポイントは「もうかっている事務所」で働くことです。

もうかっている事務所というのは、

相場よりも高い顧問料を設定できている事務所」

のことですね。

管理人

会計事務所のホームページをいろいろ見てみてください。

格安の顧問料」を売りにしているところもあれば、

富裕層むけの高度なサービス」を売りにしているところもありますよね。

↓※富裕層むけサービスを売りにしている税理士事務所の例(資産税特化型事務所の税理士法人チェスター)

税理士 転職 残業なし

(「相続税専門=資産税対策が必要な富裕層向け」の事務所)

どのような顧客をターゲットにするか?は、

開業税理士にとって死活問題となる重要な課題です。

たとえば、同じ「年間1億円の収益」をあげるにしても、

↓事務所によって仕事のとってきかたには違いがあります。

  • 顧問料年10万円 × 顧問先1000件=1億円
  • 顧問料年40万円 × 顧問先250件=1億円

↑この2つの事務所で、

働き方に大きな差があることは容易に想像できるでしょう。

顧問料単価を高めに設定できる事務所は、

顧問先数はそれほど多くなくても稼げます。

なので、職員の数は少なくても業務をきちんとまわしていくことができるのです。

これが「残業が少なくても高年収」な事務所の秘密です。

実際に会計事務所の仕事をしている人ならわかると思いますが、

ひとつの企業の決算にかかる時間や労力って、

企業規模の大小でそれほど変わりません。

小さい企業の決算でも、ややこしいところはややこしいですよね。

管理人

顧問料単価をあげることができない事務所は、必然的に薄利多売のビジネスになりがちです。

そこに所属して働く税理士も、

仕事がしんどい割に低年収…という状態になりがちなのです。

>>「無能な所長税理士」というのは例えばこんな感じ

顧客から高い顧問料を払ってもらえる会計事務所とは?

もちろん、お客さんから高い顧問料を払ってもらうためには、

「それに見合った価値がある」

とお客さんに思ってもらわないといけません。

↓具体的には、以下のようなことですね。

  1. 高度な会計・税務業務にも対応できる(国際税務や資産税)
  2. 所長税理士に金融機関とのコネがあって融資が降りやすくできる
  3. 大手の不動産会社や保険会社と提携していて節税対策をいろいろ提案できる

↑この中で「顧問料の単価」を決めるにあたって特に重要なのが、

2.や3.の「所長税理士の実力」にかかわることがらです。

「この業界で税理士探すならここ」というように業界内での評判が高い事務所なら、

広告費などに大きなお金をかけなくても、高い顧問料を設定することができます。

高い顧問料の設定=事務所の売上アップ」ですから、

職員への分配を多くしても利益をしっかり出すことができ、

人材に投資することが可能になります。

そうすれば、さらに優秀な職員を集めることができ、

より付加価値の高いサービスを提供してさらに高い顧問料を設定し…

といったように、プラスのサイクルを回していけます。

このように、もうかっている事務所には優秀な職員が集まります。

優秀な人に囲まれて仕事をしていけば、

税理士としての実力もどんどん高くなっていくのも当然ですね。

(これは将来的に独立を目指している人にとって、きわめて重要なことです)

「名前の通った老舗(しにせ)の会計事務所」

ほどもうかっている傾向があるので、

そういった事務所を狙って転職活動していくのがおすすめです。

(※その一方で、職員にケツをふいてもらってやっと利益を出している残念な所長税理士が多数いるのもこの業界の現実なのですが…)

「残業あり年収300万円」と「残業なし年収600万円」の違い

税理士 転職 残業なし

(稼げる税理士と、稼げない税理士の違いは?)

