税理士法人への就職はおすすめ?未経験で転職するメリットとデメリット

2021年3月26日

  • 税理士法人に新卒で就職するってどう?
  • 年齢高めでも未経験で税理士法人に採用してもらえる?
  • 税理士法人の給料は安い?平均年収はいくら?
  • 税理士法人で働くメリット・デメリットは?

税理士法人で働く場合、

税理士実務を学びながら試験合格を目指せるというメリットがあります。

ただし、税理士法人で働くことにはデメリットもあります。

メリットとデメリットの両方を理解した上で、

自分の思い描くキャリアプランの実現にもっとも近づく選択肢を選ぶことが重要ですね。

なお、会計事務所・税理士事務所・税理士法人の3つで働き方に大きな差はありません。

(企業として名乗っている名称が違うだけで、業務実態はほぼ同じです)

ただし、税理士法人となるためには、2名以上の税理士有資格者が必要ですので、

比較的大きな規模の組織が多いのが税理士法人の特徴ですね。

管理人

この記事では、未経験者が税理士法人に就職転職するメリット・デメリットを解説します。

良いところも悪いところも包み隠さず書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

税理士法人に就職・転職するメリット4個

税理士法人 就職

(税理士法人に就職するメリット・デメリット)

税理士法人に就職・転職することのメリットとしては、

↓以下の4つを挙げることができます。

それぞれの内容について、順番に見ていきましょう。

1.働きながら税理士試験の勉強をしやすい

税理士法人で働く人の多くは、税理士試験を目指す受験生です。

同じように社会人として働きながら勉強している人が周りにいる環境ですから、

勉強を継続しやすいことは税理士法人で働くメリットと言えるでしょう。

終業後に資格スクールに通ったり、

試験直前にまとまった日数の休暇を取ったり

といったことがやりやすいです。

管理人

なお、税理士法人の中には「職員の資格試験勉強を応援する」という環境を重視しているところもあります。

税理士法人 就職

(税理士受験生歓迎の求人:未経験OK)

 

試験勉強と仕事の両立が必須な方は、

こういった事務所の求人を狙って就活していくのがおすすめですよ。

>>税理士受験生歓迎の会計事務所求人を見てみる

実務と試験勉強をリンクさせながら学べる

また、税理士法人での仕事内容は、当たり前ですが税理士実務です。

税理士の実務と税理士試験の内容は非常にリンクしていますから、

仕事で経験した内容が試験勉強に生かせる(逆もまたしかり)ということがひんぱんにあります。

例えば、法人税法の理論は勉強だけではなかなか理解しづらいところが少なくありませんが、

実際に仕事で法人税の申告書を作ったりするうちに肌感覚として理解していける部分があります。

他の税法や会計科目についてもこれは同じです。

税理士法人の仕事として行う経理処理チェックは、簿記論や財務諸表論で学ぶ内容そのままですし、

所得税法や消費税法は税理士法人の実務では日常的に扱う知識です。

試験勉強とオーバーラップしながら学んでいくことが可能になります。

>>税理士法人に就職するメリット4つ(一覧)へ戻る

2.経理で働くよりも圧倒的早いスピードで成長できる

税理士法人での仕事は、顧問先企業の会計や税務を代行することです。

日々の一つ一つの取引の入力や毎月のチェック(月次監査)から、

年に1度の決算業務や税務申告書の作成まで行うのが基本業務になります。

こうした仕事をやっていく中で、税理士法人の職員は

一般企業の理スタッフとして働くよりも早いスピードで成長していくことが可能です。

なぜかというと、決算業務の経験をたくさん積むことができるからです。

これは一般企業の経理スタッフとして働く場合と比較して考えるとわかりやすいでしょう。

企業の経理スタッフとして働く場合、

税務申告書の作成まで任せられるようになるためには、少なくとも10年以上のキャリアが必要になります。

それまでは自分の担当する業務範囲だけを扱いますから、会計職として経験できる実務経験には限界があります。

その一方で、税理士法人のスタッフは入社して数ヶ月のタイミングから決算や税務申告の業務を担当します。

(もちろん、先輩の職員や所長税理士の指導を受けながらですが)

しかも、担当する顧問先の数だけ決算業務をやることになりますから、

年間で20件〜30件は決算業務をこなすことになります。

(一般企業の経理スタッフは、1年で経験できる決算業務は当然ながら1回だけです)

税理士法人で働くと、企業などの経理で働くよりも圧倒的に早くスキルアップができるのはまちがいありません。

経理より圧倒的に多くの決算業務を経験できる

決算業務の経験等ものの重要性について、もう少しだけくわしく解説します。

決算業務をこれまでにどれだけ経験してきているか?」は、会計職としての実務能力を測るモノサシのひとつになっています。

(これは実務経験者として転職するときに問われます)

企業の経理担当者として働く場合、通常は経験できる決算業務は「1年に1回だけ」です。

一方で、税理士法人の職員は顧問先企業の決算や税務申告を業務として扱いますので、

多い人なら年間で30件以上の決算業務を経験することになります。

(税理士法人の職員は、1人につきだいたい20件〜30件ぐらいの顧問先を担当し、それらの企業の決算と税務申告業務を代行します)

さらにいうと、企業経理のスタッフは、

必ずしも経理の知識が豊富でないことも多いです。

(管理職でも簿記2級レベルの知識だったりします)

管理人

中小企業では、経理スタッフが作成した帳簿や決算書を、顧問税理士がチェックするという形で税務申告までを完成させているが実情なのです。

会計や税務のプロとして早いスピードで成長したい人には、税理士法人で働くことには大きなメリットがあると言えるでしょう。

>>税理士法人に就職するメリット4つ(一覧)へ戻る

3.入社してすぐ「経営者目線」で仕事ができる

税理士法人に就職したら、自分の担当顧問先企業を持ち、

経営者さんを相手に仕事をするのが基本になります。

顧問先の経営者からはさまざまなことで相談を受けることがあります。

企業の融資対策や節税対策など、経営者は「お金に関するアドバイス」を求めている人が少なくないのです。

こうした業務を行なっていると、自然と「経営者目線」で仕事をする感覚が身に付きます。

一般的な企業の場合、入社して1年目から外部の経営者とやりとりをする仕事なんてほとんどないでしょう。

経営者の人たちと日常的に関わりながら仕事ができることも、税理士法人で働くことのメリットの一つです。

また、顧問先の企業には製造業から飲食業、美容業から不動産業まで、さまざまな企業があります。

いくつもの様々な企業から経理処理を請け負うため、業務を通して多くの業界に関わることが可能になります。

4.年齢が高い人・ブランクがある人も未経験で就職しやすい

税理士法人は、年齢が高い人も未経験から転職しやすいのもメリットです。

なぜかというと、そもそも税理士試験の受験生の平均年齢が高いからです。

税理士試験というのは、受験資格からして「社会人向け」に作られている国家試験です。

(大卒または日商簿記1級合格が受験資格です)

また、科目合格制度がありますから「働きながらでも挑戦しやすい」として社会人になってから勉強をスタートする人が多いのです。

上でもみたように、税理士法人で働く人の多くは税理士試験の受験生ですから、

必然的に税理士法人で働く人たちの平均年齢も高くなるのです。

未経験から一般企業の経理職に就職するためには、年齢がネックになってしまうことも多いでしょう。

例えば、30代後半の人が経理に未経験入社…というのはなかなか難しいのが実情です。

その一方で、税理士法人では「30代後半で未経験入社」なんてごく普通のことです。

このように、年齢高めの方がキャリアチェンジに挑戦しやすいことも、

税理士法人に就職・転職することのメリットと言えます。

>>税理士法人に就職するメリット4つ(一覧)へ戻る

税理士法人に就職・転職するデメリット3個

上では税理士法人に就職・転職するメリットを解説しました。

↓その一方で、税理士法人で働くことには以下のようなデメリットもあります。

  1. 良くも悪くも「小さな組織」であること
  2. 大手企業に比べると給与や福利厚生で劣る
  3. ブラック事務所が少なからず存在しているので転職活動に注意が必要

こちらも順番に見ていきましょう。

1.良くも悪くも「小さな組織」であること

税理士法人は、一般企業のように何百人という組織であることは少ないです。

スタッフ数十人~100人くらいの規模の税理士法人も多いですが、

小さいところであれば、社員数が10人以下ということもあります。

実際には、代表税理士+スタッフ3〜5名

ぐらいの規模のところが多いですね。

管理人

さらにいうと、親族経営となっている組織がとても多いのが税理士業界の特徴です。

よく言えば家族経営でアットホームな雰囲気で働けるということでもあるのですが、

場合によっては人間関係で息苦しさを感じることもあるかもしれません。

(特に、所長税理士との性格的な相性はとても大事)

もっとも、逆にいえば小さな組織であるからこそ、連帯感や仲間意識を持ちやすい場合もあります。

雰囲気や社風は勤務先によって違いますが、税理士法人は良くも悪くも「小さな組織」であることは理解しておきましょう。

2.大手企業に比べると給与や福利厚生で劣る

税理士法人の給与や福利厚生は、大手企業のそれと比較すると明らかに見劣りします。

BIG4税理士法人など、大手外資系グループの税理士法人なら別ですが、そういった組織で働ける人はごく一部です。

全体としては個人事務所レベルの税理士方人が圧倒的に多いですから、給与や福利厚生に過度の期待はできません。

未経験者の平均年収で言えば、300万円〜350万円程度が相場でしょう。

もっとも、税理士を目指す人の多くは、将来的には独立して自分の事務所を持つことを目指しているでしょうから、

「勤務職員時代の給料にはこだわらない」という人が多いのもこの業界の実情ですね。

(修行と割り切って、お給料をもらいながら勉強できるからOKとしている人が多い)

実務経験者として転職すれば年収は上を目指せる

もちろん、上で述べたことは「未経験入社の場合」の話です。

税理士実務を一人前にできるようになれば、実務経験者として即戦力採用してもらうことができますから、

年収や福利厚生もどんどんよくなっていきます。

↓実務経験者向けの税理士法人求人の例

税理士法人 就職

(実務経験者向け求人例:画像クリックで拡大)

税理士法人 就職

(実務経験者向け求人例:画像クリックで拡大)

 

実務経験者として複数の税理士法人を渡り歩いている人の中には、年収800万円〜という高年収の人もいますよ。

(所長税理士のパートナー的な扱いになっている人の中には、無資格でも年収1000万円プレーヤーも普通にいます)

ただ、未経験のうちは年収や福利厚生があまり良くないのは避けられません。

一人前になればおいしいけれど、一人前になるまで時間と労力がかかるのが税理士業界で働くことのデメリットと言えます。

>>税理士法人の実際の求人で年収を見てみる

3.ブラック事務所が少なからず存在しているので転職活動に注意が必要

上でお話ししたことと少しかぶりますが、

求人を出している税理士法人の中にはブラック企業的なところも存在しています。

いわゆるブラック事務所というやつですが、

こうした税理士法人には絶対にまちがって就職しないようにしてください。

ブラック事務所は年収200万円台…ということも普通にありますし、

担当顧問先が多すぎて仕事が激務になり、税理士試験との両立なんてとてもできない…なんて状態になりがちです。

たとえば、ブラック事務所で5年働くとか本当に地獄です。

税理士試験の科目合格を着実に重ねていくなんてまず無理ですし、

新人時代からろくに仕事を教えてもらえず、

年齢だけを重ねてぜんぜん実力が身に付いていない…なんていう結果になりかねません。

環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラックで過酷な環境の会計事務所で働きたくないなら情報収集はしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている事務所の最新の求人情報をリサーチするようにしましょう。

管理人

↓転職サイトに無料登録すると、好条件な会計事務所求人の情報にアクセスできるようになります。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者もOKの税理士事務所求人探すならここ!

ヒュープロは税理士業界専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから税理士目指してキャリアスタート!という方はここを使いましょう。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

↑こうした「税理士業界専門の転職サイト」では、

転職エージェントが実際に事務所をまわって所長税理士や現役職員にヒアリングした事務所のナマの情報を知ることができます。

求人を出している事務所について、

  • 社風や所長税理士の人格
  • 給料やボーナスの具体的な実績値
  • 月間・年間の残業時間数
  • 税理士試験の科目合格者がどのぐらいるのか
  • 試験勉強を応援してくれる事務所か否か
  • 職員の男女比率や年齢構成

などの情報が細かくわかります。

管理人

会計事務所の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

ハローワークやリクナビ・マイナビといった一般向けの転職サイトとは情報の質がまったく違いますよ。

こうした求人情報の中から特に条件の良い事務所の求人を「非公開求人」として転職エージェントに紹介してもらうことも可能です。

ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の事務所を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

お金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

税理士業界専門サイトの非公開求人には、

↓以下のような求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • 税理士試験と両立できる環境(繁忙期も残業なしなど)の事務所求人
  • 資産税の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(転職サイトでは年収や科目合格の有無・勤務地などの条件を指定して求人検索できます)

(実際に登録されている求人例:未経験でも年収400万円〜500万円スタート)

 

まずはサイト内で無料アカウントを作り、求人検索をしていろんな事務所の情報を見てみてください。

(特に条件の良い非公開求人までチェックするにはアカウント作成が必要です)

入社時の条件面でゆずりたくない人は、情報収集を日頃からしっかりしておくようにしましょう。

>>税理士業界専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

会計事務所に転職する人は「税理士業界専門の転職エージェント」を使おう

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2021年現在で、なんと1万社以上あるそうです。

(コロナ禍で廃業になったところもあって、数はだいぶ減ったらしいですが)

リクナビやマイナビなどの転職エージェントの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったりキャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、普通の求職者とは異なる事情が多いです。

こういった「特殊事情」をきちんと理解してくれているエージェントに担当してもらいたいなら、税理士業界専門のエージェント会社を使うべきです。

エージェント自身が税理士業界出身者だったりするので、面談を受けるとこの業界でのキャリアアップについていろいろアドバイスもしてくれますよ。

(なお、エージェント面談の利用は任意です)

ブラックな会計事務所で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる税理士になりたい人は、税理士業界専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

転職エージェントって何よ?という方や、

いろいろ比較してみたい方は

↓これらの記事も参考にしてください。

管理人

© 2021 会計職のキャリア戦略