会計事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

税理士になるには?高卒者の受験資格と開業するまでのキャリアプラン

  • 税理士になるには?高卒でも目指せる?
  • 税理士として働いていく上で、学歴は重要?
  • 会計事務でょで働いている人は、やっぱり大卒の人が多いの?
  • 高卒でも税理士になれる可能性はあるのかな…?

税理士に憧れてはいるけど自分には無理だろうと、諦めている方も多いのではないでしょうか?

実は税理士という職業は、高卒の方であっても十分目指すことができるお仕事なのです。

学歴が足りないという理由だけで、税理士の夢をあきらめる必要はいっさいありません

こちらの記事では、高卒者がどうすれば税理士になれるのか、そのステップについてご紹介をしていきます。

高卒者が税理士試験を受けるための受験資格

大学で経済や法律について勉強していない方が、税理士試験を受験したい場合はどうすればよいでしょうか?

高卒の方が税理士試験を受けるためには、次のうちどちらかの条件をクリアしている必要があります

ポイント

  • 日商簿記1級を取得している
  • 税理士事務所や会計事務所で2年以上の実務経験を積んでいる

どちらかに叶っていればいいので、税理士試験に挑戦するのに学歴は必要ないことがわかりますね。

上記2つのプランがありますが、簿記を1級を取るよりも事務所で実務経験を積んだ方が効率がいいのでおすすめです。

簿記1級を取るのはとても難しく合格するのに1年以上かかってしまうため、税理士試験までなかなかたどり着けません。

それに税理士としてお仕事をするにあたって、簿記1級ほど専門的な知識は必要ないのが事実です。

そのため、簿記1級を取るための勉強をする時間があったら、事務所で働いて知識とスキルをつける方が断然時間の有効活用となります。

ただ、まったく簿記の知識がないという方は、2級までは取得しておいた方が業務上役に立つので簿記の勉強自体はするようにしましょう。

高卒で税理士を目指したい方は税理士事務所に入って、資格が取れるようになるまで実務を積むのがおすすめです。

高卒者が最短で税理士になるためのキャリアプラン

高卒の方が税理士を目指すには、どんな手順を踏むのがいいでしょうか?

ここからは、高卒者が最短で税理士になるためのキャリアプランをご紹介します。

まずは税理士事務所に正社員で採用される

税理士の資格をとるには、税理士事務所で働いて実務経験を積む必要があります

まずは税理士事務所の面接を受けて、正社員として働くところから始めましょう。

事務所で働き始めるのはそこまで難しいことではなく、税理士の勉強をしているというだけで十分採用される可能性があります

税理士事務所には、同じように税理士を目指して頑張っている人がたくさんいます。

仲間と一緒に励ましあって勉強をしながら働くことができるのも、事務所で経験を積むメリットです。

3年〜5年間かけて実務経験を積みながら科目合格を積み重ねる

税理士になるには、5種類ある試験科目すべてに合格する必要があります

そのため合格までの道のりは長く、5年以上かかってしまうのが一般的なケースです。

事務所で働きながらだと勉強する時間が取りづらいので、次のとおりに着実にコツコツと合格を目指すのがいいでしょう

ポイント

  • 1年に1科目ずつ合格できるペースで勉強する
  • 試験合格に向けて税理士実務を積む

試験勉強と実務を同時並行させながら、5年間かけて全科目合格を目指しましょう。

すべての科目に合格した時「税理士として働ける状態」になっているのが理想です。

1年に1科目の合格を目指せば、最短5年で税理士になることができます

20代〜30代前半で独立開業も夢ではない

税理士を目指すと決めた方は、なるべく早めに行動を起こした方がいいでしょう

一から勉強して税理士を目指すには、どうしても5年以上の時間がかかってしまいます。

20代のうちから勉強していれば、税理士試験へチャレンジできる回数も多くなるので合格のチャンスも広がりますね。

若いうちに税理士になれれば、20代~30代前半で独立して事務所を構えることも夢ではありません

高卒だからといってあきらめず、ぜひ税理士への夢に向かってチャレンジしましょう!




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.