↓税理士業界には、以下の2種類の人がいます。

  • 低年収な税理士
    地獄のように残業しているのに低年収(年収300万円〜など)
  • 高年収な税理士
    繁忙期を含めて残業がほぼないのに高年収(年収700万円〜など)

なお、独立しない限りは資格の有無は年収にあまり影響はありません。

(無資格職員でもめちゃくちゃ稼いでいる人はいます)

なぜこのような違いが生まれるのか?というと、理由はたった1つです。

それは、

  • もうかっている事務所で働いているか、
  • もうかっていない事務所で働いているか

の違いです。

これは、実際の求人を見てもらった方がわかりやすいと思います。

↓例えば、以下の2つの求人(どちらも未経験者むけの求人)を見てください。

管理人
税理士 転職 残業なし

(未経験者OKの求人の例)

税理士 転職 残業なし

(年収の低い会計事務所求人の例)

>>未経験者OKの会計事務所求人を検索してみる

↑上の2つの求人は、

いずれも「未経験者OKの求人」であることに注目してください。

未経験者は、当たり前ですが「入社時点での実務能力はゼロ」です。

(会計事務所で一人前の仕事ができるようになるまでは3年ぐらいはかかります)

同じ「実務能力ゼロ」なのに、

  • 年収370万円代でスタートできる人と、
  • 年収250万円でスタートしないといけない人

がいるのです。

くりかえしになりますが、いずれも未経験者むけ求人なので、

この差は「本人の能力の差」によって生まれる違いではありません。

ただ「たまたま選んだ勤務先の事務所がもうかっているかどうか」によって生まれる違いです。

芸能人の働き方をイメージするとわかりやすいですね。

女子アナが大手芸能事務所に移籍して女優デビューするとか、

移籍前はパッとしなかったのに、

所属事務所が変わったことでブレイクするタレントとかたくさんいます。

(松竹芸能から吉本に移籍して売れるとか…)

管理人

タレント見た目や演技力なんて、

当たり前ですが事務所が変わっただけではそんなに変化しません。

彼ら・彼女らがある日突然ブレイクするのは、

所属先の芸能事務所がもうかっているかどうかの違いに過ぎないケースがほとんどなのです。

会計事務所の職員の給料もこれと基本的にしくみは同じです。

もうかっている事務所で働くことができれば、

まだ実務能力ゼロの未経験者でも高い年収で働けます。

逆に、実力もあって人がらも良い人であっても、

もうかっていない事務所に入社してしまうと、

どれだけ努力しようが残業しようがお金を稼ぐことは難しいのです。

>>「もうかっている事務所」の求人はこういうサイトで検索すると見つかります

【ストップ奴隷労働】無能な所長税理士に人生をささげるのはもうやめよう

税理士 転職 残業なし

(無能な所長税理士のもとで働く職員は悲惨です)

私が実際に「会計事務所勤務→別の事務所」の転職をして実感したことは、

会計事務所はどこも同じような仕事をしているけど、

業務の量や稼げる給料は事務所によってぜんぜん違う。

↑ということです。

同じような仕事をしてるのに、

自分より楽してたくさん稼いでいる人がいる…とかつらいですよね。

でもこれって、

転職活動を「年収にこだわってしっかりやった人」とそうでない人の差だったりします。

どうせ独立するから職員時代の年収にはこだわらない

という税理士志望者は少なくないですが、これはおすすめしません。

「職員として高年収になれない人が、独立したらいきなり稼げるようになる」なんてことは考えにくいです。

(少なくとも私は10年以上この業界で働いてそんな人は見たことがありません)

お金は何もしてないのに自然についてくるなんてことはほぼありません。

お金を稼ぎたいなら、それに見合った労力を意識的にかけていく必要があります。

具体的には、

「入社後になってから交渉で年収上げてもらう」というのは絶望的に難易度が高いですから、

転職活動時(入社前のタイミング)でしっかりと年収にこだわって求人を探し、

年収交渉をしてから入社することが大切になります。

「自分の給料について交渉するなんて苦手。できる気がしない…」という人は、

転職エージェントに代わりに年収交渉してもらう方法もあります。

転職エージェントは無料で使えますので、ぜひ活用しましょう。

管理人

残業はないのが当たり前

いったんブラックな事務所の働き方に染まると、

「残業はあって当たり前」という意識になりがちなんですが、

これって単なる洗脳であることに気づいてください。

本来、残業って「なくて当たり前」のものですからね。

そもそも「慢性的に残業が発生している状態」というのは、

マンパワーと業務量のバランスがくずれているのに、

それを放置している状態に他なりません。

(これをバランス見ながら是正していくのが経営者の仕事ですが、それをさぼってやっていない)

管理人

当然、人を雇ってマンパワーを増やせば経営者(所長税理士)の利益は減るはずです。

しかし、それをしないのは、

「本来そろえるべき人員を雇っていたら利益が出ないしょぼい経営状態なのに、

無理やり利益を出し、そのツケを従業員にまわしている

ということですからね。

従業員に当たり前のようにサービス残業を強制している所長税理士って、

はっきりいって経営者としては無能です。

(従業員に残業させずに利益をしっかり出してる税理士なんていくらでもいます)

サービス残業というかたちで従業員にケツをふいてもらって、

なんとか利益を出している税理士とか悲惨ですよね。

それで顧問先の経営者には「経営指導」とかやってたりするのがこの業界の実情です。

ブラック事務所で滅私奉公しても得することなんにもないですよ。

ボロぞうきんのように酷使されて捨てられるのがオチです。

「うちは人がすぐ辞めて困ってる」とかぼやいてる税理士に限って、

自分の経営者としての無能さに気づいてなかったりします。

管理人

実務経験が3年程度あって、税理士科目合格もあるなら、

即戦力で雇ってくれる事務所なんて山ほどあります。

↓※実務経験者向けの会計事務所求人の例

税理士 転職 残業なし

(独立も目指せる実務経験者むけ求人)

会計事務所経験者なら、

企業経理部の管理職候補も狙えますよ。

管理人
税理士 転職 残業なし

(会計事務所経験者は経理の実務経験者として扱ってもらえます)

>>会計事務所経験者を歓迎!実務経験者むけの求人を見てみる

 

まだ実務未経験の人も、

↓最初から雇用環境の良いホワイト事務所の求人を狙っていきましょう。

税理士 転職 残業なし

(未経験者むけ求人でも高年収の事務所はあります)

>>未経験者むけの会計事務所求人を見てみる

職員に残業させないと利益出せないしょぼい事務所なんて、

さっさと見切りをつけて次行った方が良いですよ。

税理士業界って、

転職でキャリアアップしていくのが当たり前なんで、

「転職回数が多いこと」が不利になることもほぼありませんしね。

管理人

会計事務所・企業経理の求人を探すなら下記のサイトがおすすめです。

いずれも無料で使えるサイトですので、

登録して求人をチェックしてみてください。

ジャスネットキャリア

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、会計職の「実務経験者向け求人」が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、経験者のキャリアアップ転職に使えます。
なお、実務経験3年未満の人は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。

MSジャパン

未経験OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計事務所や経理の求人をメインで扱っています。
特徴は「未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることですね(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたい人におすすめです。

マイナビ税理士

マイナビ税理士

科目合格者向けの求人多数!

マイナビ税理士は、税理士有資格者または科目合格者におすすめです。
登録にあたっては税理士有資格者あるいは科目合格が1科目以上あることが条件になりますが、
BIG4税理士法人などの優良求人が多数登録されています。
すでにある程度税理士試験に目処がついている人が使うのにおすすめです。

今すぐ転職する気がなくても「転職サイトへの登録」だけはやっておいた方が良い理由

経理 実務経験 積むには

(今すぐは転職できないという人も、転職サイトへの無料登録は早めにやっておきましょう)

今すぐ転職する人もしない人も、

転職サイトへの無料登録だけは今やっておきましょう。

転職活動はあなたの人生に影響を与える重要なものですから、

「今の職場にいづらくなって、どうしようもなくなってから始める」のではなく、

精神的に余裕があるうちに始めておく」のがベターですよ。

管理人

転職サイトに登録して希望年収などを登録しておくと、

あなたにおすすめの求人が定期的にメールで送られてきます。

気になった事務所の求人をストックしておくだけでも、

今の職場がどうしてもつらくなったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

いざ転職となったときも、

「前から気になっていたあの求人を」と良いスタートダッシュを切ることができるでしょう。

↓転職サイトは無料で使えますので、登録だけは今すぐやっておきましょう。

経理 実務経験 積むには

(MSジャパンは会計職専門の転職エージェントです)

\ 好条件の会計職求人が多数!/

無料登録して求人を見てみる

© 2021 会計職のキャリア戦